1321件中 11 - 20件表示
  • グラディ・ブーチ

    グラディ・ブーチから見たIBMIBM

    IBM のラショナル部門の主席技術者である。グラディ・ブーチ フレッシュアイペディアより)

  • MS-DOS Shell

    MS-DOS Shellから見たIBMIBM

    DOSシェルは、1988年のIBM DOSバージョン4、およびMS-DOSバージョン4に搭載された。バージョン4はIBM主導で開発され、マイクロソフト経由で各社にOEM供給された。(バージョン5迄はIBMとマイクロソフトはOSの共同開発が契約されていた。)MS-DOS Shell フレッシュアイペディアより)

  • Informix

    Informixから見たIBMIBM

    Informix(いんふぉみっくす)は、IBMの関係データベース管理システム (RDBMS) 製品群の名称。2001年に買収した企業(Informix または Informix Software)が1980年に開発したものが起源である。Informix フレッシュアイペディアより)

  • ハウコム

    ハウコムから見たIBMIBM

    1996年10月に設立。IBM社員向けヘルプデスクサポートを中心に事業を拡大し、企業の社内ITヘルプデスク業務・コールセンター事業を中心に各種ITサポート、IT運用・コンサルティング事業に特化した企業。東京と宮崎に拠点を構え、クライアント企業の拠点に常駐してのオンサイトサポート、また、宮崎サポートセンターを活用したコストパフォーマンスの高いサービスデスクの運用を中心に、顧客のニーズに合わせたサービスを提供している。ハウコム フレッシュアイペディアより)

  • ハイパーバイザ

    ハイパーバイザから見たIBMIBM

    ハードウェアの上で直接稼働する(後述のType 1。狭義のハイパーバイザ。専用OSの形のz/VM、VMware ESX、ESXi、Xenなどや、ファームウェアの形のIBM LPARなど。)ハイパーバイザ フレッシュアイペディアより)

  • UNIX

    UNIXから見たIBMIBM

    2003年、SCOはLinuxにはSCOが保有するUNIXの著作権を侵害している部分があると主張し、Linuxのユーザーやベンダーを法的に訴え始めた。IBMはSCOとの協業で得た企業秘密をLinuxに応用したとして訴えられ、旧SCOの顧客でLinuxに乗り換えた者は契約違反で訴えられた。これに対してノベルはUNIXのソースコードの著作権はノベルが依然として保持していると反論。ノベルによれば、著作権はノベルが保持しており、SCOは単にライセンス認証業務を委託されていたにすぎず、その業務を停止させる権利もノベルが保有しており、ライセンス収入の95%はノベルのものだという。SCOはこれに同意せず、結果として両者は裁判で決着をつけることになった。2007年8月10日、ノベルに有利な判決がなされた(UNIXの著作権はノベルが保有しており、SCOはノベルに渡すべきライセンス料を不正に蓄えているという判決)。判決ではさらに、SCOがIBMとシークエントを訴えている件で、本来の権利者であるノベルが訴えをやめることを希望しているため、SCOはそれに従うべきだとしている。判決後ノベルは、UNIXに関連して人々を訴えるつもりは全くないとし、Linuxの中にUNIXのコードが混じっているとも思わないとした。2009年8月24日、SCOは第十巡回控訴院でこの判決の一部を覆すことに成功し、裁判の差し戻しが決まった。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • フロッピーディスク

    フロッピーディスクから見たIBMIBM

    最初のフロッピーディスクは1971年にIBMが開発した。当時の名称は「フレキシブル・ディスケット」(flexible diskette)または「ディスケット」で、IBMの登録商標となった。フロッピーディスク フレッシュアイペディアより)

  • RPG (プログラム言語)

    RPG (プログラム言語)から見たIBMIBM

    RPG は もとReport Program Generator のアクロニムで、IBMの System i(以前のAS/400)サーバ向けのプログラミング言語である。ILE (Integrated Language Environment) のオブジェクト指向機能を取り入れた RPG IVが現行である(ILE RPGとしても知られている)。最初期の4GLとされる。RPG (プログラム言語) フレッシュアイペディアより)

  • DB2

    DB2から見たIBMIBM

    DB2 (でぃーびーつー、IBM Database2)は、IBMのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)製品である。DB2ファミリーは、IBMのソフトウェアブランドの1つであるIBM Information Management Softwareを構成する。DB2 フレッシュアイペディアより)

  • タビュレーティングマシン

    タビュレーティングマシンから見たIBMIBM

    その間にホレリスもタビュレーティングマシンの改良を行い、より自動化の進んだ機械を開発していた。自動機により優位に立ったTMCは事務機会社としての地位を確立。それが後のIBMとなった。IBMは1940年代にコンピュータが登場するまで、タビュレーティングマシンの高速化と高機能化を進めていった。なお、パワーズの会社は事務用品会社ランド・カーデックス社に買収され、同社は後にレミントンランドとなった(その後、スペリー→ユニシス)。タビュレーティングマシン フレッシュアイペディアより)

1321件中 11 - 20件表示

「米IBM」のニューストピックワード