1321件中 61 - 70件表示
  • レノボ

    レノボから見たIBMIBM

    2004年の聯想集団によるIBM社のPC部門の買収により、株式の42.3%をレジェンドホールディングスという持株会社が保有しており、同持株会社の筆頭株主(65%)は中国政府機関の中国科学院である。中国政府は間接的に聯想集団の27.56%を保有しており、筆頭株主である。IBMは第2位の株主(議決権を有しない優先株)である。また買収により、同社のPCの世界市場シェアは、単純計算でデル、ヒューレット・パッカードに次ぐ3位となった。聯想集団とIBMのPC部門の合併の後、本社は北京から米国ニューヨーク州パーチェスに移転した。2006年3月には、IBMのPC部門の本部があったノースカロライナ州モーリスビル(ローリー近郊)に本社を移転した。レノボ フレッシュアイペディアより)

  • シリコングレン

    シリコングレンから見たIBMIBM

    シリコングレンは、スコットランド南西部の都市グリーノックに、1953年にIBMが製造拠点の一つを置いたことに端を発している。 初期のシリコングレンでは、イギリスの国内産業やソフトウェア産業ではなく、諸外国のハードウェアを中心とした電子産業が優位を占めていた。シリコングレン フレッシュアイペディアより)

  • IBM 1800

    IBM 1800から見たIBMIBM

    IBM 1800データ収集制御システム(英文:IBM 1800 Data Acquisition and Control System、略称:DACS)はIBM社が1965年に発表したプロセス制御用のコンピューターで、IBM 1130システムの命令セットにいくつかのプロセス制御用命令を追加し、プロセス入出力機能をラック(rack)にマウントできるようにしたもの。科学計算用のIBM 1620システムから派生したプロセス制御用コンピューター、IBM 1710の後継機種。IBM 1800 フレッシュアイペディアより)

  • IBM 650

    IBM 650から見たIBMIBM

    IBM 650(アイビーエムろくごーまる)はIBMの最初のコンピュータのひとつであり、世界初の大量生産されたコンピュータである。1953年に発表され、1954年の初出荷から生産終了の1962年までに2000システム以上が製造された。保守サポートは1969年に停止された。IBM 650 フレッシュアイペディアより)

  • IBM 702

    IBM 702から見たIBMIBM

    IBM 702は、1953年に発表されたIBMのビジネス用途のコンピュータ。IBM 702 フレッシュアイペディアより)

  • 大連ハイテクゾーン

    大連ハイテクゾーンから見たIBMIBM

    例えば、ソニー、パナソニック、ソフトバンク、IBM(大連天地ソフトウェアパークへ移動中)、HP、Genpactなど約500社大連ハイテクゾーン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アタナソフ

    ジョン・アタナソフから見たIBMIBM

    学位論文執筆当時、利用可能な道具だった機械式計算機(モンロー計算機)の扱いにくさに辟易させられたアタナソフは、複雑な方程式をより高速で解く方法を模索していた。アイオワ州立大学では、科学計算へのモンロー計算機とIBMのタビュレータの応用を研究。1936年、表面幾何の解析のためのアナログコンピュータを開発した。アナログ式では機械としての正確さが計算結果に直接影響するため、デジタル式の解決策を考えるようになる。ジョン・アタナソフ フレッシュアイペディアより)

  • Green500

    Green500から見たIBMIBM

    2012年6月に発表されたGreen500リストのうち、上位10位は以下の通り。1位?20位をIBMのBlueGine/Qが独占した。Green500 フレッシュアイペディアより)

  • Blue Waters

    Blue Watersから見たIBMIBM

    当初はIBMを含めた共同開発で2011年7月の完成と10ペタフロップス以上の性能を目指していたが、2011年8月にIBMが撤退を発表し、2011年11月にクレイが受注した。Blue Waters フレッシュアイペディアより)

  • PDP-1

    PDP-1から見たIBMIBM

    記憶媒体としては、さん孔紙テープが使われた。ソートや並べ替えが簡単なパンチカードとは異なり、紙テープは編集することが困難である。そのため、Expensive Typewriter や TECO といったテキスト編集プログラムが開発されることとなった。装備していたプリンタはIBMの電気タイプライター機構を使用しており、80年代風に言えば "letter-quality printing"(ビジネスレターを打つタイプライター並みの印字品質)を実現していた。そのため、世界初のワードプロセッサと呼ばれるTJ-2が発想されることに繋がったのである。PDP-1 フレッシュアイペディアより)

1321件中 61 - 70件表示

「米IBM」のニューストピックワード