前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • AT&T

    AT&Tから見たスプリント・ネクステル

    20世紀初頭には政府との折衝の結果キングズベリー協定により事業の独占権「規制下の独占」を認められるようになった。この規制された独占の状態は1970年代に始まる反独占訴訟(United States v. AT&T, 552 F. Supp. 131 (D.D.C. 1982))の結果解体されることになる。1984年1月1日をもって、地域電話部門は地域ベル電話会社8社(アメリテック、ベル・アトランティック、ベルサウス、ナイネックス、パシフィック・テレシス、サウスウェスタン・ベル、USウエスト)へ分離された。また、ベル研究所もAT&T本体から分離され、子会社のAT&Tテクノロジーズ(旧ウェスタン・エレクトリック)の傘下に置かれた。これにより、AT&Tは基本的に長距離電話会社となった。アメリカの電話産業は市場競争へと開放され、特に長距離部門ではMCIやスプリント(現:スプリント・ネクステル)などの大手長距離電話会社の成長を見ることになる。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見た日本テレコム

    AT&TジャパンLLCはAT&Tの技術を日本に導入するとともに、企業向けネットワークのアウトソーシングサービスなどを行っている。技術力は高く、顧客層はかなり大企業に偏っている模様である。国際サービスはAT&Tのサービスを使い、国内サービスはNTTコミュニケーションズ、KDDI、日本テレコム、KVHテレコムなどの回線を調達しAT&Tがマネージメントとカスタマイズをして、顧客に提供するサービスをしている。複雑なネットワークであるほど、AT&Tの評価は高い。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たタイガー・ウッズ

    プロ・ゴルファーのタイガー・ウッズがイメージ・キャラクター。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たインターネットイニシアティブ

    2010年9月に、AT&Tジャパンのネットワークアウトソーシング事業をインターネットイニシアティブへ譲渡した。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見た日本電気

    日本電気(NEC)は、ベル電話会社(旧AT&T)の機材製造部門ウェスタン・エレクトリックと岩垂邦彦による日本初の外資との合弁企業であった。現在はAT&Tとの資本関係はない。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たKDDI

    AT&TジャパンLLCはAT&Tの技術を日本に導入するとともに、企業向けネットワークのアウトソーシングサービスなどを行っている。技術力は高く、顧客層はかなり大企業に偏っている模様である。国際サービスはAT&Tのサービスを使い、国内サービスはNTTコミュニケーションズ、KDDI、日本テレコム、KVHテレコムなどの回線を調達しAT&Tがマネージメントとカスタマイズをして、顧客に提供するサービスをしている。複雑なネットワークであるほど、AT&Tの評価は高い。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たウェスタン・エレクトリック

    1877年、19世紀における米国の二大発明家であるグラハム・ベルが興したベル電話会社が前身であり、1885年に世界初の長距離電話会社として発足。社長となったセエドア・ニュートン・ヴェイルは「垂直統合」と「水平統合」と呼ばれる研究開発(ベル研究所)から機材製造(ウェスタン・エレクトリック)、市内交換から長距離交換までの独占を展開。ネットワーク経済学におけるボトルネック独占を見事に現実のものとした。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たT-モバイル

    2006年には、地域ベル電話会社のベルサウスを買収。ベルサウスとは携帯電話事業で合弁事業を行っており、共同出資会社シンギュラー・ワイヤレスは米国内でベライゾン・ワイヤレスやスプリント・ネクステル、T-モバイルを抑えトップシェアとなっていた。また、この合併で地域電話会社はAT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、クウェスト・コミュニケーションズ・インターナショナルの3社に集約されることとなった(英語版の地図を参照)。これによりAT&Tは、長距離データ通信、長距離電話、携帯電話、公衆無線LANサービス、米国本土のおよそ半分で地域電話サービス(インターネット接続サービス、IPTVサービスを含む)を提供する巨大通信事業者となった。2007年、シンギュラー・ワイヤレスをAT&Tモビリティに名称変更し、すべてのサービスをAT&Tのブランドに統一した。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たNTTコミュニケーションズ

    AT&TジャパンLLCはAT&Tの技術を日本に導入するとともに、企業向けネットワークのアウトソーシングサービスなどを行っている。技術力は高く、顧客層はかなり大企業に偏っている模様である。国際サービスはAT&Tのサービスを使い、国内サービスはNTTコミュニケーションズ、KDDI、日本テレコム、KVHテレコムなどの回線を調達しAT&Tがマネージメントとカスタマイズをして、顧客に提供するサービスをしている。複雑なネットワークであるほど、AT&Tの評価は高い。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見た岩垂邦彦

    日本電気(NEC)は、ベル電話会社(旧AT&T)の機材製造部門ウェスタン・エレクトリックと岩垂邦彦による日本初の外資との合弁企業であった。現在はAT&Tとの資本関係はない。AT&T フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震