1321件中 51 - 60件表示
  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータから見たIBMIBM

    研究レベルにおける通信速度は2005年11月にIBMの研究所による14GB/chが最高速であったが、2006年3月現在、NECおよび理化学研究所による次世代HPC構想の研究にて25GB/chが記録されている。スーパーコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・F・コッド

    エドガー・F・コッドから見たIBMIBM

    イングランドのドーセット州ポートランド島で生まれた。オックスフォード大学エクセター・カレッジで数学と化学を専攻する。第二次世界大戦ではイギリス空軍のパイロットとして参戦した。1948年、アメリカ合衆国ニューヨーク州に移住し、IBMでプログラマとして就職した。1953年、上院議員ジョセフ・マッカーシーの怒りを買い、カナダのオタワに移住する。10年後アメリカ合衆国に戻り、アナーバーのミシガン大学で計算機科学の博士号を取得した。テネシー大学数学科の講師を務めた後、サンノゼ に移りIBMのアルマーデン研究所に勤務し、1980年代までそこで働き続けた。1990年代になると病気がちとなり、徐々に仕事から引退していった。エドガー・F・コッド フレッシュアイペディアより)

  • RISC

    RISCから見たIBMIBM

    1970年代後半、IBMなどの研究で、実際に使用されているプログラムを解析したところ、いわゆる直交性のある、命令とアドレッシングモードの組み合わせの大部分は実際のプログラムでは使われていないことが判明した。これは、プログラミング技法が、従来のバイナリコードを意識したアセンブリ言語の記述による低レベルのプログラミング形態から、高級言語で記述してコンパイラを使ってバイナリコードを得る形態に移り変わったことの副産物である。それまでに設計されたCPUの命令セットには、当初アセンブリ言語でプログラムを記述するうえで便利な命令が含まれ、やがてコンパイラでコード生成を行う前提で、高級言語の制御構文をそのまま実行できるように、複雑な機械語の命令も実装される様になった。だが、当時のコンパイラはCPUが持つ利点をあまり生かせていなかった。というのもコンパイラの開発は非常に高度な技術を要し、困難を伴うことだったからである。市場にはそれでもコンパイラが浸透していき、直交性の利点は薄められていった。RISC フレッシュアイペディアより)

  • 冨田勝

    冨田勝から見たIBMIBM

    2002年 IBM Japan Science Prize (IBM科学賞)冨田勝 フレッシュアイペディアより)

  • DES (暗号)

    DES (暗号)から見たIBMIBM

    DESの起源は1970年代初めに遡る。1972年、アメリカ政府はコンピュータセキュリティが重要であるという研究結果を得た。そこでNBS(National Bureau of Standard。合衆国標準局。現在のNIST (アメリカ国立標準技術研究所))が、政府全体で機密情報を暗号化するための標準規格が必要だと判断した。それに応じて1973年5月15日、NSAと相談の上、NBSが厳しい設計基準を満たした暗号を公募した。しかし応募のいずれも条件を満たしていなかったため、1974年8月27日に2回目の公募を行った。今回はIBMの応募した案が条件を満たしていると思われた。それは、以前からあったアルゴリズムに基づき1973年から1974年に開発されたホルスト・ファイステルのLucifer暗号だった。IBMでこの暗号の設計と解析を行ったチームにはファイステルの他に、ウォルト・タックマン (Walt Tuchman)、ドン・コッパースミス (Don Coppersmith)、アラン・コンハイム (Alan Konheim)、カール・メイヤー (Carl Meyer)、マイク・マーチャーシュ (Mike Matyas)、ロイ・アドラー (Roy Adler)、エドナ。グロスマン (Edna Grossman)、ビル・ノッツ (Bill Notz)、リン・スミス (Lynn Smith)、ブライアント・タッカーマン (Bryant Tuckerman) らがいた。DES (暗号) フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (ソフトウェア)

    ロータス (ソフトウェア)から見たIBMIBM

    ロータス (Lotus) は、IBMのソフトウェアのブランドの一つである。かつては、ロータスデベロップメント (Lotus Development Corporation) という名称の、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を持つ独立したソフトウェア企業であったが、1995年にIBMが買収した。ロータス (ソフトウェア) フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプログラム方式

    マイクロプログラム方式から見たIBMIBM

    IBMなどのベンダーではマイクロコードという語を「ファームウェア」の同義として使うことがあり、周辺機器に格納されるマイクロプログラムも機械語プログラムもまとめてマイクロコードと呼ぶことがある。マイクロプログラム方式 フレッシュアイペディアより)

  • パンチカード

    パンチカードから見たIBMIBM

    ホレリスは1枚のカードに80項目、1項目につき12種類の選択肢の情報が記録できるような仕様を策定した。このカードはサイズを身近な1ドル紙幣と同一にし、普及のために低額で販売したため、事実上の標準となった。特に「1行 80項目(桁)」は、FORTRANを筆頭としてその後長く受け継がれていくことになる(後述)。そして1896年、この事業のためにホレリスが興した「タビュレーティング・マシーンズ社」は、幾度かの統合を経て巨大企業IBMの母体となっていくパンチカード フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ史

    パーソナルコンピュータ史から見たIBMIBM

    しかし現実には、個人で使える情報処理装置としては1970年代にIBM (model 5100) やヒューレット・パッカード(model 9830、9835など)から卓上型のコンピューターが発売されていたが高価であり、個人はもちろん大企業でも限られた部門で購入できたに過ぎなかった。パーソナルコンピュータ史 フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見たIBMIBM

    1月1日 - IBMのハードディスク事業部門を買収し、日立グローバルストレージテクノロジーズを設立日立製作所 フレッシュアイペディアより)

1321件中 51 - 60件表示

「米IBM」のニューストピックワード