前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • 2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た糸数敬作糸数敬作

    日:○糸数 (7回) - 宮西 (0.0回) - 金森 (1回) - 武田久 (1回)2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小林繁

    小林繁から見た糸数敬作糸数敬作

    2008年、かねてから特別コーチとして指導をしていた少年野球チーム「オールスター福井」の総監督に就任。2009年、北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチに就任。江尻慎太郎、糸数敬作をオーバースローからサイドスローに転向させた。2009年のシーズン終了後、小林は福井へ戻り、オールスター福井の指導を行った。小林繁 フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た糸数敬作糸数敬作

    2009年(平成21年)5月25日ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ戦の5回裏の中日の攻撃で、谷繁元信がバントの構えから引いたバットに糸数敬作投手の投球が当たり、打球はファウルグラウンドに落ちた。井野は一度ファウルのジェスチャーをしたが中日落合博満監督の抗議を受けて、当事者選手両者ではなく、一方だけのセリーグの谷繁元信一人のみに再確認し、そのバットがパリーグ捕手・大野奨太のミットに当たったとして打撃妨害に判定を覆した。日本ハム梨田昌孝監督が抗議に出るも覆らず、この判定を境に流れが変わりそれまでリードしていた日本ハムは逆転負けを喫した。テレビ映像では、バットに球が当たってから、ミットにバットが触れていた。前年にも同じ中日戦で別の球審ではあったが同様の判定の覆され方で多田野数人が危険球退場となっていたため、日本ハムにとっては非常に後味の悪い判定となってしまった。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の名字

    沖縄県の名字から見た糸数敬作糸数敬作

    糸数敬作(プロ野球選手)沖縄県の名字 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原諒

    榊原諒から見た糸数敬作糸数敬作

    、新人ながら先発ローテーションの谷間を務めていたが、交流戦の頃には、糸数敬作に代わり二軍落ち。以降、一軍二軍を行き来し、二軍での成績も30試合に登板し、4勝3敗3セーブで防御率4.37の成績であった。中継ぎにまわされるが被本塁打が多い一発病体質で、サヨナラ負けを喫する等首脳陣の評価を得られなかった。榊原諒 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本貴裕

    岩本貴裕から見た糸数敬作糸数敬作

    初打点:2009年6月2日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、5回表に糸数敬作から左中間へ適時二塁打岩本貴裕 フレッシュアイペディアより)

  • 11月7日

    11月7日から見た糸数敬作糸数敬作

    1984年 - 糸数敬作、プロ野球選手11月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年

    1984年から見た糸数敬作糸数敬作

    11月7日 - 糸数敬作、プロ野球選手1984年 フレッシュアイペディアより)

  • 運天ジョン・クレイトン

    運天ジョン・クレイトンから見た糸数敬作糸数敬作

    初登板で対戦した第1打者に被本塁打:上記「初記録」の「初登板」の項を参照。日本ハムの投手としては5月17日の糸数敬作以来4人目。運天ジョン・クレイトン フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た糸数敬作糸数敬作

    11月7日 - 糸数敬作、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「糸数敬作」のニューストピックワード