180件中 11 - 20件表示
  • IBM

    IBMから見たアドバンスト・マイクロ・デバイセズ

    2009年10月16日、ハードウェア事業の総責任者で次期CEOの有力候補の一人と見なされていた上級副社長のロバート(ボブ)・モファットが、サン・マイクロシステムズとの買収交渉や仕入れ先のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などに関する情報をヘッジファンドに漏らしたというインサイダー取引への関与により、連邦捜査局に逮捕・起訴され、モファットはその容疑を認めた。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たオラクル (企業)

    この損失以来、IBMは事業の主体をハードウェアから、ソフトウェアおよびサービスへと大胆な転換を進めた。また当時は水平分業モデルのマイクロソフト、インテル、サン・マイクロシステムズ、オラクルなどが好調であったため、米国のPC事業部 (IBM PC Company) やプリンター事業部など、IBM分社化の動きも進められた。ハードウェアは主力のメインフレームの低価格化を進め、複数のサーバーシリーズのブランド名や機能の共通化が進められた。IBMは伝統的に、日本で日本企業が採用する以前から、各国で終身雇用を行っていたが、これを方針転換しリストラの実施が開始された。後には最終的に、最盛期には全世界で40万人いた社員を22万人まで削減することになる。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見た日立製作所

    2002年12月31日 - ハードディスクドライブ事業部門を日本の株式会社日立製作所に売却。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たリコー

    2006年1月25日 - 周辺機器部門のひとつである法人向けプリンター事業を日本の株式会社リコーに売却することを発表。3年を掛けてプリンター事業から撤退。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たアウトソーシング

    コンサルティング、システム構築(SI)、ITおよびバックオフィス業務のアウトソーシング、IT製品やシステムの保守サービスなどIBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たプリンター

    「選択と集中」によるコア事業への集中と、非コア事業の売却も続いている。ソフトウェア事業では、2006年にはコンテンツ管理ソフトウェアを持つFileNet、2007年にはBIツールを持つCognosなどを買収し、製品に統合した。また非コア事業として、2004年にはパーソナルコンピュータ事業、2006年には企業向けプリンター事業を、2010年にも、IBMの法人向けアプリケーション・パッケージ・ソフトウェアのビジネスとして唯一存続していたPLM事業(CATIA, ENOVIA)を、それぞれ事業部門ごと(製品、施設、従業員など)会社分割し売却した。また、2012年にも、リテール・ストア・ソリューション事業(POSシステム関連事業)の東芝への売却が発表されたIBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たIBMビジネスコンサルティングサービス

    2002年7月、IBMはプライスウォーターハウスクーパース(PricewaterhouseCoopers、PwC)のコンサルティング部門を39億ドルで買収し、従来からのコンサルティング部門と統合し、IBM ビジネスコンサルティング サービスとなった。(なお日本市場のみ、当初は別法人のIBMビジネスコンサルティングサービスが設立されたが、後に日本IBMと合併した。)IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たNCR (企業)

    トーマス・J・ワトソン・シニアは、1914年にNCRからC-T-Rの事業部長(ゼネラルマネージャー)として迎えられ、1915年に社長となった。彼は、 C-T-R が International Business Machines Corporation に社名変更した1924年の時点も社長の任にあった。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たラショナル

    IBM Rational Software(ソフトウェア開発)IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たロータス (ソフトウェア)

    IBM Lotus Software(グループウェア)IBM フレッシュアイペディアより)

180件中 11 - 20件表示

「米IBM」のニューストピックワード