1531件中 71 - 80件表示
  • リード・コピー・アップデート

    リード・コピー・アップデートから見たIBMIBM

    この技術は米国のソフトウェア特許 5,442,758(1995年8月15日、権利者はシークエント・コンピュータ)でカバーされている(他に 5,608,893、5,727,528、6,219,690、6,886,162)。すでに権利失効している特許 4,809,168 も非常に近い技術をカバーしていた。RCU はSCOとIBMの間の訴訟問題でも言及されている。リード・コピー・アップデート フレッシュアイペディアより)

  • PDP-1

    PDP-1から見たIBMIBM

    記憶媒体としては、さん孔紙テープが使われた。ソートや並べ替えが簡単なパンチカードとは異なり、紙テープは編集することが困難である。そのため、Expensive Typewriter や TECO といったテキスト編集プログラムが開発されることとなった。装備していたプリンタはIBMの電気タイプライター機構を使用しており、80年代風に言えば "letter-quality printing"(ビジネスレターを打つタイプライター並みの印字品質)を実現していた。そのため、世界初のワードプロセッサと呼ばれるTJ-2が発想されることに繋がったのである。PDP-1 フレッシュアイペディアより)

  • Cyclops64

    Cyclops64から見たIBMIBM

    Cyclops64(以前はBlue Gene/Cと呼ばれていた)はIBMによって開発されているセルベースのアーキテクチャである。Cyclops64プロジェクトでは、世界初の1チップスーパーコンピュータ(supercompuer on a chip)の実現を目標として開発が進められている。Cyclops64 フレッシュアイペディアより)

  • Blue Waters

    Blue Watersから見たIBMIBM

    当初はIBMを含めた共同開発で2011年7月の完成と10ペタフロップス以上の性能を目指していたが、2011年8月にIBMが撤退を発表し、2011年11月にクレイが受注した。Blue Waters フレッシュアイペディアより)

  • Dynamic Logical Partitioning

    Dynamic Logical Partitioningから見たIBMIBM

    DLPARはIBMのPOWERベースのサーバーであるPower Systemsでサポートされており、AIX、IBM i、Linuxで使用できる。またIBMメインフレームでは更に柔軟な機能がサポートされている。Dynamic Logical Partitioning フレッシュアイペディアより)

  • PERCS

    PERCSから見たIBMIBM

    は、アメリカ国防総省の国防高等研究計画局による高生産性計算機システムプロジェクト (HPCS)用に、IBMが開発中のスーパーコンピュータのシステムである。名称の「」は「生産的・運用容易・有信頼性計算機システム」を意味する英語の「」に由来するものである。PERCS フレッシュアイペディアより)

  • UTF-EBCDIC

    UTF-EBCDICから見たIBMIBM

    一般に、設計対象であったEBCDICベースのメインフレームにおいてさえ、この符号化形式は滅多に使われない。z/OSのような、IBM製のEBCDICベースのメインフレームのオペレーティングシステムは、通常完全なUnicodeサポートにUTF-16を使用する。たとえば、DB2 UDB、COBOL、PL/I、JavaおよびIBM XMLツールキットはIBMのメインフレーム上でUTF-16をサポートする。UTF-EBCDIC フレッシュアイペディアより)

  • 命令セットシミュレータ

    命令セットシミュレータから見たIBMIBM

    命令セットシミュレータは、実行の条件がエラーによって破壊されてしまうようなエラーを命令の実行前に検出する機会を提供することができる。IBM System/360 での良い例として、命令シミュレータのモニタを使う以外にはデバッグが困難な命令列があった。命令セットシミュレータ フレッシュアイペディアより)

  • ASC Purple

    ASC Purpleから見たIBMIBM

    このコンピュータはIBMとローレンス・リバモア国立研究所の協業による。2005年7月に納入された。このコンピュータのためのBlue Gene/Lスーパーコンピュータに関する契約は2.9億USドルだった。ASC Purple フレッシュアイペディアより)

  • IBM 8100

    IBM 8100から見たIBMIBM

    IBM 8100は、IBMが1978年に発表した分散処理用のコンピュータである。現在ではミッドレンジコンピュータ、ミニコンピュータ、オフィスコンピュータなどに分類される。IBM 8100 フレッシュアイペディアより)

1531件中 71 - 80件表示

「米IBM」のニューストピックワード