前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 相馬半治

    相馬半治から見た粗糖粗糖

    小川は、むしろ国内よりも台湾で事業を起こす方が望ましいと考え、臨時台湾糖務局長の祝辰巳に掛け合って粗糖を作る新会社を起こすことにした。祝は台湾に純民間の製糖会社を作るのは時期尚早と難色を示すが、小川は民政長官の後藤新平の説得に成功、結果、1906年(明治39年)、渋沢栄一を相談役、小川を取締役社長、相馬を専務として明治製糖が設立された。株主は1300株の相馬が筆頭で、500株の渋沢、小川がこれに続いた。相馬はこれに合わせて東京高等工業学校教授などの官職を辞している。相馬半治 フレッシュアイペディアより)

  • 砂糖

    砂糖から見た粗糖粗糖

    分蜜糖 - 粗糖 - 精製糖砂糖 フレッシュアイペディアより)

  • 砂糖

    砂糖から見たカソナード粗糖

    含蜜糖 - 黒砂糖・白下糖・カソナード(赤砂糖)・和三盆砂糖 フレッシュアイペディアより)

  • カソナード

    カソナードから見た粗糖粗糖

    カソナード フレッシュアイペディアより)

  • ブリュレフレンチトースト

    ブリュレフレンチトーストから見た粗糖粗糖

    ブリュレフレンチトーストとは、フレンチトーストの表面にカソナード(サトウキビから作る粗糖のことで、適切に用いると独特の香りがつく)というフランスのブラウンシュガーをまぶし、バーナーで焦がしたもので、外はサクっと中はフワっとした食感のフレンチトーストである。「ブリュレ」とはフランス語で焦がすという意味である。ブリュレフレンチトースト フレッシュアイペディアより)

  • ヤシ酒

    ヤシ酒から見た粗糖粗糖

    なお、インドの一部地域ではヤシから採取した液体を、粗糖を作るために、水分を蒸発させて濃縮するということをする場合もある。ヤシ酒 フレッシュアイペディアより)

  • 三温糖

    三温糖から見た粗糖粗糖

    なお砂糖を精製する前の粗糖を用いて作ったもので、カソナード(赤砂糖)、きび砂糖(きびさとう)などの名称を付けられているものは、成分に糖蜜を含む事から三温糖とは別種のものである。これらも「三温糖」と名付けられて流通している物もあるため混同されやすいが、食品の原材料名に「糖蜜」「原料糖」「粗糖」と記載されてあるかどうかで見分けることができる。三温糖 フレッシュアイペディアより)

  • 和三盆

    和三盆から見た粗糖粗糖

    このため現在は、和三盆の代わりとして、白下糖に成分の似た粗糖などを使って類似の砂糖を工業的に製造した、和菓子用の加工糖も販売されている。和三盆 フレッシュアイペディアより)

  • ばら積み貨物

    ばら積み貨物から見た粗糖粗糖

    食品(動物用・人間用とも: アルファルファペレット、柑橘類ペレット、家畜飼料、穀粉、ラッカセイ、粗糖、精製砂糖、種子、デンプンなど)ばら積み貨物 フレッシュアイペディアより)

  • 東京商品取引所

    東京商品取引所から見た粗糖粗糖

    農産物・砂糖市場 - 農産物・砂糖(一般大豆、小豆、とうもろこしおよび粗糖):現物先物取引東京商品取引所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示