96件中 51 - 60件表示
  • 甲信地方

    甲信地方から見た精密機器精密機械

    涼しい気候を利用して、明治時代には養蚕業が多く立地し、伊那盆地の山村から女性工員が、諏訪湖界隈に多く集まった。そして、第二次大戦後は時計などの精密機器工業が多く立地している。この経緯から、特に上諏訪・諏訪大社周辺は、「日本のスイス」とも呼ばれていた。甲信地方 フレッシュアイペディアより)

  • リズム時計工業

    リズム時計工業から見た精密機器精密機械

    リズム時計工業株式会社(リズムとけいこうぎょう)は時計等の製造を行う精密機器メーカー。リズム時計工業 フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ

    コンテナから見た精密機器精密機械

    特殊タイプとして少数ながら、コンテナに設置してある特殊な通気孔等を通して外部機械より冷気を循環させて冷却する機械脱着式冷凍用コンテナや、2組の完全に独立した冷却装置を両妻壁側に備えて信頼性を高めた「ダブルユニット型」または「ツインユニット型」と呼ばれるタイプがある。この2組搭載型は万一、片方の冷却装置が故障しても、もう一組の冷却装置がバックアップし、化成品・特殊原料・精密機器など積み込みから積み出しまでの間も、一貫して一定温度に保つ必要性が特に高い積載貨物に用いられる。なお、このコンテナの積み込み口は長手方向の片側または、両側に設置してあり、日本国内では、長さ20ft級・高さ8ft6in型での運用が数社で確認されている。コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • ブラスモデル

    ブラスモデルから見た精密機械精密機械

    真鍮は、金属の中では切削加工しやすい適度な硬度や伸張性(プレス加工し易い性質)があり精密加工しやすい性質を持つほか、錆も発生しにくい。そのため、古くから時計などの精密機器の素材として利用され、製造技術が発達してきた。ブラスモデルの製作には、その製造技術が用いられている。ブラスモデル フレッシュアイペディアより)

  • シリカ

    シリカから見た精密機器精密機械

    工業生産されるシリカでも特に代表的なものはケイ酸をゲル化したシリカゲル(SiO2純度99.5%以上)であり、乾燥剤として食品や半導体の精密機器の保存から、消臭剤、農業肥料、建築用調湿剤などに使われる。電子材料基板やシリコンウェハーなどの研磨剤などに使用されるコロダイルシリカや、耐熱器具、実験器具や光ファイバーの原料として用いられる珪砂、珪石などを溶融した後冷却し、ガラス化させた石英ガラス(クオーツ)の他、エナメル、シリカセメント、陶磁器、炭素に代わるタイヤの原料、液体クロマトグラフィー担体、電球やCRTディスプレイの表面などの表面処理剤、新聞紙の印刷インクの浸透防止など様々な分野において利用されている。シリカ フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見た精密機械精密機械

    ライカが輸入され初めて間もない1932年、吉田五郎はライカII型を購入しそのコピー品を製作した。1933年10月にそれを持って義弟であった内田三郎の元を訪ね、ライカに匹敵する高級カメラ製造事業化を熱心に勧めたが、この時点で内田三郎は山一証券の外務員として法人相手の大口証券取引を扱っておりカメラ製造には全く興味を示さなかった。しかし証券売買で知り合った鮎川義介の事業観「資源が少ない我が邦では、材料の原価に占める割合が少なく、例えば光学精密機械とか純度の高い化学工業が有望である」に接して一転カメラ製造を決意し、3年の研究期間を設定し1933年11月研究所を立ち上げた。この研究所がキヤノンのルーツで、吉田五郎の発案で「精機光学研究所」という名称が決められた。場所は吉田五郎が乃木坂の自宅から歩いて数分の場所であった東京市麻布区六本木町62番、2012年現在ホテルアイビス六本木が建っている場所に存在した新築洋風三階建ての「竹皮屋ビル」を見つけて来てその一角を借りた。竹皮屋とは、オーナーの家系が江戸時代から竹の皮で被り笠を編んでいたことに由来する。日本光学工業(現ニコン)から精度にうるさい金子富太郎、型削り盤を扱う油山が移って来、また腕が悪くて困り者であった旋盤工の加藤が最初期の従業員であった。そのうち外装部品の調達や金銭管理が必要になり、内田三郎が山一証券から部下であった前田武男を連れて来た。キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • インチキ外国語

    インチキ外国語から見た精密機器精密機械

    また、個人の名を外国語風にアレンジしたものがそのまま社名やブランド名にまでなった例としては、吉野善三郎が開発したカメラにゼンザブロニカの名を付した例などがある。また、同様に精密機器メーカーのキヤノン(Canon)の名の由来も熱心な観音経の信者であった創業者の吉田五郎が、小型カメラにKWANON、そのレンズにKASYAPA(カサパ:釈迦の弟子迦葉に由来)という名を付けたことが始まりとされる。小西六写真工業のブランド名「コニカ」なども同様の例であるが、この当時は写真業界のみならず日本語を外国語風にアレンジする風潮が広く見られ、ハイカラと考えられていた。インチキ外国語 フレッシュアイペディアより)

  • カイガラムシ

    カイガラムシから見た精密機械精密機械

    被覆物質の利用で著名なものはカタカイガラムシ科のイボタロウムシ Ericerus pela (Chavannes, 1848) である。イボタロウムシの雌の体表は薄いセルロイド状の蝋物質に覆われるだけでほとんど裸のように見えるが、雄の2齢幼虫は細い枝に集合してガマの穂様の白い蝋の塊を形成する。これから精製された蝋は白蝋(Chinese wax)と呼ばれ、蝋燭原料、医薬品・そろばん・工芸品・精密機械用高級ワックスなどに使われている。主な生産国は中国で、四川省などで大規模に養殖が行われている。かつては日本でも会津地方で産業的に養殖された歴史があり、会津蝋などの異名も持つが、現在では日本国内では産業的に生産されていない。会津蝋で作られた蝋燭は煙がでないとされ珍重された。カイガラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 富士運輸

    富士運輸から見た精密機器精密機械

    医薬品、医療機器、精密機器等の輸送で活躍し富士運輸の強みとなっている富士運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 歯車 (小説)

    歯車 (小説)から見た精密機械精密機械

    この小説では心象風景を巧みに連鎖させるという手法が取られており、現実の出来事はそれを生み出すきっかけに過ぎない。映像的な心象描写や連想の鎖の中で、「僕」の疲弊した病的な神経それ自体が自律的な世界を作り上げており、それは精密機械のようなある種の美しさをたたえている。歯車 (小説) フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「精密機器」のニューストピックワード