615件中 71 - 80件表示
  • セレコキシブ

    セレコキシブから見たFDAアメリカ食品医薬品局

    2004年にCOX-2阻害剤のロフェコキシブ(Vioxx)が市場から回収され、特にセレコキシブ等のCOX-2選択的NSAIDsをはじめとするNSAIDsの使用で心臓発作や脳卒中のリスクが増大するのではないかとの懸念が高まった。アメリカでは、発売されている全てのNSAIDsで心血管系および消化管のリスクについてFDAは「黒枠警告」を義務付けている。セレコキシブ フレッシュアイペディアより)

  • ハリコンドリンB

    ハリコンドリンBから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    エリブリンメシル酸塩(商品名ハラヴェン)は2010年11月15日に米国食品医薬品局 (FDA) から「アントラサイクリン系およびタキサン系抗がん剤を含む少なくとも2種類のがん化学療法による前治療歴のある転移性乳がん」に対する抗がん剤として承認された。2010年現在、エーザイによって局所再発性・転移性乳がんに対する治療薬として日本、欧州、スイス、シンガポールで承認申請が行なわれている。末期転移性乳がんに加えて、非小細胞肺がんや、前立腺がん、肉腫など様々な固形がんに対するエリブリンの適応がエーザイによって研究されている。ハリコンドリンB フレッシュアイペディアより)

  • セフジニル

    セフジニルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    セフジニル(Cefdinir、商品名セフゾン)とは、第三世代セファロスポリンに属する抗生物質である。日本では第三世代セフェムと呼ばれることも多い(いずれもセファロスポリン参照)。この薬剤は半合成で作られ、広い抗菌スペクトルを持っている。米国では1997年2月にFDAの承認を受けた。日本では藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)が1991年11月に発売した。セフジニル フレッシュアイペディアより)

  • スタノゾロール

    スタノゾロールから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドである。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されている。1962年にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された。スタノゾロール フレッシュアイペディアより)

  • オレストラ

    オレストラから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    オレストラはアメリカ食品医薬品局によって食品添加物として1996年認可され、主にLay's WOW chipsというポテトチップスに使用された。1998年には4億ドルを越える売り上げを記録したが、2000年にはその半分にまで売り上げは落ち込んだ。これはいくつかのビタミンの吸収を妨げ、腹痛、下痢を引き起こす場合があるという、健康に関する注意書きをアメリカ食品医薬品局より義務づけられたことによる1。この結果として、オレストラは(注意書きには書いていないのに)便失禁を引き起こすことまで認知されてしまった。オレストラ フレッシュアイペディアより)

  • バナナジン

    バナナジンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドノヴァンのヒット曲Mellow Yellow はBerkeley Barb誌に悪戯が掲載されたのと同じ月にリリースされ、この曲は、バナナの皮を吸った時の情景を表していると捉えられた。この見方はその後ニューヨーク・タイムズにも取り上げられた。数年経つと、Mellow Yellowの曲の方がBerkeley Barb誌の記事の元ネタになったという噂が広まった。2005年10月のラジオのインタビューでドノヴァンは、シングルのリリースの1週間ほど前にサンフランシスコでこの噂をし始めたのはフォーク歌手のカントリー・ジョー・マクドナルドだと語った。マクドナルド自身も同様のことを語り、さらにこの噂が広まった後、ドノヴァンのコンサートに行く人達がみんなバナナを買い求め、品切れになる店が続出したという話も付け加えた。1980年代にパンクバンドのデッド・ミリカンもバナナの皮の幻覚作用に関する曲をリリースした。そしてついにアメリカ食品医薬品局 (FDA) まで調査を行うに至った。バナナジン フレッシュアイペディアより)

  • フッ化物洗口

    フッ化物洗口から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    広大な研究の結果として、週1回の0.2%フッ化ナトリウム洗口、毎日の0.05%フッ化ナトリウム洗口、毎日の0.2%フッ化物(酸性リン酸フッ化物APF)洗口の3つの洗口体系がアメリカ食品医薬品局により認可され、ADAにより承認された。フッ化物洗口 フレッシュアイペディアより)

  • エキシマレーザー

    エキシマレーザーから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    視力矯正手術(屈折矯正手術)において、エキシマレーザー光は波長が短いため角膜の一部分を必要なだけ正確に除去することが可能である。レーザーといっても熱を発するものではなく、衝撃波がないため熱に弱い角膜組織に悪影響を与えることがない。したがってエキシマレーザーを使ったレーシック手術は痛みをほとんど伴わず、視力回復が早いという特徴がある。アメリカでは1995年にFDA(米国食品医薬品局)によって、日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によってその使用が認可されている。また、エキシマレーザーに発癌性のないことが確認されている。エキシマレーザー フレッシュアイペディアより)

  • ランバクシー・ラボラトリーズ

    ランバクシー・ラボラトリーズから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    しかし、以前からランバクシーの工場における衛生管理問題がFDAから指摘されており、買収発表後の9月に対米輸出停止措置がなされた。FDAとは一度和解で同意したものの、2013年に再び禁輸措置を受けている。翌2014年には禁輸対象が拡大されたほか、試験結果の改竄行為が行われていた事がFDAの報告書で明らかになった。ランバクシー・ラボラトリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドッグフード

    ドッグフードから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    米国のアメリカ食品医薬品局(FDA)は通達で、生食は擁護しないが、もし生食をさせるならペットと飼い主の健康被害を最小限に抑えられるように、基本的な衛生基準に則って生肉の取扱いに気をつけながら与えるように推奨している。ドッグフード フレッシュアイペディアより)

615件中 71 - 80件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード