1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た完封

    は二軍スタート。シーズン初先発となった6月9日の中日ドラゴンズ戦では6回途中までを2失点に抑えるが、日程の関係でローテーションから外される。7月1日の埼玉西武ライオンズ戦でシーズン初勝利、8月17日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初完封勝利を挙げるが、好調時が長く続かない不安定な投球のため一軍に定着できず、同年シーズンは2勝のみに終わった。二軍ではリーグ3位の防御率であった。10月5日に右肘関節遊離骨除去手術を受けた。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た2009年の日本シリーズ

    3月、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。当時日本ハムの二軍投手コーチを務めていた小林繁に「俺に任せてくれたら、最後まで面倒を見る」と言われ、決意した。同年5月に一軍初昇格、初登板。勝ち運に恵まれなかったが、6月30日に6試合目の先発で念願のプロ初勝利を挙げた。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦では自分のユニフォームを宿舎に忘れ、ブライアン・スウィーニーのユニフォームを借りて出場したが、この試合で5回途中までに6失点してノックアウト。試合後に二軍落ちするも、再昇格した際にはチームの6連敗を止める勝利、9連戦の最中の完投勝利など、故障したダルビッシュ有の穴を埋めた。クライマックスシリーズ第2ステージの第2戦に先発し岩隈久志相手に投げ勝つも、日本シリーズ第3戦ではウィルフィン・オビスポとの投げ合いに敗れて敗戦投手となった。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た敗戦投手

    3月、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。当時日本ハムの二軍投手コーチを務めていた小林繁に「俺に任せてくれたら、最後まで面倒を見る」と言われ、決意した。同年5月に一軍初昇格、初登板。勝ち運に恵まれなかったが、6月30日に6試合目の先発で念願のプロ初勝利を挙げた。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦では自分のユニフォームを宿舎に忘れ、ブライアン・スウィーニーのユニフォームを借りて出場したが、この試合で5回途中までに6失点してノックアウト。試合後に二軍落ちするも、再昇格した際にはチームの6連敗を止める勝利、9連戦の最中の完投勝利など、故障したダルビッシュ有の穴を埋めた。クライマックスシリーズ第2ステージの第2戦に先発し岩隈久志相手に投げ勝つも、日本シリーズ第3戦ではウィルフィン・オビスポとの投げ合いに敗れて敗戦投手となった。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た明治神宮野球大会

    秋季の東都大学野球リーグでは5勝を挙げ、防御率0.76の好成績で亜細亜大学優勝の原動力となり、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの三冠に輝いた。続く明治神宮野球大会でも、決勝で早稲田大学の宮本賢に投げ勝つなど、亜大の4年ぶり3度目の優勝に貢献した。東都大学1部リーグ通算26試合登板、8勝6敗、防御率2.33、94奪三振。2006年のプロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象の部)で北海道日本ハムファイターズに3巡目指名された。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た札幌ドーム

    初完投:2009年6月2日、対広島東洋カープ1回戦(札幌ドーム) - 9回を被安打3、失点2で敗戦投手糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数敬作

    糸数敬作から見た2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    3月、投球フォームをオーバースローからサイドスローに変更。当時日本ハムの二軍投手コーチを務めていた小林繁に「俺に任せてくれたら、最後まで面倒を見る」と言われ、決意した。同年5月に一軍初昇格、初登板。勝ち運に恵まれなかったが、6月30日に6試合目の先発で念願のプロ初勝利を挙げた。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦では自分のユニフォームを宿舎に忘れ、ブライアン・スウィーニーのユニフォームを借りて出場したが、この試合で5回途中までに6失点してノックアウト。試合後に二軍落ちするも、再昇格した際にはチームの6連敗を止める勝利、9連戦の最中の完投勝利など、故障したダルビッシュ有の穴を埋めた。クライマックスシリーズ第2ステージの第2戦に先発し岩隈久志相手に投げ勝つも、日本シリーズ第3戦ではウィルフィン・オビスポとの投げ合いに敗れて敗戦投手となった。糸数敬作 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示

「糸数敬作」のニューストピックワード