183件中 81 - 90件表示
  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た極東

    さらに1946年(昭和21年)5月には、木更津飛行場からアメリカ海軍航空運輸サービス(Naval Air Transport Service, NATS)の分遣隊が移駐し、物資や人員の空輸を行うようになった。これら飛行部隊の多くは、アメリカ軍によって新たに滑走路が整備された他の基地へ移駐し、その後の厚木飛行場は、専らキャンプ座間附属の野外物資集積所として運用された。1949年(昭和24年)には一旦閉鎖され、接収解除も目前であったが、翌1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発したため、軍事施設としての重要性が再認識されると、アメリカ軍の極東における中核航空基地の一つとして復活、管轄も陸軍から海軍に移行する。朝鮮戦争の停戦後も飛行場は順次整備・拡張され、1960年代には現在とほぼ同じ姿になった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た三宅島

    国でも厚木基地の騒音問題を早くから認識しており、1980年代前半には三宅島への移設が検討されたが、住民の激しい反対活動により計画は撤回された。関東周辺の自衛隊基地への移転も、各基地の地元自治体と住民の反対により正式な検討作業にも至らなかった。メガフロートの利用も検討されたが、技術的に問題が解決されていないとして諦められた。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た玉音放送

    1945年(昭和20年)8月14日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏を決定。しかし302空司令の小園安名大佐は、翌15日の玉音放送の後も降伏を受け入れず祖国防衛を目的として徹底抗戦を主張し、若い隊員たちも数日にわたって戦闘機からビラ撒きをするなど、厚木飛行場の部隊は反乱状態に陥った(厚木航空隊事件)。8月16日、米内光政海軍大臣の命により寺岡謹平海軍中将や高松宮宣仁親王海軍大佐、第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐などが説得にあたるも、小園大佐ら厚木飛行場の将兵たちは首肯しなかった。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た成増飛行場

    帝国海軍が、主に帝都防衛の拠点として1938年(昭和13年)に着工、1942年(昭和17年)に完成した。東京に最も近い海軍の航空拠点として重視され、整備訓練航空隊である相模野海軍航空隊や、戦闘機操縦士練成部隊である厚木海軍航空隊が置かれた。太平洋戦争後期に防空隊である302空が開隊して以降は、帝国陸軍の調布飛行場、柏飛行場、松戸飛行場、成増飛行場などと並び、首都防空の重要拠点として機能した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た都市伝説

    などがある。とりわけ1の「大和」の名を避けたという説については広く知られて半ば都市伝説と化しているが、厚木飛行場完成後の1944年(昭和19年)、海軍が奈良県で実際に「大和航空基地(柳本飛行場)」を建設しているため、この説には矛盾が生じる。また2については、飛行場という施設の特徴上、異なった土地の名前を付けた所で敵機が空から見れば一目瞭然の為、効果は疑わしく、他の飛行場でも同様の例が殆ど見られない事からこちらも信憑性が低い。一方、3及び4については、多少の妥当性が認められるものの、実際に命名に関与した者が生存している可能性は極めて低く、現在では真相を知り得る機会はほぼ完全に消失している。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た国立病院機構久里浜医療センター

    8月18日、小園大佐は当時罹患していたマラリアにより、体温が40度近くまで発熱し、興奮状態が続いたため、8月20日に航空隊軍医長の手で鎮静薬を打たれ、革手錠をかけられ、野比海軍病院(現在の国立病院機構久里浜医療センター)の精神科へ強制収容された。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た第4航空群

    米海軍は空母ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan, CVN-76)艦載機の第5空母航空団(CVW-5)の本拠地として使用しており、海上自衛隊は第4航空群、実験航空部隊の第51航空隊、輸送航空部隊の第61航空隊の航空基地として使用している。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た茅ヶ崎市

    1 第四次厚木騒音訴訟原告団 2007年12月17日に横浜地方裁判所に提訴。今回の提訴した地域住民は、大和市、綾瀬市、海老名市、相模原市、座間市、町田市、藤沢市、茅ヶ崎市、横浜市の総計7,054名の住民が飛行差止訴訟及び行政訴訟を起こした。(2008年12月10日までの間、第七回口頭弁論が進んだ)。→既に最高裁判所にて判決が言い渡され、第四次厚木騒音訴訟原告団が解散した。これによりホームページは閉鎖されていた。また、第五次厚木騒音訴訟原告団を新たに結成し、2017年8月に横浜地方裁判所へ再び訴訟を提起した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見たフィリピン

    8月21日、フィリピンのマニラへ降伏軍使として派遣していた停戦全権委員より、「連合国軍東京占領の拠点として厚木飛行場に8月26日に第一陣、8月28日にマッカーサー連合軍総司令官と司令部が到着する予定である」との文書がもたらされた。これにより8月22日、小園大佐の拘束後も逃走せず暴動状態であった兵たちが強制退去させられ、厚木飛行場の反乱は収束した。厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場から見た開発隊群

    開発隊群)航空プログラム開発隊厚木海軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

183件中 81 - 90件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード