274件中 71 - 80件表示
  • テレコミュニケーションズ

    テレコミュニケーションズから見たAT&TAT&T

    1999年、AT&Tが480億ドルでTCIを買収。この際、リバティメディア・グループは技術投資・海外統括事業を行うTCIベンチャー・グループを統合している。テレコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・バレー

    ラスベガス・バレーから見たAT&TAT&T

    この地域で創業され、後に買収されたか移転した会社としては、ウェストウッド・スタジオズ(エレクトロニック・アーツが買収)、システムズ・リサーチ・アンド・デベロプメント(IBMが買収)、イェローページ・ドットコム(ベルサウスとSBCが買収)およびMパワー・コミュニケーションズがある。ラスベガス・バレー フレッシュアイペディアより)

  • ギル・アメリオ

    ギル・アメリオから見たAT&TAT&T

    アメリオは1996年以来半導体産業組合のディレクターで会長でマレーシア・マルチメディア・スーパー・コリドーとマレー首相の助言者である。彼は現在または以前からAT&T, Pacific Telesis, Chiron, セマテック、ジョージア工科大学諮問委員会(会長として)とアメリカ映画協会のディレクターである。2003年6月にはRipcord Networksの会長になった;Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック、外部CTO エレン・ハンコックと他のApple時代の卒業生が加わった。ギル・アメリオ フレッシュアイペディアより)

  • Ultrix

    Ultrixから見たAT&TAT&T

    最初のUltrix-32は4.2BSDベースで、System Vからいくつかの機能を持ち込み、1984年にリリースされた。その目的はDEC自身がVAX用UNIXをサポートすることにあった。また、decvaxをUUCP/ネットニュースで使っていた経験も生かして、いくつか改造が加えられた。後にUltrix-32はDECnetをサポートし、DEC LATなどのDEC独自のプロトコルもサポートすることになった。コンピュータ・クラスターはサポートしなかった。その後すぐにV7Mをベースとした製品も提供した。AT&Tのライセンス規定により、DEC(も他社も)バイナリのみを配布することしかできなかった。従って、様々な構成に合わせた設定ができるように柔軟な設定機能を追加することに力が注がれた。Ultrix フレッシュアイペディアより)

  • AT&T・コーポレートセンター

    AT&T・コーポレートセンターから見たAT&TAT&T

    1989年完成、総床面積158,000平米。シカゴ川の2ブロック東、ウィリス・タワーの1ブロック北東に位置する。小売店と商業用オフィスからなる複合目的ビル。1976年から2000年までの間にシカゴで建てられた建築物の中では最も高い。米国企業のAT&T社が所有。同社の本社機能集約のために建築された。AT&T・コーポレートセンター フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tセンター

    AT&Tセンターから見たAT&TAT&T

    2002年にSBCセンター(AT&T系)として杮落とし。それまでスパーズの本拠地だったアラモドームに代わりオープンした。また、2003年、2005年、2007年と3度のNBAファイナルを開催された。WWEのロイヤルランブルは2007年に当所で開催された。AT&Tセンター フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ヒューストン

    デイヴィッド・ヒューストンから見たAT&TAT&T

    ヒューストンは連邦政府を離れた後、ベル電話証券の社長とAT&Tの副社長に就任した。またヒューストンは相互生命保険会社の社長を10年間務めた。デイヴィッド・ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • エリコフォン

    エリコフォンから見たAT&TAT&T

    トリムライン(Trimline) - AT&T社製のエリコフォンの対抗モデル。 トリムライン電話機は受話器の中にダイアルが組み込まれていたが、呼び出し器は別体のクレードル(受け台)に仕込まれていた。エリコフォン フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・ハートレー

    ラルフ・ハートレーから見たAT&TAT&T

    ウェスタン・エレクトリックの研究所に就職し、1915年にAT&Tの大西洋横断無線電話実験の受信機開発を任された。このときの開発でハートレー発振回路を発明し、三極管を使った際の発振を抑える平滑回路を開発した。発振回路の特許は1915年6月1日に申請され、1920年10月26日に認められた。ラルフ・ハートレー フレッシュアイペディアより)

  • WHOIS

    WHOISから見たAT&TAT&T

    1980年代、ARPANETがインターネットに移行しつつ消えゆく間、ドメイン登録についての責任はDARPAに残されていた。UUNetはドメイン登録サービスを提供し始めたが、それは単にDARPAのNICに対する登録の代行業務に過ぎなかった。米国科学財団(NSF, en)がサードパーティーとして、ドメイン名の登録業務を商用向けに開始した。1993年にはNSFとNetwork Solutions、General Atomics、AT&Tの契約のもと、InterNICが作られた。General Atomicsの契約は、パフォーマンス問題のために数年後にキャンセルされた。WHOIS フレッシュアイペディアより)

274件中 71 - 80件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震