338件中 131 - 140件表示
  • アルベンダゾール

    アルベンダゾールから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アルベンダゾール()とは種々の寄生虫病の治療に使用されるベンツイミダゾール系化合物であり、Albenza、Eskazole、Zentelなどの商品名で市販されている。アメリカ合衆国では広く使用されているが、アメリカ食品医薬品局では寄生虫病の適応としては認可していない。アルベンダゾールはグラクソ・スミスクラインにより市販されている。アルベンダゾール フレッシュアイペディアより)

  • 欧州医薬品庁

    欧州医薬品庁から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)にほぼ類似しつつも、FDA方式の中央集権化を求めず、既存の国家医療調整行政機関の調和を図り、加盟国からの間接的助成金と同様に、欧州連合と製薬産業からの資金提供を基に欧州医薬品庁は1995年に設立される。この計画が加盟国別々の承認を得ることによって製薬会社は年間約3億5,000万ユーロのコスト削減につながると期待され、それ以外の国内製薬会社により既に生産され競合可能性のある新薬承認に不本意な国の保護貿易傾向を排除する。欧州医薬品庁 フレッシュアイペディアより)

  • 液体呼吸

    液体呼吸から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    未熟児、子供、大人に対する臨床試験が行われた。この方法の安全性やガス交換機能の向上能力が著しいため、救命能力の高さを理由としてアメリカ食品医薬品局 (FDA) はこの製品を優先承認対象 (fast track) に指定した。これは、この製品の迅速な審査とできる限りすばやく安全な上市を計画することを意味する。しかし、期待通りの臨床試験結果が得られず、アライアンス社は部分的液体呼吸についての研究を断念した。液体呼吸 フレッシュアイペディアより)

  • マグロ

    マグロから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    メチル水銀の場合アメリカのFDAは、2003年に妊婦や授乳中の女性および子供のマグロ摂取量制限の勧告を行っている(6オンス=約170 g/週)。ニューヨーク市では、2007年、幾つかのすし料理店において基準値を越す水銀が検出された1が、世界で水銀汚染が進んでいるという事ではなく、健康被害はないものの調査研究を行う事となっている。マグロ フレッシュアイペディアより)

  • バナナジン

    バナナジンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドノヴァンのヒット曲Mellow Yellow はBerkeley Barb誌に悪戯が掲載されたのと同じ月にリリースされ、この曲は、バナナの皮を吸った時の情景を表していると捉えらえた。この見方はその後ニューヨーク・タイムズにも取り上げられた。数年経つと、Mellow Yellowの曲の方がBerkeley Barb誌の記事の元ネタになったという噂が広まった。2005年10月のラジオのインタビューでドノヴァンは、シングルのリリースの1週間ほど前にサンフランシスコでこの噂をし始めたのはフォーク歌手のカントリー・ジョー・マクドナルドだと語った。マクドナルド自身も同様のことを語り、さらにこの噂が広まった後、ドノヴァンのコンサートに行く人達がみんなバナナを買い求め、品切れになる店が続出したという話も付け加えた。1980年代にパンクバンドのデッド・ミリカンもバナナの皮の幻覚作用に関する曲をリリースした。そしてついにアメリカ食品医薬品局 (FDA) まで調査を行うに至った。バナナジン フレッシュアイペディアより)

  • レーザー

    レーザーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    FDA(米国食品医薬品局)レーザー フレッシュアイペディアより)

  • トランス脂肪酸

    トランス脂肪酸から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局 (FDA) は、食品に含まれるトランス脂肪酸の表示について規定を設けて表示を義務付けている。しかし植物性食品に含まれるコレステロールの場合と同様の理由で、含有量が少ない天然のトランス脂肪酸を食品成分表示に関する規制から除外している。トランス脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • セグウェイ

    セグウェイから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカでは身体障害者の移動手段にも利用されているが、アメリカ食品医薬品局から車椅子として認可されていない事を理由に、ディズニーワールドではセグウェイの乗り入れを禁止している1。その解除を求めた3名が2007年11月に訴訟を起こし、セグウェイ社もディズニーに対する異議を唱えたが2、2009年10月にオーランド地方裁判所は原告の訴えを棄却した3。セグウェイ フレッシュアイペディアより)

  • タイセイヨウサケ

    タイセイヨウサケから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    養殖技術が確立しているタイセイヨウサケに、マスノスケ(キング・サーモン)の成長促進遺伝子を組み込んだ種の開発が実用化段階にあり、2010年現在、アメリカ政府(アメリカ食品医薬品局)の認可を待っている状態にある。認められれば、アメリカ国内における遺伝子組み換え動物による食品第一号となる。タイセイヨウサケ フレッシュアイペディアより)

  • 科学における不正行為

    科学における不正行為から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    新薬の臨床試験で、デタラメな使用量、データの改変と捏造、ダンピングが繰り返し行われていることが、アメリカ食品医薬品局が詳細な調査を行った時に明らかになった。科学における不正行為 フレッシュアイペディアより)

338件中 131 - 140件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード