274件中 61 - 70件表示
  • アグナー・アーラン

    アグナー・アーランから見たAT&TAT&T

    当時彼はデンマーク数学会の会員となっており、そこでアマチュア数学者のヨハン・イェンセンと出会った。イェンセンは国際ベル電話会社(AT&Tの前身)の支社であったコペンハーゲン電話会社で、主任技師として働いていた。その結果、1908年にアーランは同社で職を得ることになった。腹腔手術後にコペンハーゲンで息を引き取るまでのおよそ20年間、彼は同社のために働き続けた。アグナー・アーラン フレッシュアイペディアより)

  • Distributed Computing Environment

    Distributed Computing Environmentから見たAT&TAT&T

    DCE は1980年代のUNIX戦争と深い関係がある。サン・マイクロシステムズとAT&Tが共同で UNIX System V Release 4 (SVR4) を開発するようになると、他のUNIXベンダーは彼らの製品が市場で不利になると考えた。そこで彼らは Open Software Foundation (OSF) を結成し、BSDベースのUNIXで対抗しようとした。OSF はMachカーネルに基づいた OSF/1 を完成させたが、SVR4 に比較すると性能が悪く、DEC 以外ではほとんど使われなかった。Distributed Computing Environment フレッシュアイペディアより)

  • 松田裕之 (経営学者)

    松田裕之 (経営学者)から見たAT&TAT&T

    おもに20世紀前半におけるAT&Tなどアメリカ合衆国における電気通信産業の労働や労務管理の実態について、実証的な研究を行なう。松田裕之 (経営学者) フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・A・シューハート

    ウォルター・A・シューハートから見たAT&TAT&T

    Bell Telephone(AT&Tの前身)の技術者は通信システムの信頼性向上に努めてきた。増幅器などの機器は地下に埋設しなければならなかったため、故障頻度を少なくし、修理回数を減らす必要があったのである。シューハートが 1918年にウェスタン・エレクトリック(AT&Tの製造部門)の検査技術部門に配属されたとき、工業品質は完成製品を検査して問題のあるものを除くことで保たれていた。これが完全に変わったのは1924年5月16日のことであった。シューハートの上司であった George D Edwards は「シューハート博士はほんの1ページのメモを書いた。その3分の1は、我々が今日概略の管理図と呼ぶような単純な図だった。その図と前後の文章には、今日の我々がプロセス品質管理として知っている基本原則と考慮すべきことが全て記述されていた」と回想している。彼は、製造工程における変化を削減することの重要性を指摘し、変化を増大させ品質を悪化させる状況を継続的な調整によって制御することを提案した。ウォルター・A・シューハート フレッシュアイペディアより)

  • Tru64 UNIX

    Tru64 UNIXから見たAT&TAT&T

    1988年、いわゆる「UNIX戦争」の最中に、AT&Tやサン・マイクロシステムズと対抗するUNIXを開発すべく、DECはIBM、ヒューレットパッカード (HP) と合流してOpen Software Foundation (OSF) を結成した。OSF/1はカーネギーメロン大学で開発されたMachカーネルを利用した最初のオペレーティングシステムであり、System VとBSDに続く第3の主要なUNIXファミリの基礎として、おそらく最もよく知られている。Tru64 UNIX フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・カーター

    マシュー・カーターから見たAT&TAT&T

    1956年にオランダの活字鋳造所 Joh. Enschedé で Paul H. Rädisch にパンチカット術を学ぶ。1957年にロンドンに戻り、1963年に写真植字機販売会社クロスフィールド・エレクトロニクス社にタイポグラフィのコンサルタントとして入社。1965年にニューヨークへ移住し、マーゲンターラー・ライノタイプ社へ入社。ライノタイプ社の下ベル電話会社に提供した書体 Bell Centennial は、Bell Gothic という書体をベースに文字が小さくインクのにじみやすい電話帳でも字がにじまないようデザインされている。マシュー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 情報化時代

    情報化時代から見たAT&TAT&T

    デジタル革命とICT革命は、双子の革命である。その関係を理解するために、電話機の歴史を見てみる。AT&Tのロバート・ラッキー(Robert W. Lucky)によれば、[グレアム・ベル]の1875年の電話の発明の要点は、アナログ伝送の使用であった。-危険にさらして感銘を受ける電圧はマイクロホンにおいて音の圧力に比例していた。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • ツール・ド・ジョージア

    ツール・ド・ジョージアから見たAT&TAT&T

    ツール・ド・ジョージア(Tour de Georgia)は、アメリカ合衆国、ジョージア州を舞台に開催される、自転車競技ロードレースのステージレース。UCIアメリカツアーの2.HCに指定されている。2003年に、ジョージア癌連合の協賛を受け創設。6ステージ、約600kmの行程で、例年4月に開催される。2008年からはAT&Tの協賛に変わった。ツール・ド・ジョージア フレッシュアイペディアより)

  • シークエント・コンピュータ

    シークエント・コンピュータから見たAT&TAT&T

    AT&Tのベル研究所からもシステムプログラミングの経験のある何人かの技術者が合流した。シークエント・コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブレイズ

    マット・ブレイズから見たAT&TAT&T

    1992年、ブレイズはAT&Tにて勤務している際、"CFS"として知られ、UNIX用の暗号化ファイルシステムである、「強暗号パッケージ」(Strong cryptographic package)の実装を行った。CFSはNFSを転送機構として使用しており、ユーザーが選択したディレクトリ階層の暗号化をするが、鍵を提供後に暗号化されていない状態でそのディレクトリ階層にマウントすることを可能にするものである。1997年11月、彼はこのプロジェクトについて、第1回ACM Conference on Computer and Communications Securityマット・ブレイズ フレッシュアイペディアより)

274件中 61 - 70件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震