376件中 21 - 30件表示
  • ウエスタンユニオン

    ウエスタンユニオンから見たAT&TAT&T

    シブレーが起こしたウェスタン・ユニオン電信会社が事業の始まり。創業後、シブレーは露米会社の経営悪化とロシア政府のアラスカ売却意向を合衆国政府に伝え、アラスカ買収のきっかけをつくった。買収実現のあとはベーリング海峡に露米電信を敷設しようとしたが、大西洋横断電信ケーブルの完成により挫折した。1879年にベル電話会社との特許をめぐる訴訟に負けてから資金移動業が主体となる。また、このころにジェイ・グールドが主要株主となる。1909年にAT&Tがグールド家の保有株を買収した。ウエスタンユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 大川茂樹

    大川茂樹から見たAT&TAT&T

    1996年 - 米国AT&T研究所研究員大川茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • ディレクTV

    ディレクTVから見たAT&TAT&T

    ディレクTV(、ディレクティービー)は、主に北中南米地域においてサービスを行っている衛星放送サービス。AT&Tの一部門であるが運営している。ディレクTV フレッシュアイペディアより)

  • 海底ケーブル

    海底ケーブルから見たAT&TAT&T

    2003年 - 2013年時点で供給シェアの半分近くをアルカテル・ルーセントが占めている。その企業系譜はシーメンスとガタパーチャまでさかのぼる。かつてAT&T のケーブル部門であった TE SubCom が2位で3割。NECが12%を生産している。一方、光ファイバーケーブルへの投資は2001年がピークであった。他に華為技術やタイコも主要メーカーである。海底ケーブル フレッシュアイペディアより)

  • ネットワーク中立性

    ネットワーク中立性から見たAT&TAT&T

    それら反対者の一部が Hands Off The Internet というウェブサイトを立ち上げ、ネットワーク中立性に反対する主張を広めようとした。このサイトは既に存在しない。このウェブサイトの資金を提供していたのは主にAT&Tで、技術系の人々や Citizens Against Government Waste という市場活動グループが関与していた。ネットワーク中立性 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタン・エレクトリック

    ウェスタン・エレクトリックから見たAT&TAT&T

    ウェスタンエレクトリック()は、アメリカ合衆国のかつて存在した電機機器開発・製造企業。1881年から1995年まで、AT&Tの製造部門として存在した。数々の技術的発明や、産業の管理手法の開発で知られる。AT&Tのグループ企業の調達エージェントとしても機能していた。ウェスタン・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・グラハム・ベル

    アレクサンダー・グラハム・ベルから見たAT&TAT&T

    1875年、ベルは acoustic telegraph を開発し、その特許申請書を書いた。アメリカでの収益は後援者であるガーディナー・ハバードとトーマス・サンダースと分配することで合意し、Bell Patent Association の協定を成立させる。これが幾多の変遷を経て「ベル・システム」を完成させたAT&T (American Telephone and Telegraph Company) へつながっていく。そこでベルはオンタリオ州の知人 George Brown に頼んでイギリスでも特許を出願し、イギリスで特許が受理された後にアメリカで特許申請するよう弁護士に指示した(イギリスは他の国で以前に特許を取得した発明には特許を与えない方針だったため)。アレクサンダー・グラハム・ベル フレッシュアイペディアより)

  • ベル研究所

    ベル研究所から見たAT&TAT&T

    1925年に当時のAT&T社長ウォルター・グリフォードが独立事業としてベル研究所を設立した。もともとはウェスタン・エレクトリック社の研究部門とAT&Tの技術部門を引き継いだもので、AT&Tとウェスタン・エレクトリック社がそれぞれ50%ずつ出資した。最初の研究所長は Frank B. Jewett で、1940年まで所長を務めた。電話交換機など、AT&T向けにウェスタン・エレクトリックが製造する装置の設計とサポートを主な業務としていた。電話会社向けのサポート業務としては、包括的な技術マニュアル(手引書)のシリーズ :en:Bell System Practices (BSP) の執筆と保守がある。親会社に対するコンサルタント業務も行った。また、プロジェクト・ナイキやアポロ計画などアメリカ政府の仕事も請け負った。基礎研究に携わる人員はごく一部だが、ノーベル賞受賞者を何人か輩出したこともあって、特に注目を浴びた。1940年代までベル研究所の本拠地はニューヨーク市内のビルを中心として点在していたが、そのほとんどはニューヨーク郊外のニュージャージー州に移転された。ベル研究所 フレッシュアイペディアより)

  • NCR (企業)

    NCR (企業)から見たAT&TAT&T

    1884年に創業し、1991年にAT&Tに買収され子会社化。1997年1月1日にNCRとして再び独立した。NCR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 通信衛星

    通信衛星から見たAT&TAT&T

    テルスター衛星は初めての能動型通信衛星である。ベル研究所で開発されたCバンドのトランスポンダを装備していた。この際のアップリンク6ギガヘルツ帯、ダウンリンク4GHz帯という周波数の組み合わせはその後広く通信衛星で用いられるものとなった。この衛星は1962年7月10日、NASAによりケープカナベラル宇宙基地から初の民間企業がスポンサーとなって打ち上げられた。テルスター衛星は2時間37分で周回する、軌道傾斜角45度の楕円軌道(遠地点 約5,600km、近地点 約950km)に投入された。テルスターはAT&Tに所属するがこれはAT&T、ベル研究所、アメリカ航空宇宙局、イギリス郵政省、フランス郵政省間の衛星通信技術を開発するための多国間合意によるものである。通信衛星 フレッシュアイペディアより)

376件中 21 - 30件表示

「米AT&T」のニューストピックワード