274件中 81 - 90件表示
  • タタ・コンサルタンシー・サービシズ

    タタ・コンサルタンシー・サービシズから見たAT&TAT&T

    タタ財閥におけるソフトウェア企業であり、コンサルティング、ソフトウェア開発、インフラ管理におけるITサービスを提供するなど事業内容は多岐に渡る。顧客にはAT&T、ボーイング、ブリティッシュ・エアウェイズ、IBM、マイクロソフトなどと取引している。特に、ゼネラル・エレクトリックとは売上の13.96%におよぶ大規模取引相手となっている。国内ではインドステイト銀行の1800の支店に金融ソリューションを納品し、さらに国内企業オンラインデータベースの開発・納入が予定されている。国外ではウルグアイ、ブラジル、ハンガリー、中華人民共和国などに所在する開発センターで商品開発に臨む。新たにバイオ科学分野への進出も視野に入れ、金融、製造、医薬品などの各分野にソリューションを提供し拡大成長を目指している。タタ・コンサルタンシー・サービシズ フレッシュアイペディアより)

  • 正力マイクロ波事件

    正力マイクロ波事件から見たAT&TAT&T

    マイクロ波とは電波の一種である。波長が短く強い指向性をもつため搬送できる情報が多くアンテナや消費電力が小さくすむ利点を持つが送信距離が短く障害物に弱い、つまりアンテナが相互に見えないと通信は不可能。1940年代後半よりレーダー研究から離れた人材が各国で研究を進め通信分野においては同軸ケーブルとともに長距離伝送路としての役割を担っていくが施設設置に時間がかからず、初期投資が抑えられる点がメリットである。アメリカではAT&Tが大陸横断のテレビ中継システムを完成させ、州際通信と国際通信を規制するFCCによる1959年の周波数帯域の自由化(above 890)まで独占体制を築くことになる。通信・放送分野で中継効果を得るためには例えば生駒山と霊山のように見通し場所同士の頂上に受信用また送信用パラボラアンテナと中継器を設置して山頂と山頂を電波で繋ぐマウンテン・トップ方式が採用された。正力マイクロ波事件 フレッシュアイペディアより)

  • アレイコム

    アレイコムから見たAT&TAT&T

    1973年4月3日,当時44歳だったクーパー自ら携帯電話の試作機を試験するため,マンハッタンの街角からAT&Tベル研究所のライバルに電話をかけた。モトローラが初の市販機「DynaTAC8000X」を発売したのはそれから10年後だった。重さは2ポンド(約900g)近くあり,価格は3995ドルだった。アレイコム フレッシュアイペディアより)

  • オーバム

    オーバムから見たAT&TAT&T

    オーバムは、現在までに多くの顧客企業と、長年に渡る関係を進展させている。主要顧客には、アルカテル・ルーセント、AT&T、ブリティッシュ・テレコム、ケーブル・アンド・ワイヤレス、シスコシステムズ、ドイツテレコム、富士通、ヒューレット・パッカード、IBM、マイクロソフト、テルストラ、ボーダフォン、NTTドコモ、KDDIがある。オーバム フレッシュアイペディアより)

  • Oracle Tuxedo

    Oracle Tuxedoから見たAT&TAT&T

    Oracle Tuxedo(オラクル・タキシード、Tuxedo、Transactions for Unix, Extended for Distributed Operations)は、オンライントランザクション処理 (OLTP)を扱うためのトランザクションモニター(TPモニタ)を中核としたミドルウェア製品である。1984年にAT&Tによって Tuxedo として開発され、USL、ノベル、BEAシステムズ(BEA)を経て、オラクルにより販売されている。Oracle Tuxedo フレッシュアイペディアより)

  • ハナセル

    ハナセルから見たAT&TAT&T

    AT&Tの回線を利用(GSM)ハナセル フレッシュアイペディアより)

  • iWarp

    iWarpから見たAT&TAT&T

    iWarp向けにはCとFORTRANのコンパイラが開発されている。まずAT&TのUNIX向け pcc コンパイラがインテルとの契約に基づいて移植され、その後インテルが独自に修正・拡張を施した。iWarp フレッシュアイペディアより)

  • セキュア通信

    セキュア通信から見たAT&TAT&T

    Hepting vs. AT&T(en)(電子フロンティア財団によって起された2006年の訴訟で、AT&TはNSAにそのクライアントのインターネットとVoIP通信の全部を盗聴する許可を出したと訴えられた。)★セキュア通信 フレッシュアイペディアより)

  • Graphviz

    Graphvizから見たAT&TAT&T

    Graphviz(Graph Visualization Software)は AT&T研究所が開発したオープンソースのツールパッケージであり、DOT言語のスクリプトで示されたグラフを描画する。パッケージにはアプリケーションソフトウェアからツールを使うためのライブラリも含まれる。Graphviz は Common Public License ライセンスで提供されるフリーソフトウェアである。Graphviz フレッシュアイペディアより)

  • タイポスクワッティング

    タイポスクワッティングから見たAT&TAT&T

    似た手法がアメリカの無料通話にあり、800から始まる番号のうちスペルミスに関わるものを取得するというものである。よい実例が、AT&Tが突然"1-800-OPERATOR"という番号を放棄し、"1-800-CALL-ATT"で置き換えたことである。アメリカ人の多くがoperatorをどのように綴るか分からなかったと見えて、MCI Communicationsは"1-800-OPERATER"から多くの通話をかき集め、AT&Tの宣伝から利益を得た(どちらの番号も、最後の"R"が余分である)。タイポスクワッティング フレッシュアイペディアより)

274件中 81 - 90件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震