338件中 71 - 80件表示
  • 適正農業規範

    適正農業規範から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ合衆国農務省のガイドラインと原則は、アメリカ食品医薬品局が1998年に発表した"Guide to Minimize Microbial Food Safety Hazards for Fresh Fruits and Vegetables." (『微生物による生鮮青果物の食品安全性への危害要因を最小限にするための手引き。』)を基にしている。適正農業規範 フレッシュアイペディアより)

  • アルグルコシダーゼ アルファ

    アルグルコシダーゼ アルファから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    希少疾病用医薬品製造会社である「ジェンザイム」により開発された。ポンペ病はα1,4グリコシダーゼという酵素の欠損によりあらゆる細胞のライソゾームにグリコーゲンが大量に蓄積する病態である。マイオザイムはこの欠損酵素を補充する酵素補充療法のための薬剤であり、それによりポンペ病の病態を改善させることができる。欧州連合(EU)では2006年3月に認可され、2003年4月にアメリカ食品医薬品局(FDA)により子供への酵素補充療法の薬剤として認可された。日本国においては、患者団体の強い要望もあり、2006年2月には希少疾病用医薬品に指定され、2007年4月18日に製造承認を取得し、同年6月8日に薬価収載、同年6月11日に発売された。アメリカのポンペ病患者の父親がマイオザイム開発のために奔走しており、その様子は2010年に「小さな命が呼ぶとき」として映画化されている。アルグルコシダーゼ アルファ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の事務局長、デヴィッド・ハウマンは、ランス・アームストロングの一連のドーピング疑惑に関連して、昨年夏に、アメリカ食品医薬品局(FDA)のジェフ・ノヴィツキー(:en:Jeff Novitzky)に協力を依頼して、アームストロング及びUSポスタルに関する調査を行っていたことを明らかにした。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 中国製品の安全性問題

    中国製品の安全性問題から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2007年6月、米国で、中国製の医薬品原料を含んだ米国製の血液凝固阻止剤「ヘパリンナトリウム」を使用した患者21人が死亡、300人以上がアレルギー症状を訴えた。販売会社であるバクスターの中国工場については、FDAの調査が行われていなかったことが問題となっている。中国製品の安全性問題 フレッシュアイペディアより)

  • キンダーサプライズ

    キンダーサプライズから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカでは食品医薬品局(FDA)が幼児の誤飲を防ぐために、食品内に玩具を入れる事を禁止している。類似の商品の場合も、中にはキャンディー等の食品が入っている。実際にはヨーロッパ方面から輸入されたキンダーサプライズが販売されている場合があるが、違法である。国境でも、キンダーサプライズの持込がチェックされており発見された場合には没収される。税関によると、2009年に押収されたキンダー・サプライズは2万5000個。キンダーサプライズ フレッシュアイペディアより)

  • コンパニオン診断

    コンパニオン診断から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    2011年7月14日にアメリカ食品医薬品局(FDA)は「試験管内コンパニオン診断機器」(”In vitro companion diagnostic devices”)に関するドラフトガイドラインを発表した。このガイドラインでは、新規に開発される医薬品は、薬効や副作用を投薬前に予測するためのコンパニオン診断法も同時に開発し、承認を受けることが推奨されている。FDAはドラフトガイドラインに対する意見を勘案し、2012年に最終版ガイドラインを発表するとしている。コンパニオン診断 フレッシュアイペディアより)

  • 規制物質法

    規制物質法から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    それぞれの薬物が包括する様々な薬物資格と共に5つの分類(スケジュール、Schedule)を、法律は設けた。初期の薬物一覧はアメリカ合衆国議会により策定されてはいるものの、司法省および保健福祉省(これに食品医薬品局も含まれる)の2つの連邦省庁が薬物をどの分類に区分するか決定する。分類の決定は、「乱用の可能性」、「アメリカ合衆国での一般に認められた医学的用途」、および「中毒の可能性」の評価によって行われるよう義務付けられている。規制物質法 フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ケルシー

    フランシス・ケルシーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    フランシス・ケルシー('')、Ph.D., M.D.,(1914年7月24日-)は、アメリカ合衆国内におけるサリドマイド薬害を最小限に食い止めたことで知られるアメリカ人の薬理学者、医師である。彼女はアメリカ食品医薬品局 (FDA) の審査官(reviewer)として担当した、睡眠薬のサリドマイドの米国内における市販認可を、その安全性についての疑念に基づき、様々な圧力に屈することなく、約1年間に渡り拒絶した。彼女の当初の懸念は、約1年後にサリドマイドが深刻な催奇性を有することが判明したため、正当であることが立証された。ケルシーの功績は、製薬業界に対するFDAの監督強化を行う法律の成立に影響を与えている。フランシス・ケルシー フレッシュアイペディアより)

  • 重回帰分析

    重回帰分析から見たFDAアメリカ食品医薬品局

    R言語 - 統計解析言語。重回帰分析だけでなく多変量解析ほか多くの統計関数を標準装備したフリーウェア。『モデル式』でモデル記述や当てはめが容易。他アプリケーションのファイル取込やODBC接続対応。FDA公認。CRANなる仕組で世界の膨大なソフトを無償利用可能。可視化機能に優れ、日本語対応。マルチプラットフォーム。Rの基本パッケージ中の回帰、分散分析関数一覧 重回帰分析はlm関数で行えるほか、独自に書かれた関数もある:12。重回帰分析 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の汚染タンパク質輸出問題

    中国の汚染タンパク質輸出問題から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    メラミン入りの中国産の粗悪品の噂は世界的に広がり、人間の食品の供給に対しても懸念された。4月27日、アメリカ食品医薬品局(FDA)はすべての中国産植物性タンパク質(小麦グルテン、コメグルテン、コメタンパク質、濃縮コメタンパク質、トウモロコシグルテン、ひきわりトウモロコシグルテン、トウモロコシ副産物、大豆タンパク質、大豆グルテン、アミノ酸及びタンパク加水分解物を含むタンパク質、リョクトウタンパク質)を無検査で市場から抑留した。5月1日、FDAと米国農務省 (USDA) の職員は米国に住む250?300万の人々が汚染された中国産タンパク質を飼料に使った鶏肉を消費したことを明らかにした。中国の汚染タンパク質輸出問題 フレッシュアイペディアより)

338件中 71 - 80件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード