1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た糸数敬作糸数敬作

    ''、2年連続開幕マスクとなったが3月4月は高橋や新人の大野奨太との併用となった。同年は八木が復調して再びコンビを組み、5月12日の対楽天戦ではフル出場して9回1失点完投勝利しチームも単独首位へと導いた。5月19日の対巨人戦では自身2度目の4打点を挙げた。翌日5月20日の同カードでは打っては勝ち越し二塁打、守っては2度のピンチを肩で救い、チームの貯金を11に伸ばした。8月19日にチーム単位の集団インフルエンザ感染による発熱で大野とともに離脱し、5月から右膝痛で一塁手および指名打者となっていた高橋やバッテリーコーチ兼任の40歳の中嶋がスタメンマスクを被る事態を招いた。その影響で福岡 Yahoo! JAPANドームで7戦全勝していたダルビッシュも敗戦しチームは5連敗した。8月22日に治療を終えてチームに合流した。10月4日の対ソフトバンク戦では1点ビハインド4回二死満塁の場面で大隣憲司から押し出し四球をもぎ取り同点とし、チームの猛攻を呼んで優勝マジック1を点灯させた。10月6日の対西武戦では2回に先制のタイムリー二塁打を打ち、リーグ優勝に貢献した。最終的にレギュラーシーズンでは自己最多となる122試合に出場、83試合に先発出場し、フル出場した52試合では43勝9敗、3完封勝利だった。ダルビッシュ(同年のMVP)、八木先発時のほぼ全ての試合で先発マスクを被り高い勝率を残した。また大野マスクで3敗していたプロ3年目・糸数敬作と6月30日からコンビを組み、プロ初勝利・プロ初完投を含む4勝を挙げ、リーグ優勝決定日も試合を作った。また抑え投手・武田久が登板する時に自身も抑え捕手として出場し、前年より出場機会を増やした。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原諒

    榊原諒から見た糸数敬作糸数敬作

    新人ながら先発ローテーションの谷間を務めていたが、交流戦の頃には、糸数敬作に代わり二軍落ち。以降、一軍二軍を行き来し、一軍では結局勝ち星に恵まれず未勝利に終わり二軍での成績も30試合に登板し、4勝3敗3セーブで防御率4.37の成績であった。榊原諒 フレッシュアイペディアより)

  • SAMURAI BASEBALL

    SAMURAI BASEBALLから見た糸数敬作糸数敬作

    ラジオ中継では沖縄県出身の大野倫、宮里太、佐久本昌広、新里紹也、竹岡和宏、平良幸一、石嶺和彦、糸数敬作がスポット契約で出演したことがある。SAMURAI BASEBALL フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た糸数敬作糸数敬作

    11月7日 - 糸数敬作、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示