338件中 61 - 70件表示
  • ステビア

    ステビアから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2008年12月18日までに、シカゴにある甘味料大手メリサントが承認の申請をしたステビア甘味料「ピュアビア」、およびミネソタ州の穀物商社カーギルが申請したステビア甘味料「トゥルビア」を承認した。ステビア フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国国家食品薬品監督管理局

    中華人民共和国国家食品薬品監督管理局から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    食品、健康食品、化粧品の品質安全管理と医薬品(漢方原料、漢方薬、中国特許薬品、化学原材料とその製剤、抗生物質、生化薬品、生物製品、診断薬品、放射性薬品、麻酔薬品、毒性物質、向精神薬品、医療機器、衛生材料、医薬品梱包材料等)の研究、製造、流通、利用に際しての行政管理と技術監督、薬品全般、食品、保健品と化粧品の生産と品質の認証の管理監督業務を中国大陸で統括する。日本の厚生労働省医薬食品局や米国のFDAに相当する。中華人民共和国国家食品薬品監督管理局 フレッシュアイペディアより)

  • ランソプラゾール

    ランソプラゾールから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ランソプラゾール()とは、胃からの酸の産生を抑制するプロトンポンプ阻害薬の一つ。ランソプラゾールは世界中の多くの企業で生産されており、種々の商品名がある(Prevacid、Helicid、Zoton、Inhibitolなど)。アメリカ食品医薬品局は、1995年にランソプラゾールを最初に認可した。ランソプラゾール フレッシュアイペディアより)

  • 米国国家毒性プログラム

    米国国家毒性プログラムから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局(FDA)・国立毒性研究センター(NCTR)米国国家毒性プログラム フレッシュアイペディアより)

  • バイオバーデン

    バイオバーデンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    原料の処置基準値は、アメリカ食品医薬品局等の取締機関によって定められ、最終製品の安全性が確保される。バイオバーデン フレッシュアイペディアより)

  • サルメテロール

    サルメテロールから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2005年11月アメリカ食品医薬品局(FDA)は、長時間作用性β2アドレナリン受容体刺激剤(LABA)の使用が、重篤喘息の悪化と喘息関連死のリスクの増大に関係していると発表した。サルメテロール フレッシュアイペディアより)

  • 日本シエーリング

    日本シエーリングから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2006年 第一ラジオアイソトープ研究所(現 富士フイルムRIファーマ)と日本初のRI標識抗体療法剤「ゼヴァリン®」(抗悪性腫瘍剤・放射標識抗CD20モノクローナル抗体。2002年、アメリカ食品医薬品局により世界初の放射免疫治療薬として承認)に関する共同事業契約締結(2008年承認、富士フイルムRIファーマから発売)日本シエーリング フレッシュアイペディアより)

  • スパルテイン

    スパルテインから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    スパルテイン(sparteine)は、クラスIa抗不整脈薬の一種。ナトリウムチャネル阻害剤である。スパルテインはエニシダ(Cytisus scoparius) から抽出できるアルカロイドである。ザッショクノボリフジ (Lupinus mutabilis) 中の主要なアルカロイドであり、二価のカルシウムおよびマグネシウムをキレートすると考えられている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) ではヒトに対する抗不整脈薬としては承認されておらず、ヴォーン・ウィリアムズ分類には含まれていない。スパルテイン フレッシュアイペディアより)

  • メチル水銀

    メチル水銀から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    メチル水銀は脂溶性の物質であるため生物濃縮を受けやすい典型的な毒物である。そのため、食物連鎖の高次を占める捕食者に高度に濃縮されて蓄積される。メチル水銀はまずプランクトンの体内で濃縮される。プランクトンから小魚、より大きな魚と順次に捕食され、それらの体内でメチル水銀はさらに濃縮されることとなる。生体内からのメチル水銀の排出は遅いため、生体蓄積の程度は高くなる。大きな肉食魚の場合、小魚の100倍ものメチル水銀を保持することになる。これにより最終捕食者の人間等に水俣病が発生した。また、米国のFDAは胎児に対する有機水銀の影響を理由に、妊婦がマグロ、金目鯛などの海産物を摂取制限するように勧告している。メチル水銀 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シュルギン

    アレクサンダー・シュルギンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    シュルギンは、薬物を2種類に分類した。MDMAやメスカリンなど、神経伝達物質ドーパミンに作用するフェネチルアミン系と、LSDやDMT、マジックマッシュルームの成分であるシロシビンなど、セロトニンに作用するトリプタミン系である。179種類のフェネチルアミンについて書かれた『ピーカル』(PiHKAL)と、トリプタミン系化合物について書かれた『ティーカル』(TiHKAL)という代表的な大著を妻のアンと共著で出版している。これらの本は化学物質の概要と合成方法、摂取方法や心理的作用について詳細に説明された本である。アメリカ食品医薬品局(FDA)はヴィルヘルム・ライヒの死後、その記録と文書を処分したが、サーシャにも同じようなことが起こると思い研究を残すためにこれらの本を出版することにした。情報の自由に対する情熱である。アレクサンダー・シュルギン フレッシュアイペディアより)

338件中 61 - 70件表示