135件中 71 - 80件表示
  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たシステム通信隊群

    システム通信隊群横須賀システム通信隊)厚木システム通信分遣隊厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た連合国 (第二次世界大戦)

    8月21日、フィリピンのマニラへ降伏軍使として派遣していた停戦全権委員より、「連合国軍東京占領の拠点として厚木飛行場に8月26日に第一陣、8月28日にマッカーサー連合軍総司令官と司令部が到着する予定である」との文書がもたらされた。これにより8月22日、小園大佐の拘束後も逃走せず暴動状態であった兵たちが強制退去させられ、厚木飛行場の反乱は収束した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た最高裁判所 (日本)

    騒音被害の賠償と飛行差し止めを求めて、三次にわたる訴訟が行われ、裁判は最高裁判所までもつれ込んだ。第一次厚木基地爆音訴訟(1973年?1995年)、第二次(1984年?1999年)、第三次(1997年?2002年)のいずれの例でも損害賠償は認められたが、飛行差止は棄却された。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たポツダム宣言

    1945年8月14日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏を決定。しかし302空司令の小園安名大佐は、翌15日の玉音放送の後も降伏を受け入れず祖国防衛を目的として徹底抗戦を主張し、若い隊員たちも数日にわたって戦闘機からビラ撒きをするなど、厚木飛行場の部隊は反乱状態に陥った(厚木航空隊事件)。8月16日、米内光政海軍大臣の命により寺岡謹平海軍中将や高松宮宣仁親王海軍大佐、第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐などが説得にあたるも、小園大佐ら厚木飛行場の将兵たちは首肯しなかった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た海上自衛隊

    厚木海軍飛行場(あつぎかいぐんひこうじょう)は、神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる飛行場で、アメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している軍事基地。県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たインディペンデンス (CV-62)

    この位置づけは1970年代末期以降の冷戦再燃に伴って固定化し、空母がミッドウェイからインディペンデンス、キティホークを経てジョージ・ワシントンに代替した現在も引き継がれている。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たメガフロート

    国でも厚木基地の騒音問題を早くから認識しており、1980年代前半には三宅島への移設が検討されたが、住民の激しい反対活動により計画は撤回された。関東周辺の自衛隊基地への移転も、各基地の地元自治体と住民の反対により正式な検討作業にも至らなかった。メガフロートの利用も検討されたが、技術的に問題が解決されていないとして諦められた。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た東京市

    完成当時の飛行場所在地の地名は「高座郡大和村・綾瀬村・渋谷村」であるが、「大和」「綾瀬」「渋谷」のいずれも他の有名な土地(大和國・つまり奈良県、東京市足立区綾瀬、東京市渋谷区)と重複する名称で紛らわしい為、1と同じく「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た厚木駅

    なお、同じ様に相模川東岸にあるにも関わらず、「厚木」を名乗っている物として小田急小田原線・JR相模線厚木駅がある。また、繊維メーカーのアツギ(旧社名:厚木ナイロン工業)も本社工場が海老名市であるが、こちらは厚木基地の知名度を利用して基地名が逆に企業名に採用された物である(詳しくはアツギを参照)。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た警務隊

    (横須賀地方警務隊)厚木警務分遣隊厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード