376件中 11 - 20件表示
  • 今田竜二

    今田竜二から見たAT&TAT&T

    2008年5月18日、アメリカPGAツアーのAT&Tクラシック最終日、首位から3打差でスタートして激しい追い上げを見せ、ケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールで相手がボギーを叩いた後、今田は落ち着いてパーをセーブし、悲願のアメリカPGAツアー初優勝を飾った。日本人のPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目となった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • VERITAS File System

    VERITAS File Systemから見たAT&TAT&T

    VERITAS File System(VxFS)は、ベースのファイルシステム。VERITASソフトウェアが開発した。OEM契約により、VxFSはHP-UXオペレーティングシステムの主要ファイルシステムとして使われている(ただし、HP-UXでは JFS と呼ばれている)。また、ライセンスに基づきオンラインのデフラグメンテーションとリサイズをサポートしたものは Online JFS と呼ばれている。他にもAIX、Linux、Solaris、OpenSolaris、UnixWare、SCO OpenServer などでサポートされている。VxFSは、本来AT&Tの UNIX Systems Laboratories のために開発された。VxFSは Veritas Storage Foundation(他に Veritas Volume Manager を含む)の一部としてパッケージ化されている。VERITAS File System フレッシュアイペディアより)

  • Open Software Foundation

    Open Software Foundationから見たAT&TAT&T

    Open Software Foundation(OSF)は、UNIXオペレーティングシステムの実装のためのオープン標準を策定するため1988年に創設された組織である。DEC が(ハミルトングループと呼ばれる)いくつかのUNIXベンダーを招待した会議で、DEC の Armendo Stettner が AT&T とサン・マイクロシステムズが UNIX 統合を行おうとしている件に対抗して共同開発を持ちかけたのが発端であった。Open Software Foundation フレッシュアイペディアより)

  • Mixed Excitation Linear Prediction

    Mixed Excitation Linear Predictionから見たAT&TAT&T

    1.2kbps/2.4kbps MELPe はシグナルコム(SignalCom Inc. 、後にマイクロソフトに買収)が中心となり1998年頃から2001年頃にかけて開発された。雑音抑制フロントエンドのアルゴリズムには AT&T の技術が使われた。これは NATO の STANAG4591 として2002年に規格化された。Mixed Excitation Linear Prediction フレッシュアイペディアより)

  • ビデオテックス

    ビデオテックスから見たAT&TAT&T

    画像や文字情報を伝送するためには、その情報をデジタルデータに符号化(変換)する必要がある。また、画像データを符号化する際には、データ量を減らし効率的に伝送できるような方式を検討する必要があった。ビデオテックスのための符号化方式は、日本(日本電信電話公社)、欧州(主にフランステレコム)、北米 (AT&T) において検討され、日本はCAPTAIN方式、欧州はCEPT方式、北米はNAPLPS方式として方式化された。ビデオテックス フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ビルディング (ニューヨーク)

    ソニー・ビルディング (ニューヨーク)から見たAT&TAT&T

    2016年までソニーの北米事業を統括するソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの本社が入居していた。それ以前は、AT&Tのビルであった。現在の所有者はサウジアラビアの企業Olayanになっている。ソニー・ビルディング (ニューヨーク) フレッシュアイペディアより)

  • ワング・ラボラトリーズ

    ワング・ラボラトリーズから見たAT&TAT&T

    6000万ドルで建設された3つの建物は、52万5千ドルで売却された。現在では、その建物は CrossPoint Tower と呼ばれ、シスコシステムズ、モトローラ、コダック、AT&Tなどのオフィスが入居している。ワング・ラボラトリーズ フレッシュアイペディアより)

  • マイライン

    マイラインから見たAT&TAT&T

    アメリカではかつて国内電話事業を独占的に行い世界最大規模へ肥大化していたベル電話会社の後継であるAT&Tが独占市場による解体で地域ベル電話会社と長距離電話のAT&Tへ分割される際に、MCIワールドコムなど新興の長距離通信事業者(日本の新電電相当)と分割後のAT&Tの間で電話番号の前の識別番号を付加する必要の有無で不公平を与えさせないため1984年に事業者事前登録制度が導入された。マイライン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・スカリー

    ジョン・スカリーから見たAT&TAT&T

    ジョブズがアップルを去ったのに前後して、1985年6月25日にスカリーとハード担当責任者であったガセー宛に、マイクロソフトのビル・ゲイツからAT&Tやヒューレット・パッカード、ソニーなど有力メーカにマッキントッシュのOSをライセンスするべきで、ゲイツ自身もその手助けを惜しまないという内容のメールが送られた。ゲイツは自社でのOS開発凍結も考えていたほど本気だったようだ。スカリーはOSライセンスの可能性の調査を指示したが、ガセーを筆頭に技術陣から猛反対を受けてこの提案は闇に葬られた。この判断は後々、スカリー最大の失策とも言われた。ジョン・スカリー フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論

    アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論から見たAT&TAT&T

    この訴訟は、AT&Tの子会社である Unix System Laboratories (USL) が Berkeley Software Design (BSDi) を訴えたことによるものであった。アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論 フレッシュアイペディアより)

376件中 11 - 20件表示

「米AT&T」のニューストピックワード