1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示
  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たサッカリン

    本改正法によって、GRAS物質というカテゴリーが新たに設定された。しかし、のちにGRAS物質に含まれていたサッカリンやサイクラメートなどの人工甘味料にガン原性が疑われることとなり、GRAS物質はその安全性について再評価を余儀なくされる。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たジエチレングリコール

    1937年、テネシー州にあった製薬会社S. E. マッセンギル社が抗菌剤シロップとしてエリキシール・スルファニルアミドを市販、本剤に含まれていた腎毒性のあるジエチレングリコールによる中毒で、児童を中心に100名を越す死者を出すという事件が起こった。この事件は1906年法の欠点の一つを浮き彫りに、法改正への大きなきっかけとなった。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たペニシリン

    ペニシリン製剤が国家検定品目となる。この後、一旦すべての抗生物質が国家検定品目となったが、1983年にはそのすべてが除外されている。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たサルファ薬

    エリキシール・スルファニルアミド事件アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たインスリン

    インスリン製剤がFDAによってその純度や力価が検定されるいわゆる国家検定品目となった。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見たHACCP

    米国の食品の安全性は世界最高水準にあるにもかかわらず、食品由来の疾病は毎年7,600万人を襲い、年間5,000人もの死者を出している。CFSANはこの数字を縮小させるべく腐心しており、その成果の一つがHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point;危害要因分析必須管理点方式;今や食品衛生のグローバルスタンダードとなった感がある管理方式で1960年代にアメリカで開発された)システムである。CFSANは微生物学的な食品汚染の研究によって米国の食品由来疾病に関して確実な効果を収めて来ている。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示

「米食品医薬品局」のニューストピックワード