21件中 11 - 20件表示
  • 中双糖

    中双糖から見た粗糖粗糖

    製法は白双糖と同じであるが、製造工程や仕上げ時に、カラメルを混入したり表面に吹き付けたりしているため、粒の色はやや黄色みを帯びている。また三温糖と似た製法を用いることで、元から黄色味を帯びたザラメを作ることもできる。なお砂糖を精製する前の粗糖を原料としたものは赤ザラメという別の種類になる。中双糖 フレッシュアイペディアより)

  • 糖蜜

    糖蜜から見た粗糖粗糖

    サトウキビから精糖を行う場合は生産地において、ある程度精製して廃糖蜜を分離しているが、これは残った糖分を固体の粗糖にしてから輸送を行うためである。糖蜜 フレッシュアイペディアより)

  • 真島襄一郎

    真島襄一郎から見た粗糖粗糖

    このように真島の製紙業は明治10年以降の数年は好調であったが、製糖業の方ではそうはいかなかった。蓬莱社時代には試験操業にすらたどり着けなかったが、苦心の末1887年(明治10年)には試作にこぎつけ1889年(明治12年)には158トンあまりの砂糖を作る。明治12年単年ではかろうじて黒字化もするが翌1890年(明治13年)にはまた赤字に転落している。真島は香港に人を派遣して製糖技術を取り入れようとし、政府内務省も産業振興の一環で真島の製糖業に2万円の融資を行い育成を試みたが、日本全体の中では真島の作る砂糖はとるに足らない量でしかなかった。品質も決して良質なものではなく当時の砂糖取引の記録の中でも真島の砂糖の記載はほとんどない。なかなかうまくいかないためサトウキビの搾汁はやめ、粗糖を輸入して精製のみを行うように変更するが粗糖の輸入代金に使う洋銀の相場の高騰で大きな損失を受け製糖業は休業する。1882年(明治15年)7月には精糖業を再開するがまたもや洋銀相場が高騰し製糖工場は翌月には閉鎖し大阪在住福岡県士族梅津諒助に製糖工場を譲り渡している。梅津の手に渡っても大阪中之島の製糖業はうまくいかず結局1885年(明治18年)大阪中之島の製糖業は終わりを告げる。真島襄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ドマング

    サン=ドマングから見た粗糖粗糖

    七年戦争(1756年 - 1763年)の時期、サン=ドマング経済は穏やかに成長を遂げ、砂糖、のちにはコーヒーを主要作物にしていった。海上貿易を阻害していた七年戦争が終わると経済は爆発的に成長した。1767年の記録ではサン=ドマングは7,200万ポンドの粗糖と5,100万ポンドの精製糖、100万ポンドの藍、200万ポンドの綿を輸出した。ほとんど放置された状態の島の東側(スペイン領)を尻目に、「アンティル諸島の真珠」サン=ドマングは、1780年代までに、ヨーロッパで消費される砂糖の40%、コーヒーの60%を産出した。ベルギーほどの大きさしかない植民地サン=ドマング一ヶ所が、イギリスの西インド諸島の全植民地をあわせたより多い砂糖とコーヒーを産出していた計算となる。サン=ドマング フレッシュアイペディアより)

  • レオポルドゥス・プリムス

    レオポルドゥス・プリムスから見た粗糖粗糖

    ハンブルクは16世紀、ハンザ同盟が衰退すると、その中で指導的な地位にあったリューベックに対し経済的な重要性を増大させていった。さらにハンブルクの交易関係の重点は、中世において同市とハンザ同盟の最重要の交易圏であった北海とバルト海一帯から、大西洋と地中海に移った。この傾向はそれぞれ故郷との重要な接点をもたらしたポルトガルからのセファルディム、並びにネーデルラントからのユダヤ人やプロテスタント難民の移住によって強まる。こうしてカカオ、レーズン、煙草、織物や香辛料などの交易が盛んになった。イベリア半島との交易を通じ、初めて粗糖その他の新大陸産の原料がハンブルクに到達している。レオポルドゥス・プリムス フレッシュアイペディアより)

  • ラム酒

    ラム酒から見た粗糖粗糖

    小笠原諸島では、開拓初期(1830年頃)の欧米系定住者が捕鯨船とラムの取引を行っていた。1876年に日本領土に確定してからは、亜熱帯の気候を生かし、サトウキビの栽培が行われた。このサトウキビを使った製糖業が盛んになり、製糖の過程で粗糖を取り出した際に生ずる副産物、つまりモラセス(廃糖蜜)を発酵させ、そうしてできた醸造酒を蒸留することで作った蒸留酒を、島民は「泡酒」や「蜜酒」などと呼び、飲むようになった。すなわち、インダストリアル・ラム(工業ラム)の製造が行われたのである。以後、太平洋戦争中に島民が強制的に本州などへ疎開させられるまで、永く愛飲されることになる。ラム酒 フレッシュアイペディアより)

  • 翔南製糖

    翔南製糖から見た粗糖粗糖

    翔南製糖株式会社(しょうなんせいとう)は、沖縄県に本社を置き、粗糖の製造を行う製糖会社。翔南製糖 フレッシュアイペディアより)

  • カルシウム

    カルシウムから見た粗糖粗糖

    製糖:消石灰を粗糖溶液に加え炭酸ガスを吹き込み、炭酸カルシウムの吸着・凝集沈殿効果で精製する。カルシウム フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た粗糖粗糖

    ただし、原塩、コプラ、食用油脂の製造に用いる動物性又は植物性原料油脂、粗糖、粗留アルコール、糖みつ、麦芽、ホップは、届出を要しない(規則第32条)。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 堀川町 (川崎市)

    堀川町 (川崎市)から見た粗糖粗糖

    現在の堀川町に相当する部分は、元は御幸村南河原および川崎町砂子・堀之内・新宿の各一部であった。1906年(明治39年)に横浜精糖(1912年に明治製糖と合併、現在の大日本明治製糖)が粗糖精製工場を開設。この工場は川崎が工業都市として発展する端緒となり、跡地の川崎市産業振興会館前には記念碑が建てられた。1908年には東京電気川崎工場(のちの東芝堀川町工場、東芝川崎事業所)が進出。1924年(大正13年)には、前述の各町から堀川町が新設された。町名は、当地に二ヶ領用水の大師堀が流れていたことからつけられたと考えられているが、詳しくは分かっていない。同年7月、川崎市の市制施行により川崎市堀川町となる。1925年には明治製糖の隣接地に明治製菓(現在の明治)川崎工場が開設された。1933年(昭和8年)、川崎市堀之内・砂子・南河原の各一部を編入。1945年の川崎大空襲では、当地周辺が甚大な被害を受けた。1964年、堀川町の一部が駅前本町・砂子1丁目・本町2丁目に編入される。1972年には川崎市の政令指定都市移行に伴う区制施行により、川崎市幸区堀川町となる。堀川町 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示