338件中 31 - 40件表示
  • セフジニル

    セフジニルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    セフジニル(Cefdinir、商品名セフゾン)とは、第三世代セファロスポリンに属する抗生物質である。日本では第三世代セフェムと呼ばれることも多い(いずれもセファロスポリン参照)。この薬剤は半合成で作られ、広い抗菌スペクトルを持っている。米国では1997年2月にFDAの承認を受けた。日本では藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)が1991年11月に発売した。セフジニル フレッシュアイペディアより)

  • VRB寒天培地

    VRB寒天培地から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    日本の公定法でよく使用されるデソキシコレート寒天培地より高い検出率を示し、FDA法など海外の検査機関においては公定法培地として使用されている。VRB寒天培地 フレッシュアイペディアより)

  • グアイアズレン

    グアイアズレンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    グアイアズレンは化粧品の着色料としてアメリカ食品医薬品局に認可されている。グアイアズレン フレッシュアイペディアより)

  • バルコ・スキャンダル

    バルコ・スキャンダルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2003年の夏、米国反ドーピング機関(USADA)に匿名の人物から使用済みの注射器が送りつけられた。USADAは10月16日、この注射器に残されていた物質は、今まで発見されていなかったアナボリックステロイドのテトラハイドロゲストリノン(THG)であると発表した。さらに、注射器を送った人物はバルコが薬物の供給元であると指摘していることも明らかにした。10月28日には、アメリカ食品医薬品局がTHGを違法薬物に指定し、摂取すれば健康を害すると警告した。同年秋、連邦大陪審はバルコの脱税疑惑を追求するため、複数のスポーツ選手に薬物疑惑について証言させた。バルコ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • 酸素バー

    酸素バーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    また、施設によっては芳香剤で酸素に香りづけしてアロマセラピー効果を謳うところもある。芳香剤として精油(「天然オイル」などとも)を用いる場合があるが、アメリカ食品医薬品局は油分の肺への吸入はリポイド肺炎の原因やアレルゲンとなる可能性があるとしている12。酸素バー フレッシュアイペディアより)

  • 粉末ジュース

    粉末ジュースから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    しかし1969年、FDA(アメリカ食品医薬品局)による調査発表を皮切りに、前述の人工甘味料が人体にもたらす悪影響が社会問題化し、程なく日本国内でいずれも食品添加物の指定取り消し・使用禁止となった。低価格実現に大きく寄与していた人工甘味料が使用できなくなったことで、ほとんどのメーカーが粉末ジュースから撤退、渡辺製菓(「ワタナベジュースの素」が有名)のように全国ネットでTVコマーシャルを流す程の中堅メーカーまで経営が傾いた。粉末ジュース フレッシュアイペディアより)

  • 二炭酸ジメチル

    二炭酸ジメチルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    DMDCはときどき二酸化硫黄の代用品としてワインの保存料に使われ、ブレタノマイセスのような酵母菌を不活発化させる。アメリカのアメリカ食品医薬品局では、1998年にDMDCをワインに使用することが承認された。また、ドイツ(1978年から)やニュージーランドでも承認されている。二炭酸ジメチル フレッシュアイペディアより)

  • テトラヒドロゲストリノン

    テトラヒドロゲストリノンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    テトラヒドロゲストリノン (tetrahydrogestrinone) とは、パトリック・アーノルドによって開発されたアナボリックステロイドである。THG、クリア (the clear) とも呼ばれる。アンドロゲン受容体とプロゲステロン受容体に親和性があるが、エストロゲン受容体にはない。この薬物は、禁止薬物のアナボリックステロイドであるゲストリノンとトレンボロンと深い関連のあるデザイナードラッグだと考えられている。また、2005年に予定されていた認可より前の2003年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)が認可していない新薬としても言及されていた。テトラヒドロゲストリノン フレッシュアイペディアより)

  • 連邦規則集

    連邦規則集から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    Title 21: Food and Drugs(食物と薬物。アメリカ食品医薬品局および麻薬取締局によって管理される)連邦規則集 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオニクス

    ラジオニクスから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    さらにエイブラムスは、一滴の血液をサンプルとして電話線を使って数キロメートル離れた患者の診断を遠隔で行ったと「物理臨床雑誌」に報告した。この内容は、アメリカ医師協会の反感を買い、協会は協会誌にエイブラムスをニセ医師だとして攻撃した。1924年にエイブラムスが死亡したあと、米国では彼に対する批判が「サイエンティフィック・アメリカン」誌に連載され、1954年にはFDAによってオシロクラストの実質的な使用差し止めを決定。ERAは医学の表舞台から姿を消した。ラジオニクス フレッシュアイペディアより)

338件中 31 - 40件表示