1321件中 31 - 40件表示
  • オブジェクト関係データベース

    オブジェクト関係データベースから見たIBMIBM

    ORDBMSの実装としては、Illustra、Informix Dynamic Server 、PostgreSQL、IBM DB2 、Oracle Database などがある。オブジェクト関係データベース フレッシュアイペディアより)

  • 大連ソフトウェアパーク

    大連ソフトウェアパークから見たIBMIBM

    そして、21世紀に入ると、欧米企業(Genpact(GEの子会社)、IBM、HP、SAPなど)が、特にその日本子会社のソフトウェア開発・情報サービスのアウトソーシングを始め、現在は欧米の業務も増やしており、また大連を日本語・韓国語・英語・中国語・広東語も含めた東アジアのセンターとする企業も出る(DellとHP)など、国際化の真っ只中にある。大連ソフトウェアパーク フレッシュアイペディアより)

  • 大歳卓麻

    大歳卓麻から見たIBMIBM

    日本アイ・ビー・エム株式会社代表取締役社長執行役員、International Business Machines Corporation会長補佐、社団法人日本経済団体連合会企業行動委員会共同委員長などを歴任した。大歳卓麻 フレッシュアイペディアより)

  • Open Invention Network

    Open Invention Networkから見たIBMIBM

    ノースカロライナ州ダーラムに基盤を持つ同社は2005年11月10日、IBM、ノベル、レッドハット、ソニーにより設立された。その後NEC、フィリップスがメンバーに加わっている。キース・バーゲルトは同社のCEOである。バーゲルトは以前Paradox Capital, LLCの会長、CEOを務めていた。OINは以前ノベルが1,550万ドルにて買収したのWebサービス特許を同社より寄贈されている。この特許は最新のB2B向け電子商取引における規範的基礎を成すものである。OINの設立会員企業は、プールされた特許を第三者の参加を促進することならびにLinux、Linux関連アプリケーションに対する法的な脅迫を防止することを目的して利用する。2011年4月時点でOINのライセンシーは300以上の企業、組織、個人に上った。レッドハットのマーク・ウェビンクによると、とりわけOINにより重視されるキー・アプリケーションには、以下のものが含まれる。Open Invention Network フレッシュアイペディアより)

  • Power Architecture

    Power Architectureから見たIBMIBM

    Power Architecture(パワーアーキテクチャ)は、IBMなどによるRISCマイクロプロセッサ(CPU)用のアーキテクチャ名である。Power Architecture フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタン・デジタル

    ウェスタン・デジタルから見たIBMIBM

    WD1771と関連製品によってウェスタン・デジタルはストレージ関連産業へ参入した。1980年代初期には、ハードディスクのコントローラーを作っており、1983年にはIBMのPC/ATに供給する契約を勝ち取った。そのコントローラーWD1003は ATAインターフェイスのベースとなった。ATAは、ウェスタン・デジタルがコンパックおよびCDCのMPI部門(現在のシーゲイト・テクノロジーの一部)と共に1986年に共同開発したものである。ウェスタン・デジタル フレッシュアイペディアより)

  • オラクル (企業)

    オラクル (企業)から見たIBMIBM

    オラクル社は、データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発、販売を行っている。また多数の買収によりソフトウェア市場でのシェアを高めており、2007年にはマイクロソフトとIBMに次ぐ世界で第3位のソフトウェア会社となり 、更に2008年にはBEAシステムズの買収によりIBMを抜いて世界で第2位となった。オラクル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • システムインテグレーター

    システムインテグレーターから見たIBMIBM

    コンピューターのハードウェアを製造している(乃至していた)、いわゆるコンピューター会社(メーカー)の系列会社。世界初のメインフレーム(汎用コンピュータ)開発に成功したIBMとそれに対抗する日本の三大コンピューターグループなど、1960年代の黎明期からハードウェアを製造していたメーカーが多い。システムインテグレーター フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史

    計算機の歴史から見たIBMIBM

    1880年代末、アメリカのハーマン・ホレリスは機械で読み取り可能な形で媒体にデータを記録する方法を発明した。それまで、機械が読み取り可能な形で媒体に記録されるのは制御情報であって(ピアノロールやジャカード織機)、データではなかった。当初紙テープを試したが、最終的にパンチカードに到達した。鉄道の車掌が切符に鋏を入れる様を見て、パンチカードを思いついたという。パンチカードに穴を開けるキーパンチ機とそれを処理するタビュレーティングマシンを発明。それらの発明が現代の情報処理発展の基盤となった。機械式カウンタとして、リレー(とソレノイド)を使っている。ホレリスの発明はアメリカでの1890年の国勢調査に使われ、予定の数カ月前に集計を終え、予算も抑えることに貢献した。前回の国勢調査よりも数年短い期間で集計を終えている。ホレリスの創業した会社は後にIBMの中核となった。IBMはパンチカード技術を発展させて一連の商用データ処理機器(パンチカードシステム)を開発した。1950年ごろまでにIBMのシステムが産業界や政府で広く使われるようになっている。文書として一般人が手にするようになったカード(小切手や公共料金の明細など)には "Do not fold, spindle or mutilate"(折ったり穴を開けたり破いたりしないでください)という警告が印刷され、第二次世界大戦後の時代を表すキャッチフレーズとなった。計算機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オペレーティングシステムの歴史

    オペレーティングシステムの歴史から見たIBMIBM

    そのような状態は1960年代まで続いていたが、ハードウェアベンダーとして頭角を現していたIBMはそれまで開発していた様々なシステムの開発をやめ、System/360シリーズの開発に集中するようになった。それは小規模なマシンから大規模なマシンまで、すべて同じ命令セットを使い、入出力アーキテクチャを統一したシリーズである。IBMはこのシリーズ向けに単一のオペレーティングシステム OS/360 を開発しようとした。OS/360の開発で発生した問題は半ば伝説となっており、ソフトウェア工学の古典ともいえるフレデリック・ブルックスの『人月の神話』に描かれている。シリーズ全体の性能があまりにも異なり、ソフトウェア開発が遅延したため、実際には単一のOSでシリーズ全体をカバーすることができず、OS/360はOSファミリの一部となった。オペレーティングシステムの歴史 フレッシュアイペディアより)

1321件中 31 - 40件表示

「米IBM」のニューストピックワード