前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示
  • ルーセント・テクノロジー

    ルーセント・テクノロジーから見たAT&TAT&T

    ルーセント・テクノロジー(英: Lucent Technologies)は、それまでAT&Tテクノロジーと呼ばれていた企業から生まれた技術系企業であり、それにはかつてのウェスタン・エレクトリックとベル研究所が含まれていた。AT&Tからは1996年9月30日に分離した。日本では、ルーセント・テクノロジーズという呼称の方が一般的である。ルーセント・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • VERITAS File System

    VERITAS File Systemから見たAT&TAT&T

    VERITAS File System(VxFS)は、ベースのファイルシステム。VERITASソフトウェアが開発した。OEM契約により、VxFSはHP-UXオペレーティングシステムの主要ファイルシステムとして使われている(ただし、HP-UXでは JFS と呼ばれている)。また、ライセンスに基づきオンラインのデフラグメンテーションとリサイズをサポートしたものは Online JFS と呼ばれている。他にもAIX、Linux、Solaris、OpenSolaris、UnixWare、SCO OpenServer などでサポートされている。VxFSは、本来AT&Tの UNIX Systems Laboratories のために開発された。VxFSは Veritas Storage Foundation(他に Veritas Volume Manager を含む)の一部としてパッケージ化されている。VERITAS File System フレッシュアイペディアより)

  • ワング・ラボラトリーズ

    ワング・ラボラトリーズから見たAT&TAT&T

    6000万ドルで建設された3つの建物は、52万5千ドルで売却された。現在では、その建物は CrossPoint Tower と呼ばれ、シスコシステムズ、モトローラ、コダック、AT&Tなどのオフィスが入居している。ワング・ラボラトリーズ フレッシュアイペディアより)

  • PWB/UNIX

    PWB/UNIXから見たAT&TAT&T

    PWB/UNIXは、UNIXオペレーティングシステム黎明期にAT&Tのベル研究所で開発されたバリエーションのひとつ。PWBとは Programmer's Workbench(プログラマの仕事台)を意味する。PWB/UNIX フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・スカリー

    ジョン・スカリーから見たAT&TAT&T

    ジョブズがアップルを去ったのに前後して、1985年6月25日にスカリーとハード担当責任者であったガセー宛に、マイクロソフトのビル・ゲイツからAT&Tやヒューレット・パッカード、ソニーなど有力メーカにマッキントッシュのOSをライセンスするべきで、ゲイツ自身もその手助けを惜しまないという内容のメールが送られた。ゲイツは自社でのOS開発凍結も考えていたほど本気だったようだ。スカリーはOSライセンスの可能性の調査を指示したが、ガセーを筆頭に技術陣から猛反対を受けてこの提案は闇に葬られた。この判断は後々、スカリー最大の失策とも言われた。ジョン・スカリー フレッシュアイペディアより)

  • カーマーカーのアルゴリズム

    カーマーカーのアルゴリズムから見たAT&TAT&T

    カーマーカーはAT&Tに採用されたのち、彼がこのアルゴリズムを発見してからは、彼と雇用者のAT&Tは常にこの発明が実用上重要なものとなる、ということを信じて疑わなかった。1985年4月になるとすぐさまAT&Tは、カーマーカーのアルゴリズムを特許として出願し、ソフトウェア特許問題ついての従来からの論争に対し火に油を注いだ。ロナルド・リベストをはじめとする多くの数学者がこの事態の進展を不安視し(しかし、皮肉なことにロナルドはRSA暗号アルゴリズムの特許権保持者の一人である)、アルゴリズムはフリーであるべきとの考えに沿って研究を進めるとの意見を彼らの多くが述べていた。実際に特許が既に認可されたとしても、適用可能なが存在するとも考えられていた。フィリップ・ギル(Philip Gill)などをはじめとする数値解析を専攻する数学者たちは、適切な媒介変数を選択することで、カーマーカーのアルゴリズムが対数の射影ニュートン障壁法(projected Newton barrier method)と同値であることを証明した。ギルが提示した手法は1960年代から非線形計画法に広く利用されている。また事実として、1968年に初版が出版されたある著名な書籍には、線形計画問題の解法としてこの手法が明示されていた。しかしながら、数名が次のように述べている。彼らが主張する手法が「アルゴリズム」としてさえも見なされない限り、ギルの証明に誤りがある。なぜなら、その手法は内部的なアルゴリズムからは導けない媒介変数を選択する必要があることを示しているが、しかしそれは外部の補助に依存、すなわち実質的にはカーマーカーのアルゴリズムから導かれるものであるためである。そのうえ、ザルツマン(Saltzman)により引用されている、フィアッコ=マコーミック(Fiacco-McCormick)、ギル、その他の人物による全ての先行作業を考慮してみると、カーマーカーが与えた貢献は明快なものとは程遠いと考えられる。この発明は1988年5月、"Methods and apparatus for efficient resource allocation"(「最適資源割当のための方法および装置」)として結局認可された。本アルゴリズムは射影変換とアフィン変換の組み合わせによる線形計画問題の解法であり、米国の特許では双方のアルゴリズムそれぞれに特許が与えられている。日本では後者にのみ特許が出願公告(当時)され、その後特許が認められた。カーマーカーのアルゴリズム フレッシュアイペディアより)

  • NCR (企業)

    NCR (企業)から見たAT&TAT&T

    1884年に創業し、1991年にAT&Tに買収され子会社化。1997年1月1日にNCRとして再び独立した。NCR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tモビリティ

    AT&Tモビリティから見たAT&TAT&T

    シンギュラー・ワイヤレス発足時の株主構成は、SBCコミュニケーションズが60パーセント、ベルサウスが40パーセントだった。後に親会社のひとつであるSBCコミュニケーションズは、旧AT&Tを買収してAT&Tに改称。さらに新AT&Tはもうひとつの親会社であるベルサウスを吸収合併したためシンギュラーはAT&Tの完全子会社となった。AT&Tへのブランド統一のためにシンギュラーのブランド名は消滅することになり、携帯電話部門は、AT&Tモビリティを名乗ることになった。AT&Tモビリティ フレッシュアイペディアより)

  • iPhone (初代)

    iPhone (初代)から見たAT&TAT&T

    iPhoneはアメリカ合衆国で2007年6月29日に発売された。アップルやAT&T直営店の周囲では発売日前から1000人の行列ができた上、多くの店で1時間で在庫切れになった。で発生した強盗や銃撃を防ぐため、非番の警察官が一晩店舗を警備した。iPhone (初代) フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論

    アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論から見たAT&TAT&T

    この訴訟は、AT&Tの子会社である Unix System Laboratories (USL) が Berkeley Software Design (BSDi) を訴えたことによるものであった。アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震