338件中 11 - 20件表示
  • 気分安定薬

    気分安定薬から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2008年1月、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、計43892人から成る199の二重盲検の臨床試験を分析し、抗てんかん薬服用時の自殺年慮や自殺企図が2倍に高まる―精神科では2.9倍―ことを警告し、不安、興奮、攻撃性、敵意、躁や不眠といった自殺の前行動の監視を促している。分析に含まれた大部分の臨床試験の期間である24週間でのリスク評価が行われた。分析に含まれたのは、カルバマゼピン、バルプロックスナトリウム(デパコート)、ガバペンチン、ラモトリギン、トピラマート、レベチラセタム、プレガバリン、ゾニサミドほか計11の薬である。2009年4月23日、認可された抗てんかん薬すべてのラベルが変更された。気分安定薬 フレッシュアイペディアより)

  • 線維筋痛症

    線維筋痛症から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2007年米食品医薬品局(FDA)は米国ファイザー社リリカ®(一般名:プレガバリンPregabalin)を初の線維筋痛症治療薬として承認した。プレガバリンは過剰興奮したニューロンを沈静化させる作用があるとされる。日本では2010年の発売当初は帯状疱疹後神経痛に承認されていたが、線維筋痛症には処方できない状況であった。2012年6月22日適応追加が行われ、「線維筋痛症に伴う疼痛」投与可能となった。副作用は眠気、しびれ、めまい、浮腫、および脱力など。線維筋痛症 フレッシュアイペディアより)

  • 線維筋痛症

    線維筋痛症から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    2007年12月31日、Forest Laboratories社とCypress Bioscience社は、線維筋痛症治療薬として開発しているデュアル(セロトニン・ノルアドレナリン)再取り込み阻害剤(SNRI)・ミルナシプラン(milnacipran、日本ではトレドミンとして発売)をアメリカFDAに承認申請したと発表。2009年1月にFDAはSavella(milnacipran HCl)を線維筋痛症治療薬として承認した。ただし2009年7月時点欧州EMEAの諮問委員会CHMPは線維筋痛症候群治療薬候補として承認すべきではないとの見解。線維筋痛症 フレッシュアイペディアより)

  • ガチフロキサシン

    ガチフロキサシンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    杏林製薬の大型新薬として、1995年にドイツ:en:Grünenthal社、1996年に米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、1998年に韓国Handok Pharmaceuticals(韓獨薬品)社へ導出し、日本での上市に先行して1998年にFDAで、2001年にドイツ連邦保健省(EU相互認証有り)で承認・発売され、2003年には韓国でも発売された。ガチフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • レーシック

    レーシックから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    世界初のレーシックは1990年にギリシャで行われた。1995年にアメリカ食品医薬品局がエキシマレーザーの使用認可を出し、アメリカでは1998年以降レーシックが屈折矯正手術の主流となった。日本では、2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)がエキシマレーザーの使用認可を出してから受けられるようになっている。歴史が浅いため、長期に渡る安全性が実証されていないとも言われるが、2009年、アメリカの医学誌「Archives of Ophthalmology(眼科学)」11月号にて近視に対するレーザー手術は長期的に見ても安全であるという研究結果が発表された。レーシック フレッシュアイペディアより)

  • ベンゾジアゼピン

    ベンゾジアゼピンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ベンゾジアゼピンを長期間の使用に対しては承認しておらず、特定の条件で短期間にのみ適応がある。ベンゾジアゼピン フレッシュアイペディアより)

  • サリドマイド

    サリドマイドから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    そうした中で、1998年、FDA(アメリカ食品医薬品局)は、サリドマイドの販売をついに許可した(1960年前後、不許可のまま)。日本では、2009年2月、サリドマイドの販売が再開された。なお、日本での効能・効果は「再発又は難治性の多発性骨髄腫」となっている。サリドマイド フレッシュアイペディアより)

  • 抗うつ薬

    抗うつ薬から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドーパミンの発見などで後にノーベル賞を受賞した神経科学者のアルビド・カールソンが、セロトニンの再取り込みだけを阻害する薬を作ろうとし、スウェーデンのアストラ社で抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの化学構造を修正しを合成し、1972年に欧州のいくつかの国で特許が下り、1982年にツェルミドの商品名で認可された。しかしながら同じ年にアメリカ食品医薬品局の認可を得る際に、ギラン・バレー症候群という致命的な副作用が報告され、市場から消えた。これが世界初の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)であるとされる。後にクロルフェニラミン自体にセロトニン再取り込み阻害様の作用があることが明らかになったが、特許を取ることができず、特許がなければ臨床試験を行いマーケティングを行い販売し収益を確保するといった採算の見込みはない。抗うつ薬 フレッシュアイペディアより)

  • サプリメント

    サプリメントから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1950年代に、アメリカ食品医薬品局 (FDA) が強硬姿勢をとるようになったため、サプリメント産業はNHF(全国健康連盟、:en:National Health Federation)を組織しロビー活動を開始する。サプリメント フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠導入剤

    睡眠導入剤から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ合衆国では、アメリカ食品医薬品局(FDA)によるベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の添付文書には、7?10日の短期間の使用に用いる旨が記載されている。睡眠導入剤 フレッシュアイペディアより)

338件中 11 - 20件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード