376件中 91 - 100件表示
  • TOPS-20

    TOPS-20から見たAT&TAT&T

    最終的にDECはTOPS-20という名称を選び、その名称でマーケティングが行われた。ハッカー達はその成り立ちを知っていたので、即座にTWENEX(Twenty+TENEX)と名づけた。しかし、その時点でTENEX由来のコードはごく一部であった(AT&TのVersion 7 UnixとBSDの関係に似ている)。DECの人々はTWENEXという名前を聞いて嫌な気分になったと言われているが、その名称は一般化し、短縮形の"20x"もよく使われることになった。TOPS-20 フレッシュアイペディアより)

  • HomePNA

    HomePNAから見たAT&TAT&T

    Home Phoneline Networking Allianceは非営利団体であり、Epigram・3Com・AMD・AT&T・コンパック・ヒューレット・パッカード・IBM・インテル・ルーセント・テクノロジー・ロックウェル・Tut Systemsなど、150を超える会社が参加している。この団体は、HomePNAに関する通信・コンピュータ関連技術・ネットワーク製品の互換性を確立することを目的としている。団体自身は標準を推し進めないものの、国際電気通信連合(ITU)に標準化についての助言を行っている。HomePNA フレッシュアイペディアより)

  • BlackBerry Torch 9800

    BlackBerry Torch 9800から見たAT&TAT&T

    タッチティスプレイと縦型スライドのQWERTY配列のキーボードを搭載しており、OSはBlackBerry OS (Ver.6.0) を採用している。アメリカではAT&T社が、2010年8月3日に独占的に発売を行っている。。BlackBerry Torch 9800 フレッシュアイペディアより)

  • アットフリード

    アットフリードから見たAT&TAT&T

    AT&Tビジネス・インターネットサービスアットフリード フレッシュアイペディアより)

  • エコー除去

    エコー除去から見たAT&TAT&T

    エコーキャンセラは、そのような問題のあるエコーサプレッサの代替として1950年代に開発が始まった。当初それは人工衛星による通信での長い遅延に対応するためのものであった。最初のエコーキャンセラは、理論的にはAT&Tのベル研究所で1960年代初めに完成した。しかし、実物が開発されたのは1970年代後半になって電子工学技術が進歩してからである。エコーキャンセラのコンセプトは、話者の信号からエコーを予測して合成し、それを逆方向の通信路の信号から引くというものである。この技法には高度な信号処理技術を必要とする。エコー除去 フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・バレー

    ラスベガス・バレーから見たAT&TAT&T

    この地域で創業され、後に買収されたか移転した会社としては、ウェストウッド・スタジオズ(エレクトロニック・アーツが買収)、システムズ・リサーチ・アンド・デベロプメント(IBMが買収)、イェローページ・ドットコム(ベルサウスとSBCが買収)およびMパワー・コミュニケーションズがある。ラスベガス・バレー フレッシュアイペディアより)

  • アグナー・アーラン

    アグナー・アーランから見たAT&TAT&T

    当時彼はデンマーク数学会の会員となっており、そこでアマチュア数学者のヨハン・イェンセンと出会った。イェンセンは国際ベル電話会社(AT&Tの前身)の支社であったコペンハーゲン電話会社で、主任技師として働いていた。その結果、1908年にアーランは同社で職を得ることになった。腹腔手術後にコペンハーゲンで息を引き取るまでのおよそ20年間、彼は同社のために働き続けた。アグナー・アーラン フレッシュアイペディアより)

  • Version 7 Unix

    Version 7 Unixから見たAT&TAT&T

    Version 7 UnixまたはSeventh Edition Unixは、UNIXオペレーティングシステムにおける初期の重要なリリースのひとつ。Version 7とかV7とも呼ばれる。ベル研究所が1979年にリリースした。AT&TはV7が普及するのを待って、1980年代初期にUNIXの有料化を行った。V7 はディジタル・イクイップメント・コーポレーションのPDP-11ミニコンピュータなどで動作した。Version 7 Unix フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・ハートレー

    ラルフ・ハートレーから見たAT&TAT&T

    ウェスタン・エレクトリックの研究所に就職し、1915年にAT&Tの大西洋横断無線電話実験の受信機開発を任された。このときの開発でハートレー発振回路を発明し、三極管を使った際の発振を抑える平滑回路を開発した。発振回路の特許は1915年6月1日に申請され、1920年10月26日に認められた。ラルフ・ハートレー フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・ダーマン

    エマニュエル・ダーマンから見たAT&TAT&T

    1980年から1985年にかけてはAT&Tベル研究所において数式処理システムHEQSの開発等に当たった。エマニュエル・ダーマン フレッシュアイペディアより)

376件中 91 - 100件表示

「米AT&T」のニューストピックワード