1321件中 91 - 100件表示
  • PReP

    PRePから見たIBMIBM

    PRePは、PowerPCプロセッサーと同時に生まれた。1994年にIBMにより出版され、多数のハードウェアベンダーが、Windows NT、OS/2、Solaris、タリジェントそしてAIXを含む色々なオペレーティングシステムを稼働できるマシンを製造することを可能にした。PReP フレッシュアイペディアより)

  • CHRP

    CHRPから見たIBMIBM

    CHRP(ちゃーぷ、)は、1995年にIBMとアップルコンピュータにより発表された、PowerPCベースのコンピュータシステムのための標準システムアーキテクチャである。単にHRP(Hardware Reference Platform)とも呼ばれた。CHRP フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・バックマン

    チャールズ・バックマンから見たIBMIBM

    バックマンは学界ではなく実際のソフトウェア開発現場でほとんどの期間を過ごした。1950年にダウ・ケミカルで働きはじめ、1960年にゼネラル・エレクトリックに移るまでにデータ処理マネージャとなっていた。ゼネラル・エレクトリックでは初期のデータベース管理システムの1つである Integrated Data Store (IDS) を開発した。ウェアーハウザーと共同で、IDSデータベースへのマルチプログラミング・アクセス機能も開発。後にGEでタイムシェアリングシステム上でのデータベースアクセス機能を備えたBASIC言語 dataBasic も開発した。その後、Cullinane Information Systems (後にCullinetと改称)に移り、IDSを改良したIDMSを開発した(IBMのメインフレームで動作する)。チャールズ・バックマン フレッシュアイペディアより)

  • Standard Widget Toolkit

    Standard Widget Toolkitから見たIBMIBM

    Standard Widget Toolkit(SWT)は、Javaプラットフォーム用ウィジェット・ツールキットの一種。元々、IBMが開発したが、現在は Eclipse Foundation が Eclipse IDE と共に管理保守している。サン・マイクロシステムズが Java 標準の一環として提供するJava用GUIツールキットである AWT と Swing を代替するものとして開発された。Standard Widget Toolkit フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・J・ワトソン

    トーマス・J・ワトソンから見たIBMIBM

    トーマス・ジョン・ワトソン・シニア(Thomas John Watson, Sr.、1874年2月17日 - 1956年6月19日)はインターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)社の初代社長である。同社の「創立者」とされる場合があるが正しくない。1914年から1956年までIBMのトップとして同社を世界的大企業に育て上げた。IBM独自の経営スタイルと企業文化を生み出し、パンチカードを使ったタビュレーティングマシンを主力として、非常に効率的な販売組織へと成長させた。たたき上げた一流の実業家であり、生前は世界一の富豪として知られ、死に際しては世界一偉大なセールスマンと賞賛された。トーマス・J・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • 不揮発性メモリ

    不揮発性メモリから見たIBMIBM

    主記憶装置に不揮発性メモリを採用できれば、相対的に低速なハードディスクなどの補助記憶装置の必要性がなくなる。いくつかの企業が価格面でも性能面でも揮発性のRAMに匹敵する不揮発性メモリを開発中である。例えばIBMはMRAM(磁気抵抗メモリ)を開発中である。不揮発性メモリを主記憶装置に利用できれば省電力になるだけでなく、コンピュータの電源をいつでも切ったり入れたりでき、時間のかかるスタートアップやシャットダウンが不要になる。不揮発性メモリ フレッシュアイペディアより)

  • 同時マルチスレッディング

    同時マルチスレッディングから見たIBMIBM

    2004年5月に発表されたIBMのPOWER5はデュアルコアプロセッサで、それぞれのコアに2スレッドのSMTエンジンが組み込まれている。IBMの実装はそれ以前の実装と比較してより洗練されており、異なるスレッドに優先度を与えることや、SMTが性能向上をもたらさないタイプのワークロードをより効率的に処理するため動的にSMTエンジンをオン・オフすることが可能となっている。同時マルチスレッディング フレッシュアイペディアより)

  • IBM形式フロッピーディスク

    IBM形式フロッピーディスクから見たIBMIBM

    IBM形式フロッピーディスク(フロッピーディスクにおける IBMフォーマット)とは、本来はIBMのメインフレームで使用された8インチのフロッピーディスクのフォーマットであり、更にはそれをベースとした各社の5.25インチや3.5インチを含めたフロッピーディスクのフォーマットの総称である。IBM形式フロッピーディスク フレッシュアイペディアより)

  • Apache Harmony

    Apache Harmonyから見たIBMIBM

    その後、プロジェクトにはASF管理者によりアパッチ流の開発方式を取り入れたことにより、大きく成功したといえるだろう。2006年11月時点、プロジェクトチームのコミッターは16人の開発者及び、IBMとインテルに属する16の開発チームで構成されている。Apache Harmony フレッシュアイペディアより)

  • マルチステーション5550

    マルチステーション5550から見たIBMIBM

    IBMが日本で最初に販売したパーソナルコンピュータであり、漢字などの2バイト文字を表示できたため、韓国、台湾、中国などでも販売された。マルチステーション5550 フレッシュアイペディアより)

1321件中 91 - 100件表示

「米IBM」のニューストピックワード