338件中 91 - 100件表示
  • メカジキ

    メカジキから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    なお、アメリカのFDAは、有機水銀が蓄積されている可能性が高いとして2003年に妊婦や授乳中の女性および子供はメカジキを摂取しないよう勧告を行っている。メカジキ フレッシュアイペディアより)

  • エンタカポン

    エンタカポンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1 アメリカ食品医薬品局 (FDA) のサイト(英文)エンタカポン フレッシュアイペディアより)

  • 核内受容体

    核内受容体から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンや甲状腺ホルモン、ステロイドホルモンなどが核内受容体に結合し、活性化させる。核内受容体はきわめて多くの遺伝子転写を調節しているため、このようなリガンドは生体に強い作用をもたらす。疾患に関与する遺伝子も多く、アメリカ食品医薬品局が認可している医薬品の13%は核内受容体をターゲットとしたものである。核内受容体 フレッシュアイペディアより)

  • エキシマレーザー

    エキシマレーザーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    視力矯正手術(屈折矯正手術)において、エキシマレーザー光は波長が短いため角膜の一部分を必要なだけ正確に除去することが可能である。レーザーといっても熱を発するものではなく、衝撃波がないため熱に弱い角膜組織に悪影響を与えることがない。したがってエキシマレーザーを使ったレーシック手術は痛みをほとんど伴わず、視力回復が早いという特徴がある。アメリカでは1995年にFDA(米国食品医薬品局)によって、日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によってその使用が認可されている。また、エキシマレーザーに発癌性のないことが確認されている。エキシマレーザー フレッシュアイペディアより)

  • 臭素酸カリウム

    臭素酸カリウムから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカは全面禁止していないが、多くの州で、臭素酸カリウムを使用した食品にはその事実をパッケージに明記するように定められている。FDAは麦芽食品に対しての使用について、規制範囲内での使用については安全であると思われているが、最終製品のラベルにて添加した事を表記しなければならないと規制している。臭素酸カリウム フレッシュアイペディアより)

  • ボストン大火

    ボストン大火から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    当時、ハーバード大学の学生だったハーヴェイ・W・ワイリー(Harvey W. Wiley)(後年「連邦食品・医薬品法の父」と称されたアメリカ食品医薬品局初のコミッショナー)は消火活動に参加し、後にその時の経験について自伝で言及している。ボストン大火 フレッシュアイペディアより)

  • 卵かけご飯

    卵かけご飯から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    米国国内の鶏卵業者は FDAや WHO等の加熱処理のガイドラインに従って生食を前提にした飼育をしておらず、割り入れた生卵は低温殺菌したもの・卵白と卵黄を分けたもの・各種栄養素を添加したもの等を牛乳パック様の容器に入れられて店頭に並ぶ。これらの多くは冷凍保存が可能である。また、殻付きでは低温殺菌して白身が半ば固まった卵がパック入りで販売されている。特に防疫に注力しているオーストラリアではオーストラリア国内に持ちこめない食品として卵や卵製品が検疫検査局の品目として挙げられている。一部の東南アジア諸国では卵の外部はもとより内部にも細菌の存在が確認されている。卵の輸入制限は各国の国内鶏卵業者への保護を目的とする他にも鶏卵が有する各種細菌がもつ食品衛生上の観点からも重視されており、各国で輸入規制対象物品に指定されていることが多い。日本の検疫では四類感染症まで輸入規制できるが、サルモネラ食中毒は四類感染症ではなく、他の事由が必要となる。日本国外では鶏卵を生食する例は皆無に等しく、卵かけご飯は日本独特の食品流通と衛生管理を背景にしている。卵かけご飯 フレッシュアイペディアより)

  • ベイクドビーンズ

    ベイクドビーンズから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局は1996年に、「'beans with pork'または'pork and beans'という名前の商品にほとんど豚肉が含まれないことが消費者に広く理解されるまでに何年もかかった」と述べている。ベイクドビーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 薬害

    薬害から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ビー・ブラウン(ドイツ)らが製造発売した「ライオデュラ」などのヒト乾燥硬膜(死者の脳から硬膜を摘出し、製品化したもの)について、ドナーが異常プリオンに汚染された可能性(伝達性海綿状脳症の高リスク疑い)が有るにも関わらず、適正な殺菌処理やドナーの選別を怠り、発売を続け、アメリカ・日本などで頭部外傷などによる脳外科手術の硬膜縫合時に移植を受けた患者がクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)を発症し、その殆どが死亡した。後に、乾燥硬膜の移植による医原性によるCJD発症であると結論づけられた。FDAでは1980年代後半に異変を察知してヒト乾燥硬膜を使用禁止としたが、日本の厚生省ではそれを考慮せず、世界保健機関が使用禁止措置を発する1997年春まで医療器具として輸入承認を続けた事や、1970年代の同製品の承認審査が杜撰であったとされる。これを薬害として、1996年に大津市の訴訟団を皮切りに各地で製造・販売側と厚生省を相手に損害賠償訴訟が提起され、2001年から2002年にかけて補償金を支払う和解が成立している。薬害 フレッシュアイペディアより)

  • ドレイズ試験

    ドレイズ試験から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドレイズ試験(Draize Test)もしくはドレイズ法は、1944年にFDAの毒性学者であったジョン・ドレイズ(John H. Draize)とジェイコブ・スピネス(Jacob M. Spines)により考案された急性毒性(刺激性)試験法である。当初は化粧品の試験として開発され、その手順には、意識のある状態で拘束したウサギの皮膚または眼に対し、試験物質を0.5mLまたは0.5gを適用して4時間の放置を行う過程を含む試験である(後述する動物愛護の観点から、試験物質量は近年削減方向にある)。この試験の観察期間は最大で14日間であり、皮膚に対する試験では紅斑と浮腫の徴候を、また、眼に対する試験では、赤み、腫れ、分泌物、潰瘍、出血、混濁、失明の徴候を確認する。実験動物には一般的にアルビノのウサギを用いるが、イヌを含むその他の動物を用いる場合もある。試験動物はドレイズ試験の終了後に殺処分される。ドレイズ試験 フレッシュアイペディアより)

338件中 91 - 100件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード