1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • ラム酒

    ラム酒から見た粗糖粗糖

    小笠原諸島では、開拓初期(1830年頃)の欧米系定住者が捕鯨船とラムの取引を行っていた。1876年に日本領土に確定してからは、亜熱帯の気候を生かし、サトウキビの栽培が行われた。このサトウキビを使った製糖業が盛んになり、製糖の過程で粗糖を取り出した際に生ずる副産物、つまり廃糖蜜(モラセズ)を醗酵させ、そうしてできた醸造酒を蒸留することで作った蒸留酒を、島民は「泡酒」や「蜜酒」などと呼び、飲むようになった。すなわち、工業ラム(インダストリアル・ラム)の製造が行われたのである。以後、太平洋戦争中に島民が強制的に本州などへ疎開させられるまで、永く愛飲されることになる。ラム酒 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た粗糖粗糖

    ただし、原塩、コプラ、食用油脂の製造に用いる動物性又は植物性原料油脂、粗糖、粗留アルコール、糖みつ、麦芽、ホップは、届出を要しない(規則第32条)。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年

    2011年から見た粗糖粗糖

    超大型のサイクロン「ヤシ(英語版)」が、オーストラリア北東部に上陸し、この影響で、粗糖相場が約30年ぶりの高値。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • 三温糖

    三温糖から見た粗糖粗糖

    なお砂糖を精製する前の粗糖を用いて作ったもので、カソナード(赤砂糖)、きび砂糖(きびさとう)などの名称を付けられているものは、成分に糖蜜を含む事から三温糖とは別種のものである。これらも「三温糖」と名付けられて流通している物もあるため混同されやすいが、食品の原材料名に「糖蜜」「原料糖」「粗糖」と記載されてあるかどうかで見分けることができる。三温糖 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示

「粗糖相場」のニューストピックワード