274件中 41 - 50件表示
  • UNIX Systems Laboratories

    UNIX Systems Laboratoriesから見たAT&TAT&T

    UNIX Systems Laboratories(ユニックス・システムズ・ラボラトリーズ、USL)は、ベル研究所の下部組織として1989年に設立された。UNIXの開発とライセンス業務を目的とした組織である。その後、ベル研究所の親会社であるAT&Tの完全子会社となった。UNIX Systems Laboratories フレッシュアイペディアより)

  • System V Interface Definition

    System V Interface Definitionから見たAT&TAT&T

    System V Interface Definition(SVID、System V インターフェイス仕様)は、AT&TのUNIX System Vの動作を規定した標準規格である。システムコール、標準Cライブラリ、その他のプログラムやデバイスを規定している。System V Interface Definition フレッシュアイペディアより)

  • Common Open Software Environment

    Common Open Software Environmentから見たAT&TAT&T

    COSE が結成されたのは、「UNIX戦争」がUNIX業界の成長を阻害していることが明らかになったころであった。マイクロソフトは既にデスクトップ市場を支配しており、UNIX市場(特にエンジニアリング・ワークステーションとデータセンター)にも触手を伸ばし始めていた。さらにノベルの NetWare は徐々にマイクロソフトのネットワーク製品に市場を侵食されつつあった。マイクロソフトとの多面的な競争の切り札として UNIX を生かすべく、ノベルとAT&Tは Univel と名づけた協業を開始した(1991年に開始され、1993年にノベルがUNIX関連資産を買い取って終了)。Common Open Software Environment フレッシュアイペディアより)

  • 五神真

    五神真から見たAT&TAT&T

    1993年 - 米国AT&Tベル研究所 客員研究員(併任)五神真 フレッシュアイペディアより)

  • ヨン・レック・ヨハンセン

    ヨン・レック・ヨハンセンから見たAT&TAT&T

    2007年7月、iPhone を AT&T への登録なしに起動させるツール Phone Activation Server を公開。電話としての機能は果たさないものの、iPod や Wi-Fi 機能は作動したとしている。ヨン・レック・ヨハンセン フレッシュアイペディアより)

  • HomePNA

    HomePNAから見たAT&TAT&T

    Home Phoneline Networking Allianceは非営利団体であり、Epigram・3Com・AMD・AT&T・コンパック・ヒューレット・パッカード・IBM・インテル・ルーセント・テクノロジー・ロックウェル・Tut Systemsなど、150を超える会社が参加している。この団体は、HomePNAに関する通信・コンピュータ関連技術・ネットワーク製品の互換性を確立することを目的としている。団体自身は標準を推し進めないものの、国際電気通信連合(ITU)に標準化についての助言を行っている。HomePNA フレッシュアイペディアより)

  • UNIX戦争

    UNIX戦争から見たAT&TAT&T

    1980年代中盤、一般的なUNIXのバージョンとしてカリフォルニア大学バークレー校のBSDと、AT&TのSystem Vがある。どちらもVersion 7 Unixから派生したものであるが、大きくかけ離れてしまった(このふたつの衝突もUNIX戦争と言われることがある)。そこからさらに各社のUNIXが派生していき、多かれ少なかれ違いを生じていった。UNIX戦争 フレッシュアイペディアより)

  • Berkeley DB

    Berkeley DBから見たAT&TAT&T

    Berkeley DBは、元々カリフォルニア大学バークレー校のプロジェクトが4.3 BSDに含まれるAT&T由来のコードを置き換える過程で生まれた。その後、開発者によって設立されたSleepycat Softwareが開発・販売を手がけていた。2006年2月にオラクルがSleepycat Softwareを買収したのちは、Oracle Berkeley DBとブランド名を変えオラクルの製品群の一部を成している。Berkeley DB フレッシュアイペディアより)

  • サーモホン

    サーモホンから見たAT&TAT&T

    1917年、アメリカのAT&T研究所(後のベル研究所)のアーノルド(H. D. Arnold)とクランドル(I. B. Crandall)はサーモホンに与える電力と発生する絶対音圧との関係を理論的に求め、ある程度の仮定の下でサーモフォンが正確な音圧の発生装置として使用できることを示した。同じ研究所のウェンテ(Edward Wente)は1917年に特性の優れたコンデンサマイクを初めて実用化し、サーモフォンを1次標準器として使い絶対感度の校正に利用した。このような技術により測定用コンデンサマイク(たとえばWestern Electric社のWE-394型コンデンサマイク)が作成され、最小可聴値の測定など様々な実験で使用された。サーモホン フレッシュアイペディアより)

  • TOPS-20

    TOPS-20から見たAT&TAT&T

    最終的にDECはTOPS-20という名称を選び、その名称でマーケティングが行われた。ハッカー達はその成り立ちを知っていたので、即座にTWENEX(Twenty+TENEX)と名づけた。しかし、その時点でTENEX由来のコードはごく一部であった(AT&TのVersion 7 UnixとBSDの関係に似ている)。DECの人々はTWENEXという名前を聞いて嫌な気分になったと言われているが、その名称は一般化し、短縮形の"20x"もよく使われることになった。TOPS-20 フレッシュアイペディアより)

274件中 41 - 50件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震