258件中 81 - 90件表示
  • 第3航空隊 (海上自衛隊)

    第3航空隊 (海上自衛隊)から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第3航空隊(だいさんこうくうたい、Air Patrol Squadron 3)は、海上自衛隊航空集団第4航空群隷下の固定翼哨戒機航空部隊であり、厚木航空基地に所在する。第3航空隊 (海上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • まりかセヴン

    まりかセヴンから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    米軍の対怪獣戦闘作戦指揮官。階級は大佐。第12話で厚木基地に赴任した。アフリカ系。佐倉大尉の情報を受け取っている描写があるが、二重スパイの存在に気付いているかどうかは不明。「TEXT構想」では自衛隊と協力関係にある。シュヴァルツと契約し怪獣退治業務を委託している。シュヴァルツのフィギュア商品化にも動いている。まりかセヴン フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島航空基地

    硫黄島航空基地から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    また、北関東防衛局(防衛省)の職員が施設整備工事を担当している。施設の一部は、日米地位協定による合意により、駐留軍(米軍)に提供が可能であり、硫黄島通信所として、日本本土(厚木・横田基地)における夜間離着陸訓練(NLP)の実施による騒音負担軽減のため、米軍艦載機によるNLPが実施されることがある。このNLPは1991年から開始された。硫黄島航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島航空基地

    硫黄島航空基地から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    飛行場運営者は海上自衛隊であるが、基地の名称は用いておらず、所在の部隊は厚木基地第4航空群隷下の「硫黄島航空基地隊」である。航空自衛隊の航空機もこの飛行場を使用するが、航空自衛隊における名称は「硫黄島分屯基地」であり入間基地の分屯基地として扱われる。陸上自衛隊は不発弾処理の人員を派遣している。また、飛行場施設の一部はアメリカ軍の硫黄島通信所とされている。硫黄島航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島航空基地

    硫黄島航空基地から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    現在、硫黄島航空基地隊は厚木航空基地の第4航空群隷下にある。硫黄島航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 深山 (航空機)

    深山 (航空機)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    問題を抱えながらも深山は定期的な南方への輸送に投入されていたが、1944年(昭和19年)4月には台湾から鹿屋へ飛行中の1機が着陸直前に墜落、6月には第一〇二一航空隊司令部が進出していたテニアン島への攻撃が始まり空襲で深山1機が失われ、さらに8月には同島の玉砕により第一〇二一航空隊も多くの戦死者を出した。玉砕後本土の残存隊員を中心に再編された第一〇二一航空隊では2機を残すのみとなった深山が8月24日に編成から外され、以後は厚木基地の地上訓練機材として置かれた。1945年(昭和20年)になると本土への空襲が激しくなるが、格納庫に入らないため外に置いてある深山を、アメリカの戦闘機は新型機だと思いしつこく機銃掃射するといったこともあって機体の破損は激しかったが、終戦まで深山は厚木基地に残され、戦後現地で処分された。深山 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 磯崎千利

    磯崎千利から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    19年3月に再び内地に戻り、厚木の第三〇二海軍航空隊、名古屋の第二一〇海軍航空隊と防空任務に就く。磯崎千利 フレッシュアイペディアより)

  • 妖精作戦

    妖精作戦から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    日本支所は厚木基地の情報集積センターの地下にあり、NASA関連の軍に顔が利く政府機関の支部と称している。妖精作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 川合貞吉

    川合貞吉から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    しかし、アメリカが本格的に日本共産党への工作を開始し、さらにコミンフォルムの批判によって共産党が分裂状態に陥ると、G2にとって川合の利用価値はほとんどなくなり、ただスメドレーの追及に使えるというだけの存在となっていた。このため、1950年2月には報酬を1万円に引き下げられるが、スメドレーは1950年5月に急死、1951年9月で川合への報酬は打ち切られた。この時期の川合は、米軍厚木基地でCIAに対して中国についての講師を務めていたとされる。川合貞吉 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤金義

    武藤金義から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    1944年11月、横須賀海軍航空隊の教官を務める。1944年(昭和19年)6月、横空派遣部隊として八幡空襲部隊に参加し、硫黄島に進出。6月24日、米海軍第58任務部隊のグラマンF6F戦闘機などの迎撃に当たり、同日、山口定夫大尉の二番機として攻撃機隊の援護に参加。7月3日、4日、米艦上機部隊の迎撃に参加。空襲の被害で航空機を失い派遣部隊は内地に帰還。1945年(昭和20年)2月17日、厚木基地上空に飛来したグラマン編隊の内12機にオレンジ塗装の紫電改単機で挑み2機の撃墜を報告。敵を集団から一機ずつ誘い出して撃墜する様は宮本武蔵 (小説)の一乗寺下り松の決闘を思わせる戦いぶりであり、その時から海軍内で「空の宮本武蔵」の異名で知られるようになった。同僚の山崎卓が落下傘降下した横浜市磯子区杉田で地元民に米兵と間違われて竹槍で殺された時、武藤は杉田を銃撃してやろうかと憤慨した。武藤金義 フレッシュアイペディアより)

258件中 81 - 90件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード