376件中 51 - 60件表示
  • Carrier IQ

    Carrier IQから見たAT&TAT&T

    2011年12月1日、AT&T、スプリント、T-モバイルが自社の携帯電話に搭載されていることを確認した。スプリントは「我々は接続問題をどのように対処するかや我々のネットワーク対応端末ユーザーのエクスピリエンスを理解するために情報収集するが、写真やメールを見ることはない。(中略)収集されたデータは売っていないし、部外者に提供することもない。」と発言している。ベライゾンは4大米国企業で唯一自社の携帯電話に搭載されていない。Carrier IQ フレッシュアイペディアより)

  • ioctl

    ioctlから見たAT&TAT&T

    計算機科学におけるioctl (IPA: またはアイ・オー・コントロール)とは、主にUNIXライクなオペレーティングシステム上で、アプリケーションがデバイスドライバを制御したり、デバイスドライバと通常のデータの読み書きの流れの外で通信するために用意されたシステムコールのことである。AT&T の Unix version 7 に実装されたのが起源である。また、名前は I/O control の略に由来している。ioctl フレッシュアイペディアより)

  • VoiceXML

    VoiceXMLから見たAT&TAT&T

    1999年3月、AT&T、IBM、ルーセント、モトローラは、音声対話を記述するマークアップ言語を標準化すべく VoiceXML Forum を結成した。1999年9月、VoiceXML 0.9 が完成して査読され、2000年3月、VoiceXML 1.0 を公開した。その直後 VoiceXML Forum は、この標準を W3C に移管した。W3C は何度かこれを改訂し、2004年3月に VoiceXML 2.0 が最終勧告となった。VoiceXML フレッシュアイペディアより)

  • X/Open

    X/Openから見たAT&TAT&T

    北アメリカ: AT&T、DEC、ユニシス、HP、IBM、NCR、サン・マイクロシステムズ、Prime Computer、アポロコンピュータX/Open フレッシュアイペディアより)

  • パワーマット・テクノロジーズ

    パワーマット・テクノロジーズから見たAT&TAT&T

    2012年3月、パワーマット・テクノロジーズはプロクター・アンド・ギャンブルと共に(PMA)を設立した。牽引する業界と政府的組織の連合であるPMAはスマートかつ環境的なワイヤレス充電の推進に全力を尽くす。IEEEの支援、消費者による毎日の充電インタラクションをワイヤレスで環境的でスマートに見直すことを目的として設立されたPMAは高度なワイヤレス充電を家や移動中に行うために必要な標準のスイートを開発することで既存ので構築している。AT&Tとスターバックスが2012年10月にPMAに参加したと発表した。パワーマット・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • Hobbit

    Hobbitから見たAT&TAT&T

    Hobbitとは1990年代初頭にAT&Tが設計したマイクロプロセッサである。Hobbit フレッシュアイペディアより)

  • BeBox

    BeBoxから見たAT&TAT&T

    初期のプロトタイプには、AT&T の Hobbit プロセッサが2基と、AT&T 9308S DSP が3基搭載されていた。BeBox フレッシュアイペディアより)

  • BEAシステムズ

    BEAシステムズから見たAT&TAT&T

    1984年、AT&Tが設計開発し、電子商取引用オンライントランザクション処理(OLTP)の市場を創造した。製品化前に AT&T には LMOS システムという研究プロジェクトがあり、Tuxedo 開発チームには LMOS のチームのメンバーが含まれていた。その後、AT&TのUNIX関連資産と共にノベルに移管され、さらにBEAシステムズが買い取った。BEAシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ヒューストン

    デイヴィッド・ヒューストンから見たAT&TAT&T

    ヒューストンは連邦政府を離れた後、ベル電話証券の社長とAT&Tの副社長に就任した。またヒューストンは相互生命保険会社の社長を10年間務めた。デイヴィッド・ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • Mr. ZIP

    Mr. ZIPから見たAT&TAT&T

    Mr. ZIPは、ニューヨーク銀行のbank-by-mailキャンペーンにより、郵便集配員の息子で広告代理店の社員であるハワード・ウィルコックスが元々デザインしたものである。ウィルコックスのデザインは、手紙を配達しているポストマンを表している。その後数回デザインは変更された後、電話会社 AT&Tが権利を得て、郵政省が無料で利用できるようになった。胴体と手足・バッグを追加した郵政省の新しいMr. ZIPのデザインは、1962年10月に発表された。Mr. ZIP フレッシュアイペディアより)

376件中 51 - 60件表示

「米AT&T」のニューストピックワード