前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
376件中 1 - 10件表示
  • ルーセント・テクノロジー

    ルーセント・テクノロジーから見たAT&TAT&T

    ルーセント・テクノロジー()は、それまでAT&Tテクノロジーと呼ばれていた企業から生まれた技術系企業であり、それにはかつてのウェスタン・エレクトリックとベル研究所が含まれていた。AT&Tからは1996年9月30日に分離した。日本では、ルーセント・テクノロジーズという呼称の方が一般的である。ルーセント・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tモビリティ

    AT&Tモビリティから見たAT&TAT&T

    AT&Tモビリティ (AT&T Mobility LLC) は、アメリカ合衆国の加入者数第2位の携帯電話事業者。AT&T Inc.の完全子会社で、旧社名はシンギュラー・ワイヤレス(Cingular Wireless, LLC、:en:Cingular Wireless)。本社所在地は、ジョージア州アトランタ。2017年9月末現在、1億3882万人の加入者を擁する。AT&Tモビリティ フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たAT&TAT&T

    UNIX (ユニックス、Unix、)は、コンピュータ用のマルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチーらが開発を開始した。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • オープンソースソフトウェア

    オープンソースソフトウェアから見たAT&TAT&T

    1970年代序盤、AT&TはUNIXの早期バージョンを開発し、行政機関と学術機関に無償で提供した。しかし、そのバージョンは再頒布や修正コードの頒布を認めておらず、オープンソースソフトウェアと呼ばれる条件を満たす物ではなかった。1980年代にはUNIXは広く使われるようになり、AT&Tは無償での提供を取り止め、システムパッチを有償で提供するようになった。広い普及によりアーキテクチャを切り替えることは難しく、多くの学術機関の利用者は有償ライセンスを購入して利用を続けた。オープンソースソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • PWB/UNIX

    PWB/UNIXから見たAT&TAT&T

    PWB/UNIXは、UNIXオペレーティングシステム黎明期にAT&Tのベル研究所で開発されたバリエーションのひとつ。PWBとは Programmer's Workbench(プログラマの仕事台)を意味する。PWB/UNIX フレッシュアイペディアより)

  • GO (企業)

    GO (企業)から見たAT&TAT&T

    それまであった携帯式あるいはペン式のコンピュータ達が操作性などで多くの難題に遭遇したので、独自の携帯ペン式コンピュータを開発した。ハードウェアグループはEO Inc.からスピンアウトしてできた。EO Inc.は後にAT&Tの傘下に入った。GO (企業) フレッシュアイペディアより)

  • InterNIC

    InterNICから見たAT&TAT&T

    InterNIC (Internet Network Information Center) は、かつてインターネットのドメイン名とIPアドレスの割り当てを管理していた団体。1972年から活動していたが、1998年9月18日に Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) が役割を引き継いだ。電子メールやFTPや World Wide Web では internic.net というドメイン名でアクセスでき、実体は時代によってSRI、ネットワーク・ソリューションズ、AT&Tにあった。InterNIC フレッシュアイペディアより)

  • UNIX International

    UNIX Internationalから見たAT&TAT&T

    Unix International(UI)はオープン標準、特にUNIXオペレーティングシステムの振興を目的として1988年に設立された業界団体。主なメンバーはAT&Tとサン・マイクロシステムズであり、両社の協業に対抗すべく Open Software Foundation (OSF) が結成され、さらにそれに対抗すべく結成されたものである。UI と OSF は、1980年代末から1990年代初めのUNIX戦争における二大陣営を表している。UNIX International フレッシュアイペディアより)

  • STREAMS

    STREAMSから見たAT&TAT&T

    STREAMS はデニス・リッチーが Version 8 Unix に導入したのが最初であり、その時点で端末I/OとTCP/IPプロトコルに使われていた。当時のUNIXの入出力システムコール(open、close、read、write、ioctl)に新たな機能を導入しようとする試みであったが、その応用は端末I/Oとパイプ状のI/O意味論を提供するプロトコル群に限定されていた。その後、Robert Israel、Gil McGrath、Dave Olander、Her-Daw Che、 Maury Bach らが System V Release 3 に移植し、様々なトランスポート層プロトコル(TCP/IP、ISO Class 4 transport、SNA LU 6.2、RFS で使う AT&T NPACK protocol)を STREAMS で実装できるよう拡張された。これはまず、UNIX System V Release 3 の Network Support Utilities (NSU) パッケージと共にリリースされた。この時点で、putmsg、getmsg、poll というシステムコールが追加された。これらはそれぞれ、BSDソケットの send、recv、select システムコールに相当するが、名前空間の衝突を避けるために別の名前を付けている。System V Release 4 では、STREAMS は端末I/Oフレームワークやパイプの実装にも使われ、双方向パイプやファイル記述子の受け渡しといった便利な機能が追加された。UNICOSへの移植も行われている。STREAMS フレッシュアイペディアより)

  • Computer Systems Research Group

    Computer Systems Research Groupから見たAT&TAT&T

    コンピューター・システムズ・リサーチ・グループ(、CSRG)はカリフォルニア大学バークレー校が国防高等研究計画局の資金援助でAT&Tのを改良するために作った研究グループである。Computer Systems Research Group フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
376件中 1 - 10件表示

「米AT&T」のニューストピックワード