615件中 31 - 40件表示
  • イソトレチノイン

    イソトレチノインから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局 (FDA) の (AERS) では、炎症性腸疾患 (IBD) の報告が最も多かった。3-6位は、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群などの消化器系障害が占めている。2位はうつ病、9位は自殺念慮、10位は不安であった。イソトレチノイン フレッシュアイペディアより)

  • デュタステリド

    デュタステリドから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    デュタステリドの前立腺癌発生リスクに関する上昇・低下・中立的影響は確立していない。良性前立腺腫瘍の肥大および有病率を低下させることを示唆するデータがあるが、米国FDAはデュタステリドについて高悪性度前立腺癌のリスクが上昇する旨を警告している。デュタステリド フレッシュアイペディアより)

  • 医療機器

    医療機器から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    近年、各社が中国に進出して生産が増大しつつあるが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の管理の行き届かない地域での製造に懸念が高まりつつある。医療機器 フレッシュアイペディアより)

  • 化学的不均衡

    化学的不均衡から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    この概念的な枠組みには科学から疑義が呈されている。仮説は単純化し過ぎで欠陥が示されているからである。しかし、薬物治療の説明の助けとする分には有用である。アメリカ食品医薬品局(FDA)精神薬理学諮問委員会のウェイン・グッドマン(Wayne Goodman)委員長は、彼自身の精神科の患者には使わないが、化学的不均衡説を「有用な隠喩」と述べている。化学的不均衡 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・シュクレリ

    マーティン・シュクレリから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2011年2月1日、メリルリンチに開いていた口座を通じて、MSMBキャピタル社はオレキシジェン・セラピューティクスの3,200万株を1株2.5ドルで裸売り(株を確保せずに行う空売り)した。アメリカ食品医薬品局 (FDA) が薬品コントレイヴの承認を却下したことで、同社の株価が一株9.09ドルから急落した翌日のことだった。しかし株価は反発した。MSMBはメリルリンチに対してショートポジションを決済することは可能だと伝えていたが、実際には不可能だった。メリルリンチはこの取引で700万ドルを失い、MSMBは事実上破綻した。レトロフィンが2015年に証券取引委員会へ提出した訴状では、シュクレリがMSMBヘルスケアとレトロフィンを創立したのは「MSMBキャピタルが破産した後も取引を続けるため、ならびにMSMBキャピタルへの出資者を安心させられる資産として用いるため」だと強く主張された。マーティン・シュクレリ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋飛行場

    名古屋飛行場から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    3月17日 - FDAは3月29日に開設する小牧 - 北九州線において福岡空港と北九州空港のマルチエアポート対応を行うと発表した。名古屋飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養成分表示

    栄養成分表示から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    赤ちゃん向けの食品などの例外を除いて、以下の一日摂取量が使用される。これらは、(Reference Daily Intake: RDI)と呼ばれるもので、元々は、1968年に定められた各栄養素について全ての年齢と性別の組み合わせのニーズが満たされていることを保障する(Recommended Dietary Allowance: RDA)の最高値に基づくものであった。これらは、現行の食事摂取基準の栄養所要量よりも古い。ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、リン、マグネシウム、マンガンでは、現在の最大の栄養所要量(年齢および性別)は、ラベリングに使用されている古い栄養所要量より最大50%高く、他の栄養素では推奨摂取量がなくなった。2010年10月現在、全てのラベルで表示される栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄である。食品の栄養水準を決定するために、企業はデータベースを開発または使用することがあり、レビューのために米国食品医薬品局(FDA)に自発的に提出することができる。栄養成分表示 フレッシュアイペディアより)

  • サリドマイド

    サリドマイドから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1965年にはサリドマイドがらい性結節性紅斑に一時抑制効果が確かめられた。サリドマイド事件から40年後の1998年、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、らいに対して使用を承認した。また1999年には多発性骨髄腫(骨髄がん)への臨床試験が行われ、日本でも2008年サレドカプセルの商品名で再承認された。日本では使用にあたって「サリドマイド製剤安全管理手順」の遵守が求められる。サリドマイド フレッシュアイペディアより)

  • 精神科の薬

    精神科の薬から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    たとえば、アメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を得るためには、2つの肯定的な結果が出た試験が必要なだけで、有効性が示されるまで臨床試験の数をこなし、薬は承認されているが否定的な結果が出た試験は提出されたまま公開されていないため、情報公開法に基づいてこれらのデータを結合してメタアナリシスを行うと否定的な結果が示されることもある。つまり、本質的に薬を認可するための臨床試験そのものが、結果の良い試験だけの公開につながるというバイアスの下地となるわけである。精神科の薬 フレッシュアイペディアより)

  • ベンゾジアゼピン

    ベンゾジアゼピンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ベンゾジアゼピンを長期間の使用に対しては承認しておらず、特定の条件で短期間にのみ適応がある。ロシュ社では、同社の製品であるバリウム(ジアゼパム)の添付文章にて、ベンゾジアゼピンを精神病の治療には推奨していない。ベンゾジアゼピンの使用は自殺の可能性があるため、単独で不安の治療に使用してはならないとしている。ベンゾジアゼピン フレッシュアイペディアより)

615件中 31 - 40件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード