615件中 131 - 140件表示
  • 2007年のペットフード大量リコール事件の年表

    2007年のペットフード大量リコール事件の年表から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は病因の可能性の1つとして、中国から輸入した小麦グルテンに工業用化学物質であるメラミンが含まれていたことが確認されたと報告した。FDAは小麦グルテンが徐州安営生物技術開発有限公司websiteが生産したものであることを特定し、輸入を禁止した。そして汚染はドライフードにも及んでいるかもしれないと語った。2007年のペットフード大量リコール事件の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 経皮吸収パッチ

    経皮吸収パッチから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    経皮吸収パッチは多くの種類の薬物を伝達するのに使われる。 経皮吸収パッチが最初でアメリカ食品医薬品局の承認を受けて常用化されるようになったのは1979年12月以来で、吐き気に対処するためにスコポラミンを伝達するパッチである。最近になって一番よく知られたパッチは、禁煙を助けるためのニコチンパッチである。その他に閉経後に骨粗鬆症を防止するためにエストロゲンを伝達するパッチなどがある。経皮吸収パッチ フレッシュアイペディアより)

  • Flavr Savr

    Flavr Savrから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    Flavr Savr(フレーバーセーバー)とは、遺伝子組み換え技術により作出されたトマトの品種。世界で初めて商用栽培された遺伝子組み換え作物である。日持ちをよくすることを目的としてCalgene社により作られた。1992年アメリカ食品医薬品局により承認、1994年販売開始。Flavr Savr フレッシュアイペディアより)

  • 情動調節障害

    情動調節障害から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    情動調節障害の治療は、一般的に症状の重症度や頻度を下げることがゴールとされており、上述のような病態生理に基づいて、セロトニンやグルタミン酸を標的とした薬物療法が有効であるとされている。従来は三環系抗うつ剤やSSRI(選択的セロトニン受容体再取り込み阻害薬)が限定的に用いられてきたが、最近になって鎮咳薬のデキストロメトルファンと抗不整脈薬のキニジンの合剤(Dextromethorphan/quinidine商品名:Nuedexta)がPBAの治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)から承認されたことによって、薬物療法の有効性が徐々に浸透しつつある。Nuedextaは362例のPBAを伴うMSあるいはALSの患者を対象に、12週間の無作為プラセボ対照比較試験を行い、プラセボに対して有意にPBA症状の重症度と頻度が低下することを示した。情動調節障害 フレッシュアイペディアより)

  • 酸素バー

    酸素バーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    また、施設によっては芳香剤で酸素に香りづけしてアロマセラピー効果を謳うところもある。芳香剤として精油(「天然オイル」などとも)を用いる場合があるが、アメリカ食品医薬品局は油分の肺への吸入はリポイド肺炎の原因やアレルゲンとなる可能性があるとしている。酸素バー フレッシュアイペディアより)

  • メタドン

    メタドンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    麻薬依存症の治療にはブプレノルフィン (buprenorphine) も用いられる。2002年10月、アメリカ食品医薬品局は2種のブプレノルフィン配合剤、サブテック (Subutex) とサボキソン (Suboxone) を麻薬依存症の治療に認可した。興味深いことに、メタドンや LAAM とは異なり、サブテックとサボキソンはアメリカ規制物質法のスケジュール III に指定されており、外来患者に対しても使用が許可されている。一方、イギリスをはじめとする多くの国々では、ブプレノルフィンやメタドンのみならずヘロインさえを含むオピオイド類はオピオイド依存症の外来患者の治療に標準的に用いられており、アメリカのように強く規制された環境で治療が行われることはない。最近オーストリアでのある研究により、モルヒネの経口投与はメタドンの経口投与よりも良好な結果を与えることが示され、またヘロイン維持療法の研究では、メタドンの背景的少量投与をヘロイン維持療法と組み合わせることにより、応答性の低い患者に対する成果が大きく向上する可能性があることが示されている。メタドン フレッシュアイペディアより)

  • 共役リノール酸

    共役リノール酸から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    共役リノール酸は構造的にトランス型の二重結合を有するものも多く、天然に含まれるトランス脂肪酸であるが、体内で非共役トランス脂肪酸以外の脂肪酸と同様に振る舞うことから、アメリカ食品医薬品局ではトランス脂肪酸の規制から除外している。デンマークにおけるトランス脂肪酸の規制でも同様に規制対象外となっている。共役リノール酸 フレッシュアイペディアより)

  • ジヒドロキシアセトン

    ジヒドロキシアセトンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1970年代にアメリカ食品医薬品局が化粧品用の成分として認可した。ジヒドロキシアセトン フレッシュアイペディアより)

  • ドロキシドパ

    ドロキシドパから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドロキシドパは住友製薬によって神経性起立性低血圧を含む低血圧の治療のために生み出された。この薬は日本やその周辺国において低血圧治療用に1989年から使われていた。 2006年の大日本製薬との合併に伴い、大日本住友製薬とチェルシー社はドロキシドパのライセンスに関する契約を結んだ。これにより、日本、韓国、中国、台湾以外にも幅広く世界へマーケティングし、医薬品開発を行う運びとなる。そしてアメリカ合衆国における神経性起立性低血圧治療薬としての認可に先立ち効能追加を補助するために行われた透析患者の低血圧に関する治験の第二相が完了。2014年2月、アメリカ食品医薬品局(FDA)はドロキシドパを神経性起立性低血圧の症状を治療する薬として認可した。チェルシー社はアメリカにおいてドロキシドパの神経性起立性低血圧に関する希少疾病用医薬品の指定を取得して、現地アメリカでの開発を担う製薬会社となった。ドロキシドパ フレッシュアイペディアより)

  • Tert-ブチルヒドロキノン

    Tert-ブチルヒドロキノンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    欧州食品安全機関 (EFSA) とアメリカ食品医薬品局 (FDA) の両方がこの物質を評価し、許可されている添加量であれば摂取しても安全であると断定しており、世界的に食品添加物としての利用が認められている。ただし、日本では食品添加物としての利用が認められておらず、TBHQを含む食品の輸入・販売が禁止されている。FDAは油脂または食品に含まれる油脂含有量の0.02%を上限としている。Tert-ブチルヒドロキノン フレッシュアイペディアより)

615件中 131 - 140件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード

  • カルナバイオサイエンス

  • Amazonタイムセール情報

  • なりきりにゃんこ 胸に飛びこんでおいで! もふもふ猫の胸毛Tシャツ