前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
338件中 1 - 10件表示
  • 脂肪吸引

    脂肪吸引から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    エルコーニアレーザーというレーザー光を皮膚表面から数分間照射して脂肪細胞を柔らかくし、カニューレで吸引していく。脂肪が柔らかくなるため初期の方法より体への負担が少ない。エルコーニアレーザーは脂肪吸引に使用する低出力レーザー機。FDA認可。皮下脂肪の約70%の除去が可能。脂肪吸引 フレッシュアイペディアより)

  • ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死

    ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    報告の増加の結果、アメリカ合衆国食品医薬品局は警告を発表、厚生労働省医薬食品局安全対策課も添付文書改訂を指示する等、各国の行政からも警告がなされている。ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死 フレッシュアイペディアより)

  • HACCP

    HACCPから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1973年にはアメリカ食品医薬品局 (FDA) が、低酸性缶詰の法規制としてとりいれた(ただしこのときにはHACCP とは明記されていない)。その後1997年に魚介類、2002年にはジュース類に義務づけ、また1998年には合衆国農務省が食肉食鳥肉でのHACCP を義務化した。また、最大手のハンバーガーショップであるマクドナルドは1980年代に病原性大腸菌腸管出血性大腸菌O157の問題を解決するために自主的にHACCPに取り組んだ。合衆国ではまたHACCPは従業員数名の小規模の企業でも義務化され実践されており、効果をあげている。多くの場合は効率の良い管理が可能になり結果として利益が上がっているようである。HACCP フレッシュアイペディアより)

  • エラグ酸

    エラグ酸から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ヒトの健康上の効能を支持する証拠はごく初歩的な状態であるにもかかわらず、エラグ酸は、癌、心臓病、その他の健康問題に対する効能を謳った栄養補助食品として米国で販売されている。エラグ酸は、アメリカ食品医薬品局によって「消費者が避けなければならない偽癌治療法」とされている。多数の米国に拠点を置く栄養補助食品の販売者は、米国連邦食品医薬品化粧品法に違反した効能を謳ったエラグ酸の販売をしているとしてアメリカ食品医薬品局から警告書を受けている。エラグ酸 フレッシュアイペディアより)

  • 陰圧閉鎖療法

    陰圧閉鎖療法から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1995年、キネティック・コンセプト社(KCI)の陰圧補助閉鎖治療システム(V.A.C. 、Vacuum Assisted Closure)は、深い外傷、裂傷、皮膚弁と接合、圧性潰瘍及び難治性創傷に特定して、陰圧閉鎖療法の製品として初めてアメリカ食品医薬品局(FDA) の承認を取得した 。米国内で病院での採用が増えるにつれ、2001年にはCenters for Medicare and Medicaid Services(CMC、アメリカ保険社会福祉省の下部組織) の弁済を受ける承認も得た。陰圧閉鎖療法 フレッシュアイペディアより)

  • イブリツモマブ チウキセタン

    イブリツモマブ チウキセタンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    イブリツモマブ チウキセタンは、現在:en:Biogen Idec社の一部となっているIDEC製薬によって開発された最初の放射免疫治療薬で、2002年にがん治療薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)によって認可された。認可された治療の対象は、再発性あるいは難治性で、低悪性度であるかまたは濾胞性のB細胞非ホジキンリンパ腫(NHL)の患者である。対象患者にはリツキシマブによる治療がうまくいかない濾胞性B細胞非ホジキンリンパ腫の患者も含まれる。イブリツモマブ チウキセタン フレッシュアイペディアより)

  • ニューウエイズ

    ニューウエイズから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    医師の処方が無ければ販売できない医薬品成分である強力な利尿剤のフロセミドを含有したダイエットサプリメント(Quickly:クイックリー)を販売し、FDA(アメリカ食品医薬品局)よりリコール命令を受けた。ニューウエイズ フレッシュアイペディアより)

  • アロエベラ

    アロエベラから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アロインは、2003年にアメリカ食品医薬品局がクラス3原料に指定し、その使用を禁止するまで、下剤の成分として一般的に用いられてきた。ただし、アロインを含むアロエは主に下剤として用いられるが、多量のアロインを含まないアロエベラジュースは消化薬として用いられる。アメリカ食品医薬品局の規制に応じて、食品を製造する際にアロインは通常取り除かれる。アロエベラ フレッシュアイペディアより)

  • セツキシマブ

    セツキシマブから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    セツキシマブはIgG1に属するヒト・マウスキメラ化モノクローナル抗体であり、点滴静注で使用される。商品名はアービタックス® (Erbitax®)。開発コード名「IMC-C225」で呼ばれることもある。米国イムクローン・システムズ社によって開発・製造され、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社により販売される。EGFRを発現する転移性大腸癌に対する治療薬、および頭頸部癌(EGFRの発現を問わない)の治療薬として米国食品医薬品局 (FDA) により承認を受けている。日本ではEGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌の治療薬として製造販売承認を受けている。セツキシマブ フレッシュアイペディアより)

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬

    選択的セロトニン再取り込み阻害薬から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2008年に、認可されている4つの新しい抗うつ薬の、アメリカ食品医薬品局(FDA)に提出された35の臨床試験を結合したメタ分析が広く報道された(SSRIのパロキセチンとフルオキセチン、非SSRI抗うつ薬の、またSNRIのを含む)。FDAに提出されたが論文としては公開されていないデータを含む出版バイアスの解析を行った。著者のアービング・カーシュは、偽薬に対する抗うつ薬の効果は、統計的に有意だったというものの、「臨床的に有意な」効果のための英国国立医療技術評価機構(NICE)の基準を上回らなかったことを見出した。具体的には、軽症のうつ病に対してが非常に小さく、しかし重症度に伴って増加し、非常に重度のうつ病に対しては「臨床的な有意」に達した。重症度と効果の間の関係は、医薬品の効果の増加よりも、重度のうつの患者での偽薬効果による緩和に起因したと考えられる。何人かの研究者は、抗うつ薬の効果量の低い見積りを示唆しているこの研究における、統計上の基盤を疑問視したが、全結果を結合しデータを再分析しても、それでもなおNICEの「臨床的に有意」な閾値を下回ることが見出された(とはいえ、パロキセチンとベンラファキシンはこの閾値を上回った)。選択的セロトニン再取り込み阻害薬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
338件中 1 - 10件表示