135件中 91 - 100件表示
  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た相模大塚駅

    現在でもこの様な事故が起こる危険性が解消された訳ではない。相模鉄道も1961年1月に墜落事故の為に不通となった事があり、リスク回避の為、滑走路延長線部分に当たる区間(大和駅、相模大塚駅間)はコンクリートによってトンネル化された。東名高速道路の大和トンネルも同様の理由により建設された。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た米軍再編

    世界規模での米軍再編の一環である在日米軍再編計画において、空母艦載機の厚木基地から山口県の岩国飛行場への移転が計画されている。山口県および岩国市の賛否は依然流動的な状態であり、具体的なスケジュールは決まっていない。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た朝鮮戦争

    その後、厚木飛行場は連合国軍の一国であるアメリカ陸軍によって管理されるが、飛行場としてでは無く専ら資材置場として、キャンプ座間の補助施設の様な形で用いられていた。1949年には一旦閉鎖され、接収解除も目前であった。しかし、翌1950年に朝鮮戦争が勃発すると、厚木飛行場は再認識され、アメリカ軍の極東における中核航空基地の一つとして復活、管轄も陸軍から海軍に移行する。朝鮮戦争の停戦後も飛行場は順次整備・拡張され、1960年代には現在とほぼ同じ姿になった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た航空艦隊

    1945年8月14日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏を決定。しかし302空司令の小園安名大佐は、翌15日の玉音放送の後も降伏を受け入れず祖国防衛を目的として徹底抗戦を主張し、若い隊員たちも数日にわたって戦闘機からビラ撒きをするなど、厚木飛行場の部隊は反乱状態に陥った(厚木航空隊事件)。8月16日、米内光政海軍大臣の命により寺岡謹平海軍中将や高松宮宣仁親王海軍大佐、第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐などが説得にあたるも、小園大佐ら厚木飛行場の将兵たちは首肯しなかった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たゴジラ

    ゴジラ・モスラ・キングギドラ_大怪獣総攻撃 戦闘爆撃機F-7Jが厚木基地から発進しゴジラを攻撃した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た首都消失

    首都消失 小松左京著。朝倉達が目指した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た厚木航空隊事件

    1945年8月14日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏を決定。しかし302空司令の小園安名大佐は、翌15日の玉音放送の後も降伏を受け入れず祖国防衛を目的として徹底抗戦を主張し、若い隊員たちも数日にわたって戦闘機からビラ撒きをするなど、厚木飛行場の部隊は反乱状態に陥った(厚木航空隊事件)。8月16日、米内光政海軍大臣の命により寺岡謹平海軍中将や高松宮宣仁親王海軍大佐、第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐などが説得にあたるも、小園大佐ら厚木飛行場の将兵たちは首肯しなかった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た防衛施設庁

    1973年にアメリカ海軍空母ミッドウェイが横須賀を母港としたのに合わせて、厚木基地は空母が入港した際の艦載機基地として用いられるようになった。艦載機訓練の中でも特に騒音被害の大きい夜間離着陸訓練(NLP)は当初岩国基地と三沢基地で行われてきたが、1982年になり厚木でもNLP訓練が開始された。基地の周辺は住宅地で囲まれており、空母艦載機、特に戦闘機の騒音は極めて大きく住民は早くからこれらに激しい抗議を申し入れた。防衛施設庁を通した補助金により大和市や藤沢市などの一部地域では二重窓化などの住宅改造が公費で行われている。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た渋谷区

    完成当時の飛行場所在地の地名は「高座郡大和村・綾瀬村・渋谷村」であるが、「大和」「綾瀬」「渋谷」のいずれも他の有名な土地(大和國・つまり奈良県、東京市足立区綾瀬、東京市渋谷区)と重複する名称で紛らわしい為、1と同じく「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た玉音放送

    1945年8月14日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏を決定。しかし302空司令の小園安名大佐は、翌15日の玉音放送の後も降伏を受け入れず祖国防衛を目的として徹底抗戦を主張し、若い隊員たちも数日にわたって戦闘機からビラ撒きをするなど、厚木飛行場の部隊は反乱状態に陥った(厚木航空隊事件)。8月16日、米内光政海軍大臣の命により寺岡謹平海軍中将や高松宮宣仁親王海軍大佐、第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐などが説得にあたるも、小園大佐ら厚木飛行場の将兵たちは首肯しなかった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード