338件中 51 - 60件表示
  • 2000年の政治

    2000年の政治から見た食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    3月21日 - アメリカ連邦裁判所、食品医薬品局のタバコ管轄権を認めない判断を下す。これによりアメリカ連邦政府によるタバコ規制は違憲であると判断された。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ファインケミカル

    ファインケミカルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    新しい薬が、発売により医薬品やそれらの中間体における化学の本質は、ファインケミカル同様に少量生産になる。生理活性物質の材料は工場で分離され、粉末になり、不活性な顔料、溶媒、賦形剤と共に錠剤に成型される。医薬品や中間体のファインケミカルの製造において、作業標準の厳格な準拠が必要で、尚且つ、(アメリカでは)特にアメリカ食品医薬品局 (FDA) の食品医薬品当局によって監督される。ファインケミカル フレッシュアイペディアより)

  • ポリグリコール酸

    ポリグリコール酸から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    高分子ポリマーが得られる代表的な方法は、グリコール酸の環状ジエステルであるグリコリドの、開環重合である。当のグリコリドは低分子PGAを減圧で加熱しするとジエステル体(グリコリド)は留出するので、これを捕集する。グリコリドの開環重合にはさまざまな触媒があり、アンチモン化合物系触媒には三酸化アンチモンやアンチモントリハライドがあり、亜鉛化合物系触媒として乳酸亜鉛、スズ化合物系触媒として2-エチルヘキサン酸スズ(II)やスズアルコキシドがある。中でもFDAが食品安定化剤として認可している2-エチルヘキサン酸スズ(II)が重合開始剤として広く使用されている。特許開示されている他の触媒としてはアルミニウムイソプロポキシドやカルシウムアセチルアセトナートやいくつかのランタノイドアルコキシド(例、イットリウムイソプロポキシド)があげられる。手短に開環重合反応の概略を示す。ポリグリコール酸 フレッシュアイペディアより)

  • 硫酸水素ナトリウム

    硫酸水素ナトリウムから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    硫酸水素ナトリウムは、主にpH降下剤として用いられている。試薬純度のものは、金属の表面処理や洗浄剤、水の塩素処理の助剤として用いられる。硫酸水素ナトリウムは、米国飼料検査官協会によって、動物飼料への添加物として認められている。また、ネコの尿路結石を減らす尿酸性化剤としても用いられている。アメリカ食品医薬品局は、硫酸水素ナトリウムをGRAS(一般に安全と認められる)としている。EU. Food Gradeでは、E514iiのE番号で示され、飲料、ドレッシング、ソース、フィリング等の様々な食品に用いられる。食肉の褐変防止にも広く用いられている。硫酸水素ナトリウム フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のペットフード大量リコール事件

    2007年のペットフード大量リコール事件から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    3月の終わりまでにある獣医学の機関が500匹に近い腎不全にかかったペットのうち100匹以上が死亡したとし、あるウェブサイト上の調べによると4月11日までに3600匹の死亡が報告されている。アメリカ食品医薬品局(FDA)は数千匹の犬と猫が汚染されたペットフードを食べたために死亡したという報告を受けたが、FDAには動物の病気や死亡に関するデータベースがなかったため、わずか14のケースしか確認することができなかった。その結果、多くのメディアは病気にかかったペットの実際の数は分からないかもしれないと推測し、専門家は実際の潜在的な死亡数が数千匹に上るのではないかと憂慮した。2007年のペットフード大量リコール事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のペットフード大量リコール事件の年表

    2007年のペットフード大量リコール事件の年表から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は病因の可能性の1つとして、中国から輸入した小麦グルテンに工業用化学物質であるメラミンが含まれていたことが確認されたと報告した。FDAは小麦グルテンが徐州安営生物技術開発有限公司websiteが生産したものであることを特定し、輸入を禁止した。そして汚染はドライフードにも及んでいるかもしれないと語った。2007年のペットフード大量リコール事件の年表 フレッシュアイペディアより)

  • IC50

    IC50から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    IC50は元来英語の"half maximal (50%) inhibitory concentration"の略語であるが、現在ではIC50の表記の方が一般的である。しばしば対象にされる化合物とは医薬品候補化合物である。この定量的値は、特定の薬物もしくはその他の物質(阻害剤)が注目する生物学的プロセス(もしくはプロセスの要素、例えば酵素、細胞、受容体、微生物)の半数を阻害するにはどれだけの濃度が必要かを示し、より低い値を示す化合物は阻害剤としての活性がより高いと言える。IC50は薬学研究において阻害剤の有効性を示す値として広く用いられている。便宜上-log IC50で算出されるpIC50が代わりに用いられることもある。この場合より大きな値は指数関数的により大きな有効性を示している。FDA(アメリカ食品医薬品局)によればIC50はin vitroにおける50%阻害のために必要な薬物の濃度を表している。IC50 フレッシュアイペディアより)

  • 松谷化学工業

    松谷化学工業から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    1990年 「パインファイバー」FDA(米国食品医薬局)のGRASの承認。松谷化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 天仙液

    天仙液から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    香港の中日飛達聯合有限公司から20数カ国に輸出されている。アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)からサプリメントとして認可されており、台湾では栄養補助食品、中国をはじめ、オーストラリアやタイではすでに医薬品として登録されている一方、日本では現在未承認である。天仙液 フレッシュアイペディアより)

  • オルゴン

    オルゴンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ライヒは1954年にFDAにオルゴン・アキュムレーターの販売が、がん治療機の不法製造販売にあたると訴訟をされ、その時の裁判所の命令に従わなかったため、1957年投獄、同年11月3日コネチカット刑務所で心臓発作で死亡した。オルゴン フレッシュアイペディアより)

338件中 51 - 60件表示