274件中 31 - 40件表示
  • Computer Systems Research Group

    Computer Systems Research Groupから見たAT&TAT&T

    Computer Systems Research Group(CSRG)はカリフォルニア大学バークリー校が国防高等研究計画局(DARPA)の資金援助でAT&TのUNIXを改良するために作った研究グループである。Computer Systems Research Group フレッシュアイペディアより)

  • InterNIC

    InterNICから見たAT&TAT&T

    InterNIC (Internet Network Information Center) は、かつてインターネットのドメイン名とIPアドレスの割り当てを管理していた団体。1972年から活動していたが、1998年9月18日に Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) が役割を引き継いだ。電子メールやFTPや World Wide Web では internic.net というドメイン名でアクセスでき、実体は時代によってSRI、ネットワーク・ソリューションズ、AT&Tにあった。InterNIC フレッシュアイペディアより)

  • AT&T ビル (ナッシュビル)

    AT&T ビル (ナッシュビル)から見たAT&TAT&T

    1994年の落成から2006年まではAT&T(前身はベルサウス、サウス・セントラル・ベル)が同ビルに本社を置き、唯一のテナントであった。現在は総スペースのうち約4万6千平方メートルを占めている。AT&Tのリース期間は2020年1月までの23.5年となっている。2008年中頃までの約2年間は日産自動車が北米本社を同ビルに置いていたが、その後テネシー州フランクリン市に移転した。AT&T ビル (ナッシュビル) フレッシュアイペディアより)

  • データインダストリエ

    データインダストリエから見たAT&TAT&T

    データインダストリエ社はルクソール社の全てのABC-モデル(ABC 800、ABC 1600、ABC 9000)を開発した。その後ABC 9000をDIAB DS-90という自社ブランドに仕立て直し、AT&TのVersion 5 UNIXのライセンスを受けたコードを使用したUNIX互換機シリーズを開発したがカーネルにはDNIXというブランド名を冠した特徴ある自社製のものを使用していた。DIAB社はルクソール社以外にもOEM供給を続け、おそらく最も有名なのはクロメンコ社(Cromemco)から供給された全てのUNIXサーバ製品であった。データインダストリエ フレッシュアイペディアより)

  • Hobbit

    Hobbitから見たAT&TAT&T

    Hobbitとは1990年代初頭にAT&Tが設計したマイクロプロセッサである。Hobbit フレッシュアイペディアより)

  • VoiceXML

    VoiceXMLから見たAT&TAT&T

    1999年3月、AT&T、IBM、ルーセント、モトローラは、音声対話を記述するマークアップ言語を標準化すべく VoiceXML Forum を結成した。1999年9月、VoiceXML 0.9 が完成して査読され、2000年3月、VoiceXML 1.0 を公開した。その直後 VoiceXML Forum は、この標準を W3C に移管した。W3C は何度かこれを改訂し、2004年3月に VoiceXML 2.0 が最終勧告となった。VoiceXML フレッシュアイペディアより)

  • SCO OpenServer

    SCO OpenServerから見たAT&TAT&T

    同じころ、AT&T は XENIX、BSD、SunOS、System V の機能を統合した System V Release 4 を完成させた。SCO UNIX は System V Release 3 ベースのままだったが、Release 4 の新たな機能のほとんどを吸収していった。SCO OpenServer フレッシュアイペディアより)

  • エリック・オールマン

    エリック・オールマンから見たAT&TAT&T

    バークレーではUNIXのソースコードが参照できたため、ハッカー達は AT&T のコードに様々な拡張を加えていった。オールマンは delivermail という拡張を開発し、1981年にはそれが sendmail となった。これは、メール転送エージェント(MTA)であり、ARPANET(後にインターネットに発展)上で電子メールの配送をするものであった。エリック・オールマン フレッシュアイペディアより)

  • BEAシステムズ

    BEAシステムズから見たAT&TAT&T

    1984年、AT&Tが設計開発し、電子商取引用オンライントランザクション処理(OLTP)の市場を創造した。製品化前に AT&T には LMOS システムという研究プロジェクトがあり、Tuxedo 開発チームには LMOS のチームのメンバーが含まれていた。その後、AT&TのUNIX関連資産と共にノベルに移管され、さらにBEAシステムズが買い取った。BEAシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • UNIX System III

    UNIX System IIIから見たAT&TAT&T

    System III(システムスリー)は、AT&Tの Unix Support Group(USG)がリリースしたUNIXオペレーティングシステムのバージョンである。UNIX System III フレッシュアイペディアより)

274件中 31 - 40件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震