1531件中 41 - 50件表示
  • オペレーティングシステムの歴史

    オペレーティングシステムの歴史から見たIBMIBM

    そのような状態は1960年代まで続いていたが、ハードウェアベンダーとして頭角を現していたIBMはそれまで開発していた様々なシステムの開発をやめ、System/360シリーズの開発に集中するようになった。それは小規模なマシンから大規模なマシンまで、すべて同じ命令セットを使い、入出力アーキテクチャを統一したシリーズである。IBMはこのシリーズ向けに単一のオペレーティングシステム OS/360 を開発しようとした。OS/360の開発で発生した問題は半ば伝説となっており、ソフトウェア工学の古典ともいえるフレデリック・ブルックスの『人月の神話』に描かれている。シリーズ全体の性能があまりにも異なり、ソフトウェア開発が遅延したため、実際には単一のOSでシリーズ全体をカバーすることができず、OS/360はOSファミリの一部となった。オペレーティングシステムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ワトソン (コンピュータ)

    ワトソン (コンピュータ)から見たIBMIBM

    ワトソン()は、IBMが開発した質問応答システム・意思決定支援システムである。ワトソン (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • Intel486

    Intel486から見たIBMIBM

    インテルとIBMの提携に基づく、IBMによる改良・製造版。IBM 386SLCをベースに内蔵キャッシュを16Kに増やし、486SLと同レベルの性能を実現したもの。名称より「486SLベース」との誤解が多いがコアは386SLベースである。名称の「C」はCacheの略とも言われる。インテル版に相当する「i486SLC」は存在しない。Intel486 フレッシュアイペディアより)

  • POWER7

    POWER7から見たIBMIBM

    POWER7(パワーセブン)は、IBMが2010年2月に発表したPower Architectureベースの64ビットマイクロプロセッサである。2012年10月に強化版のPOWER7+(パワーセブンプラス)が発表された。前身はPOWER6、後継はPOWER8。POWER7 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯情報端末

    携帯情報端末から見たIBMIBM

    世界初と言われるPDAは、1984年に発売されたPSIONのOrganizerである。1991年、PSIONは後継機のPsion's Series 3を発売した。これはフル・キーボードを備え、より一般的となるPDAのデザインに近いものとなっている。1992年には、Apple Newtonが発表され、PDAという言葉はこの機器のために造られた。1994年、IBMは携帯電話の機能を備えたPDAであるIBM Simonを発売した。これをもって最初のスマートフォンということもできる。1996年、ノキアも同様に携帯電話機能を備えたPDAである9000 Communicatorを発売した。これは、世界で最も売れたPDAとなった。1996年には、もう一つの有名なPDAブランドとなるパームによるPalmが発売された。携帯情報端末 フレッシュアイペディアより)

  • タンデムコンピューターズ

    タンデムコンピューターズから見たIBMIBM

    故障にうまく対処できるだけでなく、この何も共有しない (shared-nothing) メッセージングシステムはスケーラビリティが非常によく、巨大な負荷にも対応できる。プロセッサ数が倍になればシステムのスループットも倍になり、最大4000プロセッサを構成可能である。対照的に一般のマルチプロセッサシステムは共有メモリやバスやスイッチの性能で全体の性能が制限される。4から8プロセッサが一般的な限界であり、それ以上プロセッサを増やしてもシステム全体としての性能向上は見込めない。NonStop システムは、フォールトトレラント性よりもスケーラビリティが評価されて購入されることが多かった。より単純なミニコンピュータの技術で構築されていながら、IBMの大型メインフレームとも互角に競合できた。タンデムコンピューターズ フレッシュアイペディアより)

  • 冨田勝

    冨田勝から見たIBMIBM

    2002年 IBM Japan Science Prize (IBM科学賞)冨田勝 フレッシュアイペディアより)

  • クラウドコンピューティング

    クラウドコンピューティングから見たIBMIBM

    2007年11月15日、IBMが現時点で実用可能なものとして、Blue Cloudの計画を発表。クラウドコンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • オープンソースソフトウェアのビジネスモデル

    オープンソースソフトウェアのビジネスモデルから見たIBMIBM

    オープンソースソフトウェアでソフトウェアを公開し、利用者を増やすことで市場シェアを伸ばすことができる。独自のソフトウェアで多くのビジネスを行っていたにもかかわらず、OracleやIBMなどの一部の企業は、ソフトウェアの独占権を抑え、市場シェアの一部を占めるために、オープンソースソフトウェアの開発に参加している。Netscapeの行動がこれの一例であり、Mozilla Firefoxが普及し、Internet Explorerから市場シェアを獲得した。オープンソースソフトウェアのビジネスモデル フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・アムダール

    ジーン・アムダールから見たIBMIBM

    ジーン・アムダール(Gene Amdahl、1922年11月16日 -2015年11月10日 )は、アメリカ人のコンピュータアーキテクトで、企業家である。彼の業績はIBMおよび彼の創設した会社(特にアムダール社)における、メインフレームの設計である。並列コンピューティングの基本的な理論としてアムダールの法則がよく知られている。ジーン・アムダール フレッシュアイペディアより)

1531件中 41 - 50件表示

「米IBM」のニューストピックワード