47件中 21 - 30件表示
  • AT&T

    AT&Tから見た地域ベル電話会社

    20世紀初頭には政府との折衝の結果キングズベリー協定により事業の独占権「規制下の独占」を認められるようになった。この規制された独占の状態は1970年代に始まる反独占訴訟(United States v. AT&T, 552 F. Supp. 131 (D.D.C. 1982))の結果解体されることになる。1984年1月1日をもって、地域電話部門は地域ベル電話会社8社(アメリテック、ベル・アトランティック、ベルサウス、ナイネックス、パシフィック・テレシス、サウスウェスタン・ベル、USウエスト)へ分離された。また、ベル研究所もAT&T本体から分離され、子会社のAT&Tテクノロジーズ(旧ウェスタン・エレクトリック)の傘下に置かれた。これにより、AT&Tは基本的に長距離電話会社となった。アメリカの電話産業は市場競争へと開放され、特に長距離部門ではMCIやスプリント(現:スプリント・ネクステル)などの大手長距離電話会社の成長を見ることになる。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たメディアワン

    1990年代後半からは、大手ケーブル会社のTCI、メディアワンを買収、ケーブル施設を全国に保有し、その施設を通じた高速インターネット通信事業においても大手事業者となった。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たルーセント・テクノロジーズ

    1996年には、機材製造・研究開発部門のAT&Tテクノロジーズをルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント)としてスピンオフ。また、1991年に買収したNCR(買収後にAT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズに改称)も、1997年にNCRとしてスピンオフした。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たリバティメディア

    2001年の企業再構築により、旧TCIのメディア部門であったリバティメディアがスピンオフし、AT&Tは、AT&Tワイヤレス、AT&Tブロードバンド(ケーブルTV & ケーブルインターネット)、AT&Tコンシューマー、AT&Tビジネスの四事業体制となる。このうちAT&Tワイヤレスは切り離され独立し、2001年から2004年まではNTTドコモが筆頭株主(16%)となるが、2004年にはSBCコミュニケーションズとベルサウスの合弁会社であるシンギュラー・ワイヤレスに買収されることになった。2002年には、AT&Tブロードバンドは、ケーブルテレビ事業大手のコムキャストに買収されて、AT&T本体に残るのは、昔からある長距離通信事業のみとなった。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たAT&Tモビリティ

    2006年には、地域ベル電話会社のベルサウスを買収。ベルサウスとは携帯電話事業で合弁事業を行っており、共同出資会社シンギュラー・ワイヤレスは米国内でベライゾン・ワイヤレスやスプリント・ネクステル、T-モバイルを抑えトップシェアとなっていた。また、この合併で地域電話会社はAT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、クウェスト・コミュニケーションズ・インターナショナルの3社に集約されることとなった(英語版の地図を参照)。これによりAT&Tは、長距離データ通信、長距離電話、携帯電話、公衆無線LANサービス、米国本土のおよそ半分で地域電話サービス(インターネット接続サービス、IPTVサービスを含む)を提供する巨大通信事業者となった。2007年、シンギュラー・ワイヤレスをAT&Tモビリティに名称変更し、すべてのサービスをAT&Tのブランドに統一した。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たNCR (企業)

    1996年には、機材製造・研究開発部門のAT&Tテクノロジーズをルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント)としてスピンオフ。また、1991年に買収したNCR(買収後にAT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズに改称)も、1997年にNCRとしてスピンオフした。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たJENS

    また、かつて存在したAT&TのプロバイダーサービスはAT&Tと日本テレコムとの合弁会社JENSが運営していたが、AT&TがNTTコミュニケーションズと提携した後、合弁は解消、現在AT&Tとは無関係の会社になっている。しかし、ドメインとしてはatt.ne.jpがそのまま残っている。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たMCI (電気通信事業者)

    20世紀初頭には政府との折衝の結果キングズベリー協定により事業の独占権「規制下の独占」を認められるようになった。この規制された独占の状態は1970年代に始まる反独占訴訟(United States v. AT&T, 552 F. Supp. 131 (D.D.C. 1982))の結果解体されることになる。1984年1月1日をもって、地域電話部門は地域ベル電話会社8社(アメリテック、ベル・アトランティック、ベルサウス、ナイネックス、パシフィック・テレシス、サウスウェスタン・ベル、USウエスト)へ分離された。また、ベル研究所もAT&T本体から分離され、子会社のAT&Tテクノロジーズ(旧ウェスタン・エレクトリック)の傘下に置かれた。これにより、AT&Tは基本的に長距離電話会社となった。アメリカの電話産業は市場競争へと開放され、特に長距離部門ではMCIやスプリント(現:スプリント・ネクステル)などの大手長距離電話会社の成長を見ることになる。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たテレコミュニケーションズ

    1990年代後半からは、大手ケーブル会社のTCI、メディアワンを買収、ケーブル施設を全国に保有し、その施設を通じた高速インターネット通信事業においても大手事業者となった。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たアルカテル・ルーセント

    1996年には、機材製造・研究開発部門のAT&Tテクノロジーズをルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント)としてスピンオフ。また、1991年に買収したNCR(買収後にAT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズに改称)も、1997年にNCRとしてスピンオフした。AT&T フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「米AT&T」のニューストピックワード

  • 行動・活動する会議所を目指し、徳島が今より活気づいたと言われるような足跡を残したい

  • お父さんの優しさ表現

  • 記録資料に見る南海地震