376件中 31 - 40件表示
  • 黒電話

    黒電話から見たAT&TAT&T

    1号電話機は、1878年(明治11年)に日本初の国産電話機として製造された。アメリカ合衆国において実用化されたばかりのベル電話機をもとに、日本で設計された国産第1号の電話機である。しかし、このモデルの電話機は長距離伝送には不向きな上、当時の日本の工業水準が低かったこともあり、実用的な性能を持たせることができなかった。1号電話機は41台で製造が打ち切られた。黒電話 フレッシュアイペディアより)

  • iPhone (初代)

    iPhone (初代)から見たAT&TAT&T

    2007年6月29日、アメリカ合衆国での発売時にApple StoreやAT&T直営店の周囲では発売日前から1000人が行列し、多くの店では1時間程度で完売状態になり時に発生した様な強盗や銃撃を防ぐため、非番の警察官が店舗を警備する騒動になる。アメリカ人の10人に6人がiPhoneは発売前からチェックしていたとする調査結果もある。同年11月にイギリス、フランス、ドイツで、2008年春にはアイルランド共和国、オーストリアでも発売される。その他の地域(カナダ、オーストラリア、日本など)では発売されず、後継機種のiPhone 3Gを待たなければならなかった。iPhone (初代) フレッシュアイペディアより)

  • OpenStack

    OpenStackから見たAT&TAT&T

    AT&T、AMD、Cisco、デル、エリクソン、HP、IBM、インテル、NEC、レッドハット、VMware、Yahoo!など、500以上の企業が参加している。OpenStack フレッシュアイペディアより)

  • AMステレオ放送

    AMステレオ放送から見たAT&TAT&T

    1926年11月 - アメリカ電信電話会社(現・AT&T)のP.K.ポッターが、直交変調方式の特許を取得。AMステレオ放送 フレッシュアイペディアより)

  • BSD

    BSDから見たAT&TAT&T

    元となったコードベースと設計はAT&TのUNIXと共通であるため、歴史的にはBSDはUNIXの支流 "BSD UNIX" とみなされてきた。1980年代、ワークステーションクラスのシステムベンダーがプロプライエタリなUNIXとしてBSDを広く採用していた。例えば、DECのUltrix、サン・マイクロシステムズのSunOSなどである。これは、ライセンス条件の容易だったためと、当時の多くの技術系企業の創業者がBSDを熟知していたためである。BSD フレッシュアイペディアより)

  • リバティメディア

    リバティメディアから見たAT&TAT&T

    1999年、AT&TのTCI合併によりその1部門となるが、2001年、AT&Tからスピンオフにより独立した。リバティメディア フレッシュアイペディアより)

  • テレタイプ端末

    テレタイプ端末から見たAT&TAT&T

    1906年に創業したモルクラム社が起源で、1925年にクラインシュミット・エレクトリックと合併しモルクラム・クラインシュミットとなり、1928年12月にテレタイプ・コーポレーションに改称。1930年にAT&Tが買収し、ウェスタン・エレクトリックの子会社とした。初めて一体型の機種を開発した、テレタイプ社の製品が極めて大衆的になったため、この種の端末をテレタイプ端末あるいはTTY端末と呼ぶことが多い。ブランド名は存続していたが、1984年のAT&T解体の際にAT&Tの名称とロゴを使用するようになった。1990年にはテレタイプ端末の製造が終了となった。テレタイプ端末 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たAT&TAT&T

    世界初のシングルチップの32ビットマイクロプロセッサはAT&T ベル研究所のBELLMAC-32Aであり、最初のサンプル出荷は1980年で、正式出荷は1982年であった。1984年のAT&T分割の後、WE32000と改称され(WEはWestern Electricを意味する)、さらにWE32100、WE32200と続いた。これらのマイクロプロセッサはAT&Tのミニコンピュータ3B5や3B15、世界初のデスクトップコンピュータ3B2、世界初の32ビットラップトップコンピュータCompanion、世界初の(本程度のサイズの)超小型コンピュータAlexanderに使われた。AlexanderはROMカートリッジを装備しており、その点は現在のゲーム機に似ている。これらは全てベル研究所オリジナルのUNIXオペレーティングシステムが動作し、最初のウィンドウ型ソフトウェアであるxt-layersを装備していた。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • ハナセル

    ハナセルから見たAT&TAT&T

    AT&Tの回線を利用(GSM)ハナセル フレッシュアイペディアより)

  • CDPD

    CDPDから見たAT&TAT&T

    CDPDは消費者にはほとんど提供されなかった。AT&Tワイヤレスは当初アメリカ合衆国でこれを PocketNet というブランドで提供した。一般消費者向けの無線インターネットサービスとしては世界でも最初の部類に入る。Omnisky という会社は Palm V 向けのサービスを提供した。シンギュラー・ワイヤレスは後に Wireless Internet というブランド名でCDPDを提供した(同社の GPRS/EDGE のブランドである Wireless Internet Express とは異なる)。PocketNet は一般にスプリントの Wireless Web などの2Gサービスと競合して敗退したと見なされている。AT&Tワイヤレスは PocketNet 対応の携帯電話を4機種発売した後(2機種はパナソニック製、他は三菱電機製とエリクソン製)、対応機器を発売しなくなった。CDPD フレッシュアイペディアより)

376件中 31 - 40件表示

「米AT&T」のニューストピックワード