46件中 31 - 40件表示
  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た投手

    糸数 敬作(いとかず けいさく、1984年11月7日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「アグー」。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たオーバースロー

    3月、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。当時日本ハムの二軍投手コーチを務めていた小林繁に「俺に任せてくれたら、最後まで面倒を見る」と言われ、決意した。同年5月に一軍初昇格、初登板。勝ち運に恵まれなかったが、6月30日に6試合目の先発で念願のプロ初勝利を挙げた。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦では自分のユニフォームを宿舎に忘れ、ブライアン・スウィーニーのユニフォームを借りて出場したが、この試合で5回途中までに6失点してノックアウト。試合後に二軍落ちするも、再昇格した際にはチームの6連敗を止める勝利、9連戦の最中の完投勝利など、故障したダルビッシュ有の穴を埋めた。クライマックスシリーズ第2ステージの第2戦に先発し岩隈久志相手に投げ勝つも、日本シリーズ第3戦ではウィルフィン・オビスポとの投げ合いに敗れて敗戦投手となった。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たプロ野球選手

    糸数 敬作(いとかず けいさく、1984年11月7日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「アグー」。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たFFFFF

    非常に明るい性格であり、2009年まで日本ハムで同僚だった稲田直人の話によると「いつでも笑ってるやつ」とのこと(FFFFFのGoGo直人でのインタビュー談にて)。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た防御率

    秋季の東都大学野球リーグでは5勝を挙げ、防御率0.76の好成績で亜細亜大学優勝の原動力となり、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝いた。続く明治神宮野球大会でも、決勝で早稲田大学の宮本賢に投げ勝つなど、亜大の4年ぶり3度目の優勝に貢献した。東都大学1部リーグ通算26試合登板、8勝6敗、防御率2.33、94奪三振。2006年のプロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象の部)で北海道日本ハムファイターズに3巡目指名された。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たサイドスロー

    3月、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。当時日本ハムの二軍投手コーチを務めていた小林繁に「俺に任せてくれたら、最後まで面倒を見る」と言われ、決意した。同年5月に一軍初昇格、初登板。勝ち運に恵まれなかったが、6月30日に6試合目の先発で念願のプロ初勝利を挙げた。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦では自分のユニフォームを宿舎に忘れ、ブライアン・スウィーニーのユニフォームを借りて出場したが、この試合で5回途中までに6失点してノックアウト。試合後に二軍落ちするも、再昇格した際にはチームの6連敗を止める勝利、9連戦の最中の完投勝利など、故障したダルビッシュ有の穴を埋めた。クライマックスシリーズ第2ステージの第2戦に先発し岩隈久志相手に投げ勝つも、日本シリーズ第3戦ではウィルフィン・オビスポとの投げ合いに敗れて敗戦投手となった。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た亜細亜大学

    秋季の東都大学野球リーグでは5勝を挙げ、防御率0.76の好成績で亜細亜大学優勝の原動力となり、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝いた。続く明治神宮野球大会でも、決勝で早稲田大学の宮本賢に投げ勝つなど、亜大の4年ぶり3度目の優勝に貢献した。東都大学1部リーグ通算26試合登板、8勝6敗、防御率2.33、94奪三振。2006年のプロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象の部)で北海道日本ハムファイターズに3巡目指名された。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見たスライダー (球種)

    120km/h前後のスライダー、チェンジアップを織り交ぜつつ、130km/h強のフォークボールも狙って落として来る。サイドスロー転向後は、速球の最速は140?/h前後である。一軍投手コーチの吉井理人は2010年に「元速球投手として球威を諦めきれず、速球を求めすぎたためフォームを崩し、腕の位置を固定できず、持ち味の腕の振りと球速の差で打ち取る投球ができなくなり大不振となった」と分析している。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た最優秀防御率

    には先発ローテション入りを期待されたが、同年から一軍投手コーチを務めることになっていた小林コーチが1月に急逝。3月30日のシーズン初先発は7回7失点の大乱調で翌日に二軍降格を命じられた。二軍ではイースタン・リーグ最優秀防御率を獲得するも一軍では通用しなくなり、防御率を前年よりも大幅に悪化させた。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た三冠

    秋季の東都大学野球リーグでは5勝を挙げ、防御率0.76の好成績で亜細亜大学優勝の原動力となり、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝いた。続く明治神宮野球大会でも、決勝で早稲田大学の宮本賢に投げ勝つなど、亜大の4年ぶり3度目の優勝に貢献した。東都大学1部リーグ通算26試合登板、8勝6敗、防御率2.33、94奪三振。2006年のプロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象の部)で北海道日本ハムファイターズに3巡目指名された。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「糸数敬作」のニューストピックワード