338件中 81 - 90件表示
  • チャボタイゲキ

    チャボタイゲキから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    この植物の汁は、急速に複製するヒトの組織に対して毒性があり、がんを含む一般的な皮膚の病変に対する伝統的治療薬として長い間使用されてきた。活性成分はインゲノール 3-アンゲラートと呼ばれるジテルペンエステルである。インゲノール 3-アンゲラートを含むゲルは日光角化症の治療薬としてアメリカ食品医薬品局 (FDA) に認可された。チャボタイゲキ フレッシュアイペディアより)

  • 藤井善隆

    藤井善隆から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    藤井が捏造データの発表を始めたのは1993年であったようだ。藤井の不正行為に対する最初の告発は、2000年に『Anesthesia & Analgesia』誌の「編集者への手紙 (Letter to the editor)」欄に寄せられたピーター・クランケ (Peter Kranke)、クリスチャン・アプフェル (Christian Apfel) らの寄稿であった。この「手紙」は、手術後の吐き気や嘔吐の抑制にグラニセトロンの有効性について藤井が報告した知見について、47本の論文で報告されたデータは「信じられないほど良好 (incredibly nice) であった」が、「すべての集団に関して副作用についての記述が同じであることに気づき、疑問をもつようになった」と述べていた。同じ著者たちによって2001年に『Acta Anaesthesiologica Scandinavica』誌に発表された論文は、グラニセトロンの効果に関する藤井のデータと、他の研究者たちの知見との間には「一貫した不一致」があることを報告した。藤井は、自分の業績に対するこうした批判を否定し、自分の得た結果は「真実」であり「どれだけ証拠を出せば十分な証明になるのか?」と反問した。アプフェルはアメリカ食品医薬品局や日本の医薬品行政当局、日本麻酔科学会に書簡を送り、藤井のデータに信頼性を欠くおそれのある部分があることを警告したが、どこからも応答はなかった。藤井の業績の検証を求める制度的な動きは起こらず、学術誌は藤井から投稿された新しい論文を受理し続けた。『Anesthesia & Analgesia』誌の編集者たちも、2010年ころまでは、藤井に対する告発を取り上げようとはしなかったが、『Anaesthesia』誌の編集者が改めてこの件に懸念を表明したことがきっかけとなり、『Anesthesia & Analgesia』誌をはじめいろいろな学術誌の編集者たちが協力して、藤井の研究業績を検証することになった。2012年3月、『Anesthesia & Analgesia』誌の編集者は、2000年の告発について、それが「不十分なもの」であったと表明した藤井善隆 フレッシュアイペディアより)

  • 富田製薬

    富田製薬から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1989年 - 米国FDAの査察に合格。富田製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 高陽社

    高陽社から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ハワイ州コナ島沖取水の「超☆海洋深層水100%マハロ」は、海洋深層水として初めてFDA(アメリカ食品医薬品局)及びDOH(ハワイ州保険局)の認可を受けた。2006年には、フィリピンでの販売開始を発表した。高陽社 フレッシュアイペディアより)

  • ハリコンドリンB

    ハリコンドリンBから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    エリブリンメシル酸塩(商品名ハラヴェン)は2010年11月15日に米国食品医薬品局 (FDA) から「アントラサイクリン系およびタキサン系抗がん剤を含む少なくとも2種類のがん化学療法による前治療歴のある転移性乳がん」に対する抗がん剤として承認された。2010年現在、エーザイによって局所再発性・転移性乳がんに対する治療薬として日本、欧州、スイス、シンガポールで承認申請が行なわれている。末期転移性乳がんに加えて、非小細胞肺がんや、前立腺がん、肉腫など様々な固形がんに対するエリブリンの適応がエーザイによって研究されている。ハリコンドリンB フレッシュアイペディアより)

  • タダラフィル

    タダラフィルから見たFDAアメリカ食品医薬品局

    2011年10月、研究に基づき、米国FDAより前立腺肥大症治療に対して承認が下りた。タダラフィル フレッシュアイペディアより)

  • 研究製造業務受託サービス

    研究製造業務受託サービスから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    研究製造業務受託サービスは、アメリカ食品医薬品局(FDA)などの国際標準規格に則った製品を供給できる低コスト生産者(注目されているのは、インドの製薬会社)の出現により生まれた。研究製造業務受託サービス フレッシュアイペディアより)

  • オレストラ

    オレストラから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    オレストラはアメリカ食品医薬品局によって食品添加物として1996年認可され、主にLay's WOW chipsというポテトチップスに使用された。1998年には4億ドルを越える売り上げを記録したが、2000年にはその半分にまで売り上げは落ち込んだ。これはいくつかのビタミンの吸収を妨げ、腹痛、下痢を引き起こす場合があるという、健康に関する注意書きをアメリカ食品医薬品局より義務づけられたことによる1。この結果として、オレストラは(注意書きには書いていないのに)便失禁を引き起こすことまで認知されてしまった。オレストラ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア大学サンフランシスコ校

    カリフォルニア大学サンフランシスコ校から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    デイヴィッド・ケスラー(医学学院長、クリントン政権下アメリカ食品医薬品局総監)カリフォルニア大学サンフランシスコ校 フレッシュアイペディアより)

  • ジヒドロキシアセトン

    ジヒドロキシアセトンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    1970年代にアメリカ食品医薬品局が化粧品用の成分として認可した。ジヒドロキシアセトン フレッシュアイペディアより)

338件中 81 - 90件表示