241件中 61 - 70件表示
  • IBM

    IBMから見たダッソー・システムズ

    2010年4月 - ソフトウェア事業部のPLM事業部門 (Product Lifecycle Management Solutions) をフランスのダッソー・システムズ(Dassault Systèmes S.A.)に約6億ドルで売却。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見た日本郵政

    2015年4月30日 - 日本郵政グループ、アップルと共同でiPadと専用アプリケーションを400万〜500万人の日本の高齢者へ提供すると発表 。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たKaleida Labs

    このように挽回に成功したIBM PCではあったが、他社(サードパーティー供給)による周辺機器にとどまらず、「母屋」であるコンピュータ本体の互換機を作られてしまう事態に至り、IBMのパソコン事業は多くの試行錯誤を繰り返すことになる。1987年発売のPS/2では、MCAという高性能・高機能だがIBMが主導権を抑えたバスを採用したが、普及させることはできなかった。CPUについては、1990年代に自社のPower ArchitectureをベースとしたPowerPCにより今度はアップルとも手を組み、PReP・CHRP, 次世代OSのTaligent, クロスプラットフォーム開発環境Kaleidaというプラットフォームを打ち出すも、いわゆる「ウィンテル」である、他社製PC/AT互換機とMS-DOS(後にはWindows)というコンビを脅かすには至らなかった。OSについては、MS-DOSのようなシングルタスクではない、次世代の本格的なマルチタスクOSとしてOS/2をマイクロソフトと当初は共同開発していたが、マイクロソフトが「NT」(後のWindows NT)を独自路線で開発することを決定して決裂、Windows NTは、旧来のWindowsからの移行パスにこそ苦労した(当初は95の次は、などとも言われていたものの、最終的に2000年のWindows MEまで旧Windowsが残った)ものの、既存シェアの強みでOS/2を寄せ付けず、「PC/AT互換機のOS」の座はWindows NTのものとなった。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たバロース

    1960年代中には、IBMはバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェル、RCA、GEの、他のコンピュータ主要7社を圧倒して大きなシェアを有したため、「IBMと7人の小人」と称された。その後1970年代、IBMとバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルが市場に生き残り、その頭文字から「IBMとBUNCH」と改称された(英単語bunchには「束」「小さな(粒などの)カタマリ」という意味がある)。その後、これらの企業はバロースとUNIVAC(スペリー)の合併で誕生したユニシス以外はIBMの独占するメインフレーム市場から事実上撤退した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たRCA

    1960年代中には、IBMはバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェル、RCA、GEの、他のコンピュータ主要7社を圧倒して大きなシェアを有したため、「IBMと7人の小人」と称された。その後1970年代、IBMとバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルが市場に生き残り、その頭文字から「IBMとBUNCH」と改称された(英単語bunchには「束」「小さな(粒などの)カタマリ」という意味がある)。その後、これらの企業はバロースとUNIVAC(スペリー)の合併で誕生したユニシス以外はIBMの独占するメインフレーム市場から事実上撤退した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たスペリー

    1960年代中には、IBMはバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェル、RCA、GEの、他のコンピュータ主要7社を圧倒して大きなシェアを有したため、「IBMと7人の小人」と称された。その後1970年代、IBMとバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルが市場に生き残り、その頭文字から「IBMとBUNCH」と改称された(英単語bunchには「束」「小さな(粒などの)カタマリ」という意味がある)。その後、これらの企業はバロースとUNIVAC(スペリー)の合併で誕生したユニシス以外はIBMの独占するメインフレーム市場から事実上撤退した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たシークエント・コンピュータ

    1999年 Sequent (並列処理のNUMAテクノロジー、現在のSystem xなどに統合)IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見た日本アイ・ビー・エム

    IBMの日本法人は日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)であり、これはIBM本体の孫会社に当たる。また、日本IBMの下には更に複数の子会社と関連会社が存在している。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たGLOBALFOUNDRIES

    IBMは既存のコモディティ化した市場を脱出し、高付加価値な収益性の高い市場に着目することで、事業構成を絶えず組み替えている。例えばプリンタ事業をLexmarkに分社し(1991年に)、レノボへのパーソナルコンピュータ(ThinkPad)およびx86ベースのサーバー事業を売却(2005年と2014年)、一方でPwCコンサルティング(2002年)、SPSS(2009年)、Weather Company(2016年)などの企業を買収した。またファブレス化として2014年にIBMのグローバルな商用半導体技術事業を米GLOBALFOUNDRIESに工場、技術者、テクノロジー知的財産だけではなく、現金15億ドルまでも付けて譲渡すると発表した。IBM フレッシュアイペディアより)

  • IBM

    IBMから見たゼネラル・エレクトリック

    1960年代中には、IBMはバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェル、RCA、GEの、他のコンピュータ主要7社を圧倒して大きなシェアを有したため、「IBMと7人の小人」と称された。その後1970年代、IBMとバロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルが市場に生き残り、その頭文字から「IBMとBUNCH」と改称された(英単語bunchには「束」「小さな(粒などの)カタマリ」という意味がある)。その後、これらの企業はバロースとUNIVAC(スペリー)の合併で誕生したユニシス以外はIBMの独占するメインフレーム市場から事実上撤退した。IBM フレッシュアイペディアより)

241件中 61 - 70件表示

「米IBM」のニューストピックワード