615件中 61 - 70件表示
  • コンピュータ支援診断

    コンピュータ支援診断から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    シカゴ大学カートロスマン研究所の土井教授らが代表的な研究者として知られており、研究・開発は1985年より開始されている。1998年には、シカゴ大からライセンスを受けたベンチャー企業がマンモグラフィーにおけるCADシステムを商品化し、アメリカ食品医薬品局の認可を受けた。これを端緒として、CADシステムの実用化が相次ぐこととなった。コンピュータ支援診断 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオニクス

    ラジオニクスから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    さらにエイブラムスは、一滴の血液をサンプルとして電話線を使って数キロメートル離れた患者の診断を遠隔で行ったと「物理臨床雑誌」に報告した。この内容は、アメリカ医師協会の反感を買い、協会は協会誌にエイブラムスをニセ医師だとして攻撃した。1924年にエイブラムスが死亡したあと、米国では彼に対する批判が「サイエンティフィック・アメリカン」誌に連載され、1954年にはFDAによってオシロクラストの実質的な使用差し止めを決定。ERAは医学の表舞台から姿を消した。ラジオニクス フレッシュアイペディアより)

  • ボストン大火

    ボストン大火から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    当時、ハーバード大学の学生だったハーヴェイ・W・ワイリー(Harvey W. Wiley)(後年「連邦食品・医薬品法の父」と称されたアメリカ食品医薬品局初のコミッショナー)は消火活動に参加し、後にその時の経験について自伝で言及している。ボストン大火 フレッシュアイペディアより)

  • シーラント (歯科)

    シーラント (歯科)から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    この側面に対処するため、1960年代から1970年代はじめに第一世代のシーラントが開発され、アメリカ食品医薬品局により承認された。シーラント (歯科) フレッシュアイペディアより)

  • テトラヒドロビオプテリン

    テトラヒドロビオプテリンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    サプロプテリンはKuvanという商品名でテトラヒドロビオプテリン二塩酸塩の形で販売されている。これは、BioMarin社によって開発され、2007年12月13日にアメリカ食品医薬品局によって認可された。サプロプテリンはフェニルケトン尿症のためだけに合成された薬品である。Kuvanはフェニルアラニンの血中濃度を持続的に下げる効果がある。テトラヒドロビオプテリン フレッシュアイペディアより)

  • 糖アルカロイド

    糖アルカロイドから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    Lane Labs USA Inc.では、皮膚がんの予防のために糖アルカロイドを基にした薬品を販売していたが、未承認薬として2004年にアメリカ食品医薬品局によって禁止された。類似の糖アルカロイドのゲルは、現在も皮膚剥脱用として販売されている。糖アルカロイド フレッシュアイペディアより)

  • ChemSpider

    ChemSpiderから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    A-L: EPA DSSTox, FDA, Human Metabolome Database, Journal of Heterocyclic Chemistry, KEGG, KUMGM, LeadScope, LipidMAPSChemSpider フレッシュアイペディアより)

  • Shantou Institute of Ultrasonic Instruments Co., Ltd

    Shantou Institute of Ultrasonic Instruments Co., Ltdから見たFDAアメリカ食品医薬品局

    1997年 ISO 9001、米国FDA、欧州CEマーク認証を取得。Shantou Institute of Ultrasonic Instruments Co., Ltd フレッシュアイペディアより)

  • ミラドライ

    ミラドライから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ミラドライ()とは、アメリカの M が2006年に開発し、2011年にアメリカ食品医薬品局 () の承認を得た、脇の下の多汗症を治療する非侵襲性のマイクロ波を用いた技術の登録商標名。腋窩多汗症または過度の腕の下の発汗は、体を冷やすために必要以上に多くの汗を生産してしまう、汗腺が活発すぎる病気の症状。ミラドライは、脇の下の汗腺を手術で切ること無しに破壊する選択肢として初めての治療法。処方薬のような他の治療法は、一生継続的な治療が必要になる。ミラドライ フレッシュアイペディアより)

  • 17-ヒドロキシプロゲステロン

    17-ヒドロキシプロゲステロンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    早産を防ぐためのカプロン酸ヒドロキシプロゲステロンの使用は、2つの専門機関による研究なしでは推奨されない。2006年、コクラン共同計画は、"早産を防ぐプロゲステロン治療に限った損害の可能性に関して、母と子からの重大な情報の報告は乏しい"と結論づけた。そして、類似した結論がMarc Keirse教授によって報告された。3回の臨床研究を実施し、カプロン酸ヒドロキシプロゲステロン250mg/weekを筋肉内に投与した場合と偽薬を投与した場合の流産の減少を比較した。また、アカゲザルの子宮内の胎児にヒト当量の1?10倍のカプロン酸ヒドロキシプロゲステロンを投与する実験も行われた。現在、FDA(胎児への害に関する証明)によるとカプロン酸ヒドロキシプロゲステロンはカテゴリDプロゲスチンである。また、明確ではないがひまし油に含まれるカプロン酸ヒドロキシプロゲステロンが妊娠に有益な効果があると考えられている。17-ヒドロキシプロゲステロン フレッシュアイペディアより)

615件中 61 - 70件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード