前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 相馬半治

    相馬半治から見た粗糖粗糖

    小川は、むしろ国内よりも台湾で事業を起こす方が望ましいと考え、臨時台湾糖務局長の祝辰巳に掛け合って粗糖を作る新会社を起こすことにした。祝は台湾に純民間の製糖会社を作るのは時期尚早と難色を示すが、小川は民政長官の後藤新平の説得に成功、結果、1906年(明治39年)、渋沢栄一を相談役、小川を取締役社長、相馬を専務として明治製糖が設立された。株主は1300株の相馬が筆頭で、500株の渋沢、小川がこれに続いた。相馬はこれに合わせて東京高等工業学校教授などの官職を辞している。相馬半治 フレッシュアイペディアより)

  • 砂糖

    砂糖から見た粗糖粗糖

    分蜜糖 - 粗糖 - 精製糖砂糖 フレッシュアイペディアより)

  • 中双糖

    中双糖から見た粗糖粗糖

    製法は白双糖と同じであるが、製造工程や仕上げ時に、カラメルを混入したり表面に吹き付けたりしているため、粒の色はやや黄色みを帯びている。また三温糖と似た製法を用いることで、元から黄色味を帯びたザラメを作ることもできる。なお砂糖を精製する前の粗糖を原料としたものは赤ザラメという別の種類になる。中双糖 フレッシュアイペディアより)

  • 翔南製糖

    翔南製糖から見た粗糖粗糖

    翔南製糖株式会社(しょうなんせいとう)は、沖縄県に本社を置き、粗糖の製造を行う製糖会社。翔南製糖 フレッシュアイペディアより)

  • ヤシ酒

    ヤシ酒から見た粗糖粗糖

    なお、インドの一部地域ではヤシから採取した液体を、粗糖を作るために、水分を蒸発させて濃縮するということをする場合もある。ヤシ酒 フレッシュアイペディアより)

  • ばら積み貨物

    ばら積み貨物から見た粗糖粗糖

    食品(動物用・人間用とも: アルファルファペレット、柑橘類ペレット、家畜飼料、穀粉、ラッカセイ、粗糖、精製砂糖、種子、デンプンなど)ばら積み貨物 フレッシュアイペディアより)

  • 和三盆

    和三盆から見た粗糖粗糖

    このため現在は和三盆の代わりとして、白下糖に成分の似た粗糖などを使って類似の砂糖を工業的に製造した、和菓子用の加工糖も販売されている。和三盆 フレッシュアイペディアより)

  • 糖蜜

    糖蜜から見た粗糖粗糖

    サトウキビから精糖を行う場合は生産地において、ある程度精製して廃糖蜜を分離しているが、これは残った糖分を固体の粗糖にしてから輸送を行うためである。糖蜜 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ドマング

    サン=ドマングから見た粗糖粗糖

    七年戦争(1756年 - 1763年)の時期、サン=ドマング経済は穏やかに成長を遂げ、砂糖、のちにはコーヒーを主要作物にしていった。海上貿易を阻害していた七年戦争が終わると経済は爆発的に成長した。1767年の記録ではサン=ドマングは7,200万ポンドの粗糖と5,100万ポンドの精製糖、100万ポンドの藍、200万ポンドの綿を輸出した。ほとんど放置された状態の島の東側(スペイン領)を尻目に、「アンティル諸島の真珠」サン=ドマングは、1780年代までに、ヨーロッパで消費される砂糖の40%、コーヒーの60%を産出した。ベルギーほどの大きさしかない植民地サン=ドマング一ヶ所が、イギリスの西インド諸島の全植民地をあわせたより多い砂糖とコーヒーを産出していた計算となる。サン=ドマング フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム

    カルシウムから見た粗糖粗糖

    製糖:消石灰を粗糖溶液に加え炭酸ガスを吹き込み、炭酸カルシウムの吸着・凝集沈殿効果で精製する。カルシウム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「粗糖相場」のニューストピックワード