376件中 101 - 110件表示
  • 連邦取引委員会

    連邦取引委員会から見たAT&TAT&T

    2015年7月、米通信大手AT&Tと米有料衛星放送最大手ディレク・ティービーの合併計画を条件付で承認。連邦取引委員会 フレッシュアイペディアより)

  • アセンズ (ジョージア州)

    アセンズ (ジョージア州)から見たAT&TAT&T

    1880年代、アセンズはより人口密度が増して、市によるサービスや改良が行われた。1881年にアセンズ警察署が作られ、1886年秋には公立学校が開校された。1882年にはベル電話会社によって電話サービスが始められた。1885年からは道路の舗装が始められ、1888年にはラバに曳かせた馬車鉄道が導入されて交通手段も改善された。アセンズ (ジョージア州) フレッシュアイペディアより)

  • ノーテルネットワークス

    ノーテルネットワークスから見たAT&TAT&T

    1922年、ノーザンエレクトリックはラジオの製造を開始した。1928年、同社はモントリオールにある劇場向けにイギリス帝国内で初のトーキーシステムを製造した。1949年、アメリカでの反トラスト法問題により、AT&T / ウェスタン・エレクトリックは所有する ノーザンエレクトリックの株をベル・カナダに売却せざるを得なくなった。ウェスタン・エレクトリックとの関係を絶たれ、ノーザンエレクトリックは独自の製品開発を開始した。1953年、RCA 製のブラウン管を使って、初のテレビ受像機を製造した。ベル・カナダは1964年にはノーザンエレクトリックの株を100%所有していたが、1973年ごろから株式を徐々に売却し始めた。ただし、その後もベル・カナダは大株主として影響を与え続けることとなった。ノーテルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・ジョージア

    ツール・ド・ジョージアから見たAT&TAT&T

    ツール・ド・ジョージア(Tour de Georgia)は、アメリカ合衆国、ジョージア州を舞台に開催される、自転車競技ロードレースのステージレース。UCIアメリカツアーの2.HCに指定されている。2003年に、ジョージア癌連合の協賛を受け創設。6ステージ、約600kmの行程で、例年4月に開催される。2008年からはAT&Tの協賛に変わった。ツール・ド・ジョージア フレッシュアイペディアより)

  • テレサット

    テレサットから見たAT&TAT&T

    ロラール・スカイネットは、映像やデータなど幅広い範囲の伝送サービスを提供しており、1997年にロラールがAT&T社から買収した時にロラール・スペース&コミュニケーションズの子会社となった。テレサット フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tスタジアム

    AT&Tスタジアムから見たAT&TAT&T

    2013年7月25日、大手通信会社AT&Tが命名権を取得、年間1700万-1900万ドル契約となり、AT&Tスタジアムとなった。AT&Tスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • リチャードソン (テキサス州)

    リチャードソン (テキサス州)から見たAT&TAT&T

    リチャードソンはダラス市の裕福な郊外住宅地であり、通信系の会社が高度に集中するテレコム・コリダーがある。世界でも最大級の通信・ネットワーク会社であるAT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、シスコシステムズ、サムスン、富士通などを含め、リチャードソン市域約28平方マイル (74.0 km?) の中に、5,000社以上の企業が入っている。リチャードソン (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • ローズビル (カリフォルニア州)

    ローズビル (カリフォルニア州)から見たAT&TAT&T

    ローズビル市公共事業部が電力、上水、下水、ゴミ収集のサービスを市内大半に提供している。パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニーが天然ガスを供給している。インターネット、ケーブルおよび電話はAT&T、コムキャストおよびシュアウェストが提供している。ローズビル (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • オーバム

    オーバムから見たAT&TAT&T

    オーバムは、現在までに多くの顧客企業と、長年に渡る関係を進展させている。主要顧客には、アルカテル・ルーセント、AT&T、ブリティッシュ・テレコム、ケーブル・アンド・ワイヤレス、シスコシステムズ、ドイツテレコム、富士通、ヒューレット・パッカード、IBM、マイクロソフト、テルストラ、ボーダフォン、NTTドコモ、KDDIがある。オーバム フレッシュアイペディアより)

  • サーモホン

    サーモホンから見たAT&TAT&T

    1917年、アメリカのAT&T研究所(後のベル研究所)のアーノルド(H. D. Arnold)とクランドル(I. B. Crandall)はサーモホンに与える電力と発生する絶対音圧との関係を理論的に求め、ある程度の仮定の下でサーモフォンが正確な音圧の発生装置として使用できることを示した。同じ研究所のウェンテ(Edward Wente)は1917年に特性の優れたコンデンサマイクを初めて実用化し、サーモフォンを1次標準器として使い絶対感度の校正に利用した。このような技術により測定用コンデンサマイク(たとえばWestern Electric社のWE-394型コンデンサマイク)が作成され、最小可聴値の測定など様々な実験で使用された。サーモホン フレッシュアイペディアより)

376件中 101 - 110件表示

「米AT&T」のニューストピックワード