615件中 81 - 90件表示
  • 豚鞭虫

    豚鞭虫から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局では豚鞭虫卵剤をinvestigational new drug(IND)と認め、豚鞭虫卵のヒトに対する安全性の検討が始まっている。欧州医薬品庁でも豚鞭虫の卵の服用が治療法として検討されている。メカニズムとしては第一に制御性T細胞を活性化させてインターロイキン-10やトランスフォーミング増殖因子-βの産生を促す。第二に寄生虫が制御性樹状細胞やマクロファージなどの細胞に何らかの働きかけをして、Th2細胞のスイッチが入るのを防ぐ。第三に寄生虫が腸内細菌叢の状態を変化させることなどが考えられている。豚鞭虫 フレッシュアイペディアより)

  • メロキシカム

    メロキシカムから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    メロキシカムは家畜に対しても用いられる。主に犬や猫に対してであるが、認可外ではあるものの牛や外来種等、他の動物にも用いられる。アメリカ食品医薬品局は、製造者に対して、認可外使用の奨励についての違反通告を送付した。アメリカ合衆国では、この薬品は犬の変形性膝関節症での痛みや炎症の制御のみに用いられる。この薬品が1990年代初頭から入手可能であったヨーロッパでは、犬の急性及び慢性痛の緩和を含む他の抗炎症用にも使用が認められている。動物の副作用は、ヒトのものと似ており、最も主要な副作用は胃腸の炎症(嘔吐、下痢、潰瘍)である。数は少ないが重篤な副作用には、肝臓や腎臓に対する毒性がある。メロキシカム フレッシュアイペディアより)

  • パーコール

    パーコールから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    パーコールはかつて(ART)において、体外受精や人工授精の際に密度勾配遠心によって精液から精子を分離するために用いられていた。しかし1996年、(当時パーコールの製造元であった)ファルマシア社は、「パーコールは実験目的でのみ利用されるべきであり、臨床に使うべきではない」とする書簡を医療機関に送った。ファルマシア社はパーコールを精子分離のための製品としては展開しておらず、そのような臨床向けの製品はファルマシア社の製品をサードパーティーが再パッケージ化し、販売していたものだった。アメリカ食品医薬品局の警告状によれば、未確認ながら PVP は精子に損傷を与える可能性があり、またパーコールの特定のロットには高レベルのエンドトキシンを含むものが確認されているとの事であった。エンドトキシンは重度の炎症や発熱を引き起こし得るため、後者の問題は精子に限らず患者の体内に戻す全ての細胞について憂慮される問題であった。これらの報告を受け、ART に用いられる密度勾配の基質は他のコロイドに変更された。パーコール フレッシュアイペディアより)

  • オーデコ

    オーデコから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ヘッドバンドについたカメラが捉えた映像を電気信号に変換し、電気刺激として額に伝える「FRS(額網膜システム)」。指先の触覚を使って点字を読むのと同じように、額の触覚を使って目の前の情景を認識するものである。後天的に全盲となってしまった人の場合は、単純な文字も額で感じて読める。目の代わりに額の触覚を使ってモノを認識させるというのは世界初の試みだが、ヒントになったのは聴覚のないイギリス人のパーカショニストがステージでは靴を脱ぎ、素足で音を感じて演奏する記事を見て「足の裏が鼓膜になるなら、人間の額が網膜になってもいいのでは?」と着想したと開発者は話す。1998年から視覚障害者の額を利用することに着目し研究を続け、2003年10月に「網膜の代替手段として額を利用する手法」として特許を取得。2005年10月、「メディカルイノベーションサミット」に試作品を出品。2007年9月10日、アメリカ食品医薬品局(FDA)にFSRSの510(K)カテゴリーでの認可を申請。2009年4月、試作5号機が商品第1号として製品化された。日本盲人会連合等が共催する視覚障害者向け総合イベント 「サイトワールド」には第2回の2007年から毎年出品を行っている。オーデコ フレッシュアイペディアより)

  • バクセル

    バクセルから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    テラ株式会社が提供する樹状細胞ワクチン「バクセル」の類似技術で米国のデンドリオン社のプロベンジ(一般名:Sipuleucel-T)が2010 年前立腺癌を対象にFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けている。プロベンジは合計約2,000症例の実績を持つ。バクセル フレッシュアイペディアより)

  • ジエンジオン

    ジエンジオンから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ジエンジオン(Dienedione)は、アナボリックステロイドであり、ジエノロンの前駆体である。2010年1月4日にアメリカ合衆国における規制物質となり、規制物質法の付表IIIのアナボリックステロイドとして分類された。この前には、アメリカ合衆国内でも筋肉増強サプリメントとして販売されており、しばしば獣医学用のステロイドであるトレンボロンのプロホルモンとして誤って販売されることもあった。規制前に、アメリカ食品医薬品局が未認可の新薬を販売したとしてBodybuilding.comを摘発した際のサプリメントの多くにも含まれていた。活性型のジエノロンは、トレンボロンと構造的な類似性を持つが、11-炭素-エン結合を欠く。ジエンジオン フレッシュアイペディアより)

  • スパルテイン

    スパルテインから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    スパルテイン(sparteine)は、クラスIa抗不整脈薬の一種。ナトリウムチャネル阻害剤である。スパルテインはエニシダ(Cytisus scoparius) から抽出できるアルカロイドである。ザッショクノボリフジ (Lupinus mutabilis) 中の主要なアルカロイドであり、二価のカルシウムおよびマグネシウムをキレートすると考えられている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) ではヒトに対する抗不整脈薬としては承認されておらず、ヴォーン・ウィリアムズ分類には含まれていない。スパルテイン フレッシュアイペディアより)

  • Food and Drug Administration

    Food and Drug Administrationから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    Food and Drug Administration フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア品質

    ソフトウェア品質から見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    組み込みシステムでは、ソフトウェアの問題は単なる不便以上の問題を生じる。場合によっては人命にも関わる。その原因はユーザインタフェースの貧弱さから直接的なバグまで様々である。多くの人命に関わったプログラムのバグについては、Levenson の論文 Medical Devices: The Therac-25 (PDF) に詳しい。結果として、ソフトウェアの信頼性に関する要求仕様が生まれた。アメリカ合衆国では、アメリカ食品医薬品局 (FDA) と連邦航空局 (FAA) がソフトウェア開発についてその種の要求仕様を策定している。ソフトウェア品質 フレッシュアイペディアより)

  • モンサントの不自然な食べもの

    モンサントの不自然な食べものから見たアメリカ食品医薬品局アメリカ食品医薬品局

    ドキュメンタリーは、遺伝子組み換え種子の利用と販売促進、ダイオキシン類のポリ塩化ビフェニル(PCBs)、枯葉剤のオレンジ剤、およびウシ成長ホルモンをめぐる多くの議論を報告する。アメリカ(アニストン、アラバマを含む)、カナダ、インド、メキシコ、パラグアイ、イギリスおよびフランスの事例は、ドキュメンタリーによれば、企業の政治との癒着途中での指摘、圧力戦術、科学的データの抑制と操作、超法的手法が世界の農業の支配において同社の試みを支援したことを調査された。科学者、アメリカ食品医薬品局およびアメリカ環境保護局の代表、市民社会の代表、企業活動の犠牲者、弁護士および政治家がインタビューを受けている。モンサントの不自然な食べもの フレッシュアイペディアより)

615件中 81 - 90件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード

  • カルナバイオサイエンス

  • Amazonタイムセール情報

  • なりきりにゃんこ 胸に飛びこんでおいで! もふもふ猫の胸毛Tシャツ