47件中 11 - 20件表示
  • AT&T

    AT&Tから見たアレクサンダー・グラハム・ベル

    1877年、19世紀における米国の二大発明家であるグラハム・ベルが興したベル電話会社が前身であり、1885年に世界初の長距離電話会社として発足。社長となったセエドア・ニュートン・ヴェイルは「垂直統合」と「水平統合」と呼ばれる研究開発(ベル研究所)から機材製造(ウェスタン・エレクトリック)、市内交換から長距離交換までの独占を展開。ネットワーク経済学におけるボトルネック独占を見事に現実のものとした。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たケーブルテレビ

    1990年代後半からは、大手ケーブル会社のTCI、メディアワンを買収、ケーブル施設を全国に保有し、その施設を通じた高速インターネット通信事業においても大手事業者となった。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たニューヨーク証券取引所

    AT&T(エイ ティ アンド ティ、AT&T Inc.、NYSE:T)はアメリカ合衆国最大手の電話会社。インターネット接続サービス等も提供する。本社は旧SBCコミュニケーションズの本拠であるテキサス州サンアントニオに置く。AT&Tは、旧社名 The American Telephone & Telegraph Company の略。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たNYSE

    2005年には、SBCコミュニケーションズにより、残っていたAT&T自体(AT&T Corporation)が買収される。SBCは、ブランド名として価値の高いAT&Tを社名にすることにし、AT&T Inc.と改称した。買収されたAT&T Corp.は、新AT&Tの長距離通信事業を担当する子会社として現在も存続している。SBCコミュニケーションズは、1983年のAT&T分割でできた地域通信会社であり、経営陣の多くがAT&T出身ではあるが、子が親を買収するようなイメージの合併であった。従って、旧AT&Tの流れは、資本上はここでいちど切れたと考えるべきである。SBCのAT&Tへの社名変更はSBCの経営陣がAT&Tの圧倒的なブランド力、認知度を利用するとともに、誇るべきNYSEにおける"T"の一文字ストックシンボルの伝統を消したくなかった、と言われている(参考:英語版 AT&T)。AT&Tのロゴは買収後に若干変更された。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たフォーミュラ1

    2007年からF1チームのウィリアムズF1チームのスポンサーを務めている。過去スポンサーを務めていたチームの移り変わりは多くジャガー・レーシング、マクラーレン、ウィリアムズと推移している。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たマクラーレン

    2007年からF1チームのウィリアムズF1チームのスポンサーを務めている。過去スポンサーを務めていたチームの移り変わりは多くジャガー・レーシング、マクラーレン、ウィリアムズと推移している。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見た命名権

    SBC時代の2000年の開場当時から、現在のAT&Tパークのネーミングライツを保有している。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たNTTドコモ

    2001年の企業再構築により、旧TCIのメディア部門であったリバティメディアがスピンオフし、AT&Tは、AT&Tワイヤレス、AT&Tブロードバンド(ケーブルTV & ケーブルインターネット)、AT&Tコンシューマー、AT&Tビジネスの四事業体制となる。このうちAT&Tワイヤレスは切り離され独立し、2001年から2004年まではNTTドコモが筆頭株主(16%)となるが、2004年にはSBCコミュニケーションズとベルサウスの合弁会社であるシンギュラー・ワイヤレスに買収されることになった。2002年には、AT&Tブロードバンドは、ケーブルテレビ事業大手のコムキャストに買収されて、AT&T本体に残るのは、昔からある長距離通信事業のみとなった。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たBTグループ

    ブリティッシュテレコムとの合弁、コンサートジャパンも合弁解消、こちらはAT&Tに吸収合併されている。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たベライゾン・ワイヤレス

    2006年には、地域ベル電話会社のベルサウスを買収。ベルサウスとは携帯電話事業で合弁事業を行っており、共同出資会社シンギュラー・ワイヤレスは米国内でベライゾン・ワイヤレスやスプリント・ネクステル、T-モバイルを抑えトップシェアとなっていた。また、この合併で地域電話会社はAT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、クウェスト・コミュニケーションズ・インターナショナルの3社に集約されることとなった(英語版の地図を参照)。これによりAT&Tは、長距離データ通信、長距離電話、携帯電話、公衆無線LANサービス、米国本土のおよそ半分で地域電話サービス(インターネット接続サービス、IPTVサービスを含む)を提供する巨大通信事業者となった。2007年、シンギュラー・ワイヤレスをAT&Tモビリティに名称変更し、すべてのサービスをAT&Tのブランドに統一した。AT&T フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震