1321件中 71 - 80件表示
  • PERCS

    PERCSから見たIBMIBM

    は、アメリカ国防総省の国防高等研究計画局による高生産性計算機システムプロジェクト (HPCS)用に、IBMが開発中のスーパーコンピュータのシステムである。名称の「」は「生産的・運用容易・有信頼性計算機システム」を意味する英語の「」に由来するものである。PERCS フレッシュアイペディアより)

  • UNIX System V

    UNIX System Vから見たIBMIBM

    有名な System V の派生品としては、System V Release 3 をベースとしているIBMのAIXや SCO OpenServer、System V Release 4 をベースにしているサン・マイクロシステムズのSolarisやヒューレット・パッカードのHP-UXがある。他にもNECのEWS-UXやUP-UXとその後継OSのUX/4800が System V Release 4 をベースにしていた。UNIX System V フレッシュアイペディアより)

  • フォーリン・アフェアーズ

    フォーリン・アフェアーズから見たIBMIBM

    サミュエル・パルミサーノ(IBM最高経営責任者)フォーリン・アフェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ホームページリーダー

    ホームページリーダーから見たIBMIBM

    ホームページリーダーは、日本IBMの研究員である浅川智恵子により開発されたウェブページを音声で読み上げる世界初の音声ブラウザソフトウェア。ホームページリーダー フレッシュアイペディアより)

  • リード・コピー・アップデート

    リード・コピー・アップデートから見たIBMIBM

    この技術は米国のソフトウェア特許 5,442,758(1995年8月15日、権利者はシークエント・コンピュータ)でカバーされている(他に 5,608,893、5,727,528、6,219,690、6,886,162)。すでに権利失効している特許 4,809,168 も非常に近い技術をカバーしていた。RCU はSCOとIBMの間の訴訟問題でも言及されている。リード・コピー・アップデート フレッシュアイペディアより)

  • IBM 700/7000 series

    IBM 700/7000 seriesから見たIBMIBM

    IBM 700/7000シリーズ(アイビーエムななひゃく・ななせんシリーズ)はIBMが1950年代に真空管を利用し、1960年代にはトランジスタを利用して発表した、科学計算用ないしは当時の比較的大型の商用メインフレーム・コンピューターであった。IBM 700/7000 series フレッシュアイペディアより)

  • オブジェクトデータベース

    オブジェクトデータベースから見たIBMIBM

    O2 (O2 Technology、この会社はいくつかの会社と合併し、 Informix社に買収され、さらにそのInformixはIBMに買収された)オブジェクトデータベース フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ランド

    ポール・ランドから見たIBMIBM

    作品として多くのコーポレートアイデンティティやポスターがあり、IBM、UPS、 ABCテレビ、NeXTのものがよく知られる。1996年に癌のため死去。ニューヨークのBeth El墓地に埋葬された。ポール・ランド フレッシュアイペディアより)

  • AIX

    AIXから見たIBMIBM

    AIX(Advanced Interactive Executive、エーアイエックス)は、IBM の UNIX オペレーティングシステムのブランド名である。AIX フレッシュアイペディアより)

  • SABRE

    SABREから見たIBMIBM

    Reservisor が試験導入されていた1953年、IBMのセールスマンであるブレア・スミスはアメリカン航空の便に乗ってロスアンゼルスからニューヨークの本社に戻った。このとき彼の隣の座席にアメリカン航空の社長が乗っていた。彼らは同姓であることから話がはずみ、彼らの仕事について語り合った。SABRE フレッシュアイペディアより)

1321件中 71 - 80件表示

「米IBM」のニューストピックワード