135件中 61 - 70件表示
  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た座間市

    1 第四次厚木爆音訴訟原告団 2007年12月17日に横浜地方裁判所に提訴。今回の提訴した地域住民は、大和市、綾瀬市、海老名市、相模原市、座間市、町田市、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市の総計7,054名の住民が飛行差止訴訟及び行政訴訟を起こした。現在係争中。(2008年12月10日までの間、第七回口頭弁論が進んでいる。)厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た大日本帝国海軍

    日本海軍が、主に東京防衛の拠点として1938年に着工、1942年に完成した。東京に最も近い海軍の航空拠点として重視され、整備訓練航空隊である相模野海軍航空隊や、戦闘機操縦士練成部隊である厚木海軍航空隊が置かれた。太平洋戦争後期に防空隊である302空が開隊して以降は、陸軍の調布飛行場、柏飛行場、松戸飛行場、成増飛行場などと並び、首都圏防空の重要拠点として機能した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たSH-60K (航空機)

    XP-1、P-3C、UP-3、US-1A、US-2、SH-60J、SH-60K、YS-11、TC-90など。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たC-2 グレイハウンド (航空機)

    第30艦隊兵站支援飛行隊第5分遣隊 (en:VRC-30・Detachment 5) - C-2 グレイハウンド厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た横浜地方裁判所

    1 第四次厚木爆音訴訟原告団 2007年12月17日に横浜地方裁判所に提訴。今回の提訴した地域住民は、大和市、綾瀬市、海老名市、相模原市、座間市、町田市、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市の総計7,054名の住民が飛行差止訴訟及び行政訴訟を起こした。現在係争中。(2008年12月10日までの間、第七回口頭弁論が進んでいる。)厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た運転免許証

    入場にあたっては、本籍記載と顔写真の有る有効な公的身分証明書の提示が求められるので、基地公開ごとに公式ホームページ等で確認されたい。例えばICカード式運転免許証だけでは入場できない。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た横浜駅

    基地公開に関連する話として、2001年8月2日に米海軍機(F/A-18:4機・F-14:1機)が編隊飛行を行った。第27戦闘攻撃飛行隊の司令官交代に際し、司令官に敬意を表すために行ったと後に米軍側が回答。しかし日本側への事前連絡・合意も無く、横浜の市街地・横浜駅上空を展示飛行さながらに低空飛行した為、多数の苦情が市・県・警察に寄せられた。元々展示飛行自体は基地の周辺自治体が中止を求めていたが、この事件により無期限の展示飛行中止を余儀なくされた。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た模擬店

    毎年3月下旬~4月上旬頃に「日米親善桜祭り(Cherry Blossom Festival)」と題した基地公開が行われている。厚木基地に駐留する航空機の地上展示、基地在住の米軍関係者や地域住民による模擬店出店、バンド演奏などが実施される。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たキャンプ座間

    その後、厚木飛行場は連合国軍の一国であるアメリカ陸軍によって管理されるが、飛行場としてでは無く専ら資材置場として、キャンプ座間の補助施設の様な形で用いられていた。1949年には一旦閉鎖され、接収解除も目前であった。しかし、翌1950年に朝鮮戦争が勃発すると、厚木飛行場は再認識され、アメリカ軍の極東における中核航空基地の一つとして復活、管轄も陸軍から海軍に移行する。朝鮮戦争の停戦後も飛行場は順次整備・拡張され、1960年代には現在とほぼ同じ姿になった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た第31航空群

    救難待機:第31航空群第71航空隊厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード