183件中 91 - 100件表示
  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た小田急小田原線

    なお、同じ様に相模川東岸にあるにも関わらず、「厚木」を名乗っている物として小田急小田原線・JR相模線厚木駅がある。また、繊維メーカーのアツギ(旧社名:厚木ナイロン工業)も本社工場が海老名市であるが、こちらは厚木基地の知名度を利用して基地名が逆に企業名に採用された物である(詳しくはアツギを参照)。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た宿場

    「大和」は当時の最高軍機であった戦艦大和に通じ海軍飛行場の名前には適さないとして、近隣の地名で大山街道の宿場として比較的名の通った「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た座間市

    1 第四次厚木騒音訴訟原告団 2007年12月17日に横浜地方裁判所に提訴。今回の提訴した地域住民は、大和市、綾瀬市、海老名市、相模原市、座間市、町田市、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市の総計7,054名の住民が飛行差止訴訟及び行政訴訟を起こした。(2008年12月10日までの間、第七回口頭弁論が進んだ)。→既に最高裁判所にて判決が言い渡され、第四次厚木騒音訴訟原告団が解散した。これによりホームページは閉鎖されていた。また、第五次厚木騒音訴訟原告団を新たに結成し、2017年8月に横浜地方裁判所へ再び訴訟を提起した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たヘクタール

    総面積約506.9 haのうち約395 ha(全体の約78 %)が綾瀬市で、残りが大和市である。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た房総半島

    アメリカ海軍による、発着艦訓練、射爆訓練は房総半島南東のR-116と呼ばれる海域で実施されている。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た三沢基地

    1973年にアメリカ海軍空母ミッドウェイが横須賀を母港としたのに合わせて、厚木基地は空母が入港した際の艦載機基地として用いられるようになった。艦載機訓練の中でも特に騒音被害の大きい夜間離着陸訓練(NLP)は当初岩国基地と三沢基地で行われてきたが、1982年になり厚木でもNLP訓練が開始された。基地の周辺は住宅地で囲まれており、空母艦載機、特に戦闘機の騒音は極めて大きく、住民は早くからこれらに激しい抗議を申し入れた。防衛施設庁を通した補助金により綾瀬市や大和市、藤沢市などの一部地域では二重窓化などの住宅防音工事が公費で行われている。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たP-2J (航空機)

    EP-3/OP-3C、YS-11M、P-2V、P-2J、US-1Aなど。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たコーンパイプ

    その2日後の8月30日、ダグラス・マッカーサー連合軍総司令官の乗った輸送機「バターン号」が厚木飛行場に着陸。「メルボルンから東京へ、長い道のりだった」と第一声を放った。このとき、彼が細いコーンパイプを咥えてタラップを降りる写真(『ライフ』カメラマンのカール・マイダンス撮影)が現存し、日本の敗戦や連合国による占領時代を象徴する1枚としてしばしば用いられる。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た大日本帝国海軍

    帝国海軍が、主に帝都防衛の拠点として1938年(昭和13年)に着工、1942年(昭和17年)に完成した。東京に最も近い海軍の航空拠点として重視され、整備訓練航空隊である相模野海軍航空隊や、戦闘機操縦士練成部隊である厚木海軍航空隊が置かれた。太平洋戦争後期に防空隊である302空が開隊して以降は、帝国陸軍の調布飛行場、柏飛行場、松戸飛行場、成増飛行場などと並び、首都防空の重要拠点として機能した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た大和 (戦艦)

    「大和」は当時の最高軍機であった戦艦大和に通じ海軍飛行場の名前には適さないとして、近隣の地名で大山街道の宿場として比較的名の通った「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

183件中 91 - 100件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード