1531件中 51 - 60件表示
  • SUSE Linux Enterprise Server

    SUSE Linux Enterprise Serverから見たIBMIBM

    IBMのワトソンやシリコングラフィックス (SGI) のHPC やミッションクリティカルな分野では圧倒的な実績を作っている。かつては、東、南欧諸国を始め、南米など非英語圏でのシェアは高かったが、元来、エンタープライズ分野に強いノベルによる買収以降、英語圏(米英など)での利用事例が増えた。例えばロンドン証券取引所や オフィス・デポ三菱東京UFJ銀行で採用されている。同じドイツ製品という事もあり2014年7月まで SAP の唯一、認定されチューニングされた Linux ディストリビューションである。SUSE Linux Enterprise Server フレッシュアイペディアより)

  • レッドハット

    レッドハットから見たIBMIBM

    2001年にレッドハット系のCaldera、Conectiva、SuSE、Turbolinuxが集まって共同のGNU/Linuxの基本となる United Linux が公開されているが、現在事実上活動停止の状態にある。この背景には、SuSEがノベルに買収されたり、SCO Group( 旧 Caldera International )による IBM 提訴などがあるとされる。「法的には存在しているが、明かりは消した」状態であると最近のニュースメディアでは報道された。レッドハット フレッシュアイペディアより)

  • Linear Tape-Open

    Linear Tape-Openから見たIBMIBM

    Linear Tape-Open(リニア テープ オープン、略称:LTO)は、コンピュータ用の磁気テープ技術。一社独占的なDLTやAITに代わるオープン規格として、シーゲイト・テクノロジー、ヒューレット・パッカード(現:ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)、IBMの3社によって開発、策定された。LTO技術の標準のフォームファクターはUltrium と呼ばれており、主にバックアップやアーカイブ用途としてコンピューターシステムで利用されている。 2000年に発売された第1世代(LTO-1)の容量は100GBであったが、2017年に発売された最新世代のLTO-8は12TBの容量を同じカートリッジサイズで実現している。Linear Tape-Open フレッシュアイペディアより)

  • アセンブリ言語

    アセンブリ言語から見たIBMIBM

    メインフレームの時代には、マクロは特定顧客の大規模ソフトウェアシステムのカスタマイズや、メーカーのオペレーティングシステムを顧客の要望に合わせた特注版にするのに使われていた。例えば、IBMの VM/CMS、リアルタイムトランザクション処理用アドオン、CICS、/TPF(コンピュータ予約システム (CRS) やクレジットカード会社で使われているトランザクションOS)などで使われてきた。アセンブリ言語 フレッシュアイペディアより)

  • Intel 80286

    Intel 80286から見たIBMIBM

    Intel 80286(インテル はちまるにいはちろく)はインテルの16ビットマイクロプロセッサ (CPU)。IBMのPC/AT(日本ではPC-9800シリーズ)およびその互換機によって広く普及した、DOS時代の代表的なパーソナルコンピュータ (PC) 用プロセッサであった。Intel 80286 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータから見たIBMIBM

    研究レベルにおける通信速度は2005年11月にIBMの研究所による14GB/chが最高速であったが、2006年3月、NECおよび理化学研究所による次世代HPC構想の研究にて25GB/chが記録されている。スーパーコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • SAP (企業)

    SAP (企業)から見たIBMIBM

    SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位である。 特に大企業向けのエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを保持しており、企業の基幹システムであるERP分野においては世界一である。SAP (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIBMIBM

    1981年8月 - IBMが同社初のパソコンIBM PCを発表。CPUに8088が採用されたことは、インテルが急成長するきっかけとなった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • タビュレーティングマシン

    タビュレーティングマシンから見たIBMIBM

    「スーパーコンピューティング」という言葉は1931年、紙がIBMがコロンビア大学に納入した大型特製タビュレータを指して使ったのが最初である。タビュレーティングマシン フレッシュアイペディアより)

  • Informix Dynamic Server

    Informix Dynamic Serverから見たIBMIBM

    Informix Dynamic Server (IDS) は、IBMのオブジェクト関係データベース管理システム (ORDBMS)。Informix Dynamic Server フレッシュアイペディアより)

1531件中 51 - 60件表示

「米IBM」のニューストピックワード