1321件中 41 - 50件表示
  • ハーマン・ホレリス

    ハーマン・ホレリスから見たIBMIBM

    ハーマン・ホレリス(Herman Hollerith、1860年2月29日 - 1929年11月17日)はアメリカの発明家。パンチカードを使用し、数千数万のデータから統計情報を迅速に集計するタビュレーティングマシンを開発した。また、後にIBMの一部となる会社を創業した。ハーマン・ホレリス フレッシュアイペディアより)

  • Cell Broadband Engine

    Cell Broadband Engineから見たIBMIBM

    Cell Broadband Engine(セル・ブロードバンド・エンジン)あるいは単にCell(セル)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)、ソニー、IBM、東芝によって開発された、Powerアーキテクチャベースの64ビットRISCマイクロプロセッサである。Cell Broadband Engine フレッシュアイペディアより)

  • POWER7

    POWER7から見たIBMIBM

    POWER7(パワーセブン)は、IBMが2010年2月に発表したPower Architectureベースの64ビットマイクロプロセッサである。2012年10月に強化版のPOWER7+(パワーセブンプラス)が発表された。POWER7 フレッシュアイペディアより)

  • 人工知能の歴史

    人工知能の歴史から見たIBMIBM

    1956年のダートマス会議は、マービン・ミンスキーとジョン・マッカーシー、さらに2人よりやや年上のクロード・シャノンとIBMのサニエル・ロチェスターが準備し組織した。この会議の提案書には「学習のあらゆる面または知能の他のあらゆる機能は正確に説明できるので、機械でそれをシミュレートすることができる」と書かれていた。会議参加者としては他に、、オリバー・セルフリッジ、、、アレン・ニューウェル、ハーバート・サイモンがおり、いずれもAI研究の最初の十年間で重要なプログラムを作った人々である。この会議でニューウェルとサイモンが を初めて公表し、マッカーシーがその分野の名称を "Artificial Intelligence" にしようと説得した。1956年のダートマス会議でAIには名前がつけられ、目標が与えられ、最初の成功例が見られ、主なプレーヤーが揃った。そのため、これをAIの誕生とするのが一般的である。人工知能の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・アムダール

    ジーン・アムダールから見たIBMIBM

    ジーン・アムダール(Gene Amdahl、1922年11月16日 - )は、アメリカ人のコンピュータアーキテクトで、企業家ある。彼の業績はIBMおよび彼の創設した会社(特にアムダール社)における、メインフレームの設計である。並列コンピューティングの基本的な理論としてアムダールの法則がよく知られている。ジーン・アムダール フレッシュアイペディアより)

  • レッドハット

    レッドハットから見たIBMIBM

    (アマゾン、IBM、富士通、NTT、ソフトバンク、テレストラ、等ら)とPartnershipを結んでおりレッドハット フレッシュアイペディアより)

  • Intel 80386

    Intel 80386から見たIBMIBM

    386SL(386SX)ベースのIBM改良版。内部32ビット、外部データバス16ビットのまま、内蔵キャッシュ8Kを搭載。IBM PS/2 などに搭載。インテルは80386からセカンドソースを廃止したが、IBMはインテルとの提携により、80486までは製造ライセンスを持っていた。名称の「C」はCacheの略とも言われる。Intel 80386 フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIBMIBM

    1981年8月 - IBMが同社初のパソコンIBM PCを発表。CPUに8088が採用されたことは、インテルが急成長するきっかけとなった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • Intel486

    Intel486から見たIBMIBM

    インテルとIBMの提携に基づく、IBMによる改良・製造版。IBM 386SLCをベースに内蔵キャッシュを16Kに増やし、i486SLと同レベルの性能を実現したもの。名称より「i486SLベース」との誤解が多いがコアは386SLベースである。名称の「C」はCacheの略とも言われる。インテル版「i486SLC」は存在しない。Intel486 フレッシュアイペディアより)

  • アセンブリ言語

    アセンブリ言語から見たIBMIBM

    メインフレームの時代には、マクロは特定顧客の大規模ソフトウェアシステムのカスタマイズや、メーカーのオペレーティングシステムを顧客の要望に合わせた特注版にするのに使われていた。例えば、IBMの VM/CMS、リアルタイムトランザクション処理用アドオン、CICS、/TPF(コンピュータ予約システム (CRS) やクレジットカード会社で使われているトランザクションOS)などで使われてきた。アセンブリ言語 フレッシュアイペディアより)

1321件中 41 - 50件表示

「米IBM」のニューストピックワード