376件中 41 - 50件表示
  • マシュー・カーター

    マシュー・カーターから見たAT&TAT&T

    1956年にオランダの活字鋳造所 Joh. Enschedé で Paul H. Rädisch にパンチカット術を学ぶ。1957年にロンドンに戻り、1963年に写真植字機販売会社クロスフィールド・エレクトロニクス社にタイポグラフィのコンサルタントとして入社。1965年にニューヨークへ移住し、マーゲンターラー・ライノタイプ社へ入社。ライノタイプ社の下ベル電話会社に提供した書体 Bell Centennial は、Bell Gothic という書体をベースに文字が小さくインクのにじみやすい電話帳でも字がにじまないようデザインされている。マシュー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • iWarp

    iWarpから見たAT&TAT&T

    iWarp向けにはCとFORTRANのコンパイラが開発されている。まずAT&TのUNIX向け pcc コンパイラがインテルとの契約に基づいて移植され、その後インテルが独自に修正・拡張を施した。iWarp フレッシュアイペディアより)

  • System V Interface Definition

    System V Interface Definitionから見たAT&TAT&T

    System V Interface Definition(SVID、System V インターフェイス仕様)は、AT&TのUNIX System Vの動作を規定した標準規格である。システムコール、標準Cライブラリ、その他のプログラムやデバイスを規定している。System V Interface Definition フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・エイブル

    ロバート・エイブルから見たAT&TAT&T

    またエイブルのキャリアで特に重要なのは監督/プロデュースした大量のCF映像で、国際広告コンクールクリオ賞では実に33度も受賞。クライアントもAT&T、7upから日本のレナウン、パナソニックまで幅広く、多くの追随者を出した。ロバート・エイブル フレッシュアイペディアより)

  • Code Excited Linear Prediction

    Code Excited Linear Predictionから見たAT&TAT&T

    Code Excited Linear Prediction(CELP、セルプ)は、1985年に米AT&Tの M.R. Schroeder と B.S. Atal が提案した音声符号化アルゴリズム。直訳すると「符号励振線形予測」。当時の既存の低ビットレートのアルゴリズム(RELP、LPC、ヴォコーダーのFS-1015など)に比べて格段に優れた音質を示した。様々な派生が生まれ(ACELP、RCELP、LD-CELP、VSELPなど)、現在最も広く使われている音声符号化アルゴリズムである。CELPはこのアルゴリズムのクラスを指す用語であり、特定のコーデックを指す用語ではない。Code Excited Linear Prediction フレッシュアイペディアより)

  • Common Open Software Environment

    Common Open Software Environmentから見たAT&TAT&T

    COSE が結成されたのは、「UNIX戦争」がUNIX業界の成長を阻害していることが明らかになったころであった。マイクロソフトは既にデスクトップ市場を支配しており、UNIX市場(特にエンジニアリング・ワークステーションとデータセンター)にも触手を伸ばし始めていた。さらにノベルの NetWare は徐々にマイクロソフトのネットワーク製品に市場を侵食されつつあった。マイクロソフトとの多面的な競争の切り札として UNIX を生かすべく、ノベルとAT&Tは Univel と名づけた協業を開始した(1991年に開始され、1993年にノベルがUNIX関連資産を買い取って終了)。Common Open Software Environment フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・エンターテインメント・テレビジョン

    ブラック・エンターテインメント・テレビジョンから見たAT&TAT&T

    1980年1月、ケーブルテレビ界のロービー活動家として活躍していたロバート・ジョンソンがアメリカのケーブルテレビ配信会社であるTCI(AT&Tとの合併を経て、2001年にメディア部門がリバティメディアとして独立)のCEOであったジョン・マローンから50万ドルの投資を受け、BETを設立。ブラック・エンターテインメント・テレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • データインダストリエ

    データインダストリエから見たAT&TAT&T

    データインダストリエ社はルクソール社の全てのABC-モデル(ABC 800、ABC 1600、ABC 9000)を開発した。その後ABC 9000をDIAB DS-90という自社ブランドに仕立て直し、AT&TのVersion 5 UNIXのライセンスを受けたコードを使用したUNIX互換機シリーズを開発したがカーネルにはDNIXというブランド名を冠した特徴ある自社製のものを使用していた。DIAB社はルクソール社以外にもOEM供給を続け、おそらく最も有名なのはクロメンコ社(Cromemco)から供給された全てのUNIXサーバ製品であった。データインダストリエ フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・A・シューハート

    ウォルター・A・シューハートから見たAT&TAT&T

    Bell Telephone(AT&Tの前身)の技術者は通信システムの信頼性向上に努めてきた。増幅器などの機器は地下に埋設しなければならなかったため、故障頻度を少なくし、修理回数を減らす必要があったのである。シューハートが 1918年にウェスタン・エレクトリック(AT&Tの製造部門)の検査技術部門に配属されたとき、工業品質は完成製品を検査して問題のあるものを除くことで保たれていた。これが完全に変わったのは1924年5月16日のことであった。シューハートの上司であった George D Edwards は「シューハート博士はほんの1ページのメモを書いた。その3分の1は、我々が今日概略の管理図と呼ぶような単純な図だった。その図と前後の文章には、今日の我々がプロセス品質管理として知っている基本原則と考慮すべきことが全て記述されていた」と回想している。彼は、製造工程における変化を削減することの重要性を指摘し、変化を増大させ品質を悪化させる状況を継続的な調整によって制御することを提案した。ウォルター・A・シューハート フレッシュアイペディアより)

  • エリコフォン

    エリコフォンから見たAT&TAT&T

    トリムライン(Trimline) - AT&T社製のエリコフォンの対抗モデル。 トリムライン電話機は受話器の中にダイアルが組み込まれていたが、呼び出し器は別体のクレードル(受け台)に仕込まれていた。エリコフォン フレッシュアイペディアより)

376件中 41 - 50件表示

「米AT&T」のニューストピックワード