204件中 81 - 90件表示
  • 館山航空基地

    館山航空基地から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    ヘリコプター専用飛行場としては日本最大規模のヘリポートであり、毎年10月に行なわれる基地祭「ヘリコプターフェスティバルIN館山」で、厚木航空基地からは、アメリカ海軍のUH-60、木更津基地からは陸上自衛隊のUH-60J、浜松基地からは航空自衛隊のUH-60が飛来して、日本国内のすべてのUH-60シリーズのヘリコプターを見ることができる。館山航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝特撮映画の怪獣対策組織

    東宝特撮映画の怪獣対策組織から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    ただし、現実世界では日本の戦闘機は配備されていない厚木基地から防衛空軍の戦闘機が出撃したり、准将という自衛隊には相当する階級の無い階級が使用されているように現実とは多少異なる。また、極力自衛隊の兵器を使用せず架空の兵器を登場させている。ただし、メーサーのようなオーバーテクノロジーを用いたものではなく、現実世界と同レベルの技術に基くものとなっている。東宝特撮映画の怪獣対策組織 フレッシュアイペディアより)

  • BILLY BAT

    BILLY BATから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    17歳で海兵隊に入隊し、1957年に日本の厚木基地に赴任。時を同じくして、マルクス主義者かつソ連のシンパを公言していたこともあり、上層部の命令によりロシア語の学習を始める。最優秀賞は取り逃すものの狙撃の名手でもある。1959年に除隊してソ連に亡命、同地でエレーナと結婚する。1962年に再びの亡命を敢行。帰米後はニュージャージー州に居住。その後、ビリーランドの従業員としての職を得るも、仕事に嫌気が差していたこともあり、客である子供の前で着ぐるみを脱ぎ、クビになる。BILLY BAT フレッシュアイペディアより)

  • フランク・正三・馬場

    フランク・正三・馬場から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    GHQの米国戦略爆撃調査団の一員に選ばれ、サンフランシスコに団員が集結後、ハワイ、グアムなど経てC-54型輸送機で1945年11月2日に一団は厚木海軍飛行場に到着。馬場には2度目の日本となる。GHQはNHKのラジオ放送は『民主主義を育成するための最も強力な武器』と位置づけていた。1945年9月5日GHQは内幸町の放送会館を接収した。GHQは全館明け渡しを迫ったが、NHKは放送設備があり明け渡せないとして放送会館でGHQとNHKの同居が始まった。CIEラジオ課は放送事業の指導・監督を行い馬場は番組指導のキーパーソンとなった。『尋ね人の時間』や『眞相はかうだ』など、馬場は多くの番組の放送に関与した。フランク・正三・馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 井原勝介

    井原勝介から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    2期目の途中に在日米軍再編問題が浮上、市内の米軍岩国基地に厚木基地(神奈川県)から空母艦載機部隊が移転する計画であることが伝えられると、厚木基地でも問題となっていた夜間離着陸訓練 (NLP) による騒音問題などからこの計画に対する懸念を明らかにし、あわせて市民の意志を問う目的で自ら住民投票を発議して実施(2006年2月7日)した。この住民投票では移転反対票が有権者の過半数を占める結果となり、改めて計画に反対する意思を表明する。直後に行われた、周辺町村との新設合併に伴う伴う岩国市長選挙では、基地との共存はやむを得ないとしつつ在日米軍再編による空母艦載機部隊受け入れ反対の姿勢を示して立候補、空母艦載機部隊受け入れ止むなしの姿勢を示した味村太郎(元・岩国青年会議所理事長)、岩国基地そのものの縮小・撤去を掲げた田中清行(出版社社長)を破って当選(旧市から通算して3度目の当選)を果たす。井原勝介 フレッシュアイペディアより)

  • 負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜

    負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    戦後処理の最高指導者として、アメリカ合衆国から厚木基地へと降り立つ。日本の迅速な民主化を進めるため、様々な改革指示を日本政府へと指示する。当初は昭和天皇と並んで写真に写るなど日本国民を震撼させたが、程なくしてその尊敬を集めるようになる。日本国内の最高権力者としての強い自負を持っており、剛柔を巧みに使い分けて日本政府を揺さぶる。一方で東郷平八郎や乃木希典を偉大な指導者と発言するなど、日本についての造詣も深い。負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜 フレッシュアイペディアより)

  • 相模野台地

    相模野台地から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    東京に近く、広大な平坦地が広がっていることから、昭和初期(1930年代以降)に軍関係の施設が相次いでこの地域に進出した。陸軍の士官学校(座間町・新磯村、現座間市・相模原市。1937年)、相模陸軍造兵廠(大野村・相原村、現相模原市。1938年)や、海軍の厚木飛行場(大和町・渋谷町・綾瀬村、現大和市・綾瀬市。1942年)、高座海軍工廠(座間町、現座間市。1944年)などが代表的なものである。主に北半部には陸軍、南半部には海軍の施設が進出した。相模野台地 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿屋航空基地

    鹿屋航空基地から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    3月26日 - 海上自衛隊航空部隊再編に伴い、第1航空群隷下の第7航空隊が廃止され第1航空隊へ統合、同じく鹿屋救難飛行隊が第22航空群(司令部:大村航空基地)隷下の第72航空隊に編成替えとなり、「鹿屋航空分遣隊」に改称。旧第1航空隊配備の連絡機LC-90は第61航空隊(厚木航空基地)へ集約移動。鹿屋航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏第3空港構想

    首都圏第3空港構想から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    在日米軍再編に絡む横田基地の軍民共用化は「検討開始から12か月以内に終了する」という日米の合意に沿って2006年10月より検討会において協議されてきている。しかし、2007年10月半ば、日本政府関係者の報道人への発言によれば、米側は横田基地への民間機乗り入れに難色を示しており、2007年11月8日、来日中のゲーツ米国防長官と高村外相との会談において、協議の継続を求めた高村外相の要請にも難色を示された。米国防副次官は航空自衛隊の入間基地かアメリカ海軍の厚木基地の軍民共用化を逆提案している。首都圏第3空港構想 フレッシュアイペディアより)

  • 東急グループ

    東急グループから見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    相模鉄道(旧社名:神中鉄道) - 1947年(昭和22年)6月に分離。現社名に変更。また、東急に運営委託時に厚木飛行場の設立を機に、路線の一部を国有化(現在のJR相模線)。相鉄運輸(旧:東急グループ、現:TLロジコム(旧東急ロジスティクス(同系列の東急運輸・東京通運を合併に)・SBS傘下))が名残であった。東急グループ フレッシュアイペディアより)

204件中 81 - 90件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード