前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
419件中 1 - 10件表示
  • ベノア

    ベノアから見た紅茶紅茶

    ベノア(Benoist)は、東京都港区に本社を置く、株式会社ベノアが製造・販売する紅茶、スコーン、マフィン等のブランド名。フランス人シェフ、ムッシュー・ベノアがロンドンに渡ったのが歴史の始まりで、最高級の味を求めて150年以上の歴史を持つとされる。主力は紅茶で、特に2ちゃんねるで話題になった「電車男」の影響からか、ベノアといえばエルメスティー、ベノアティーなどとも呼称されている。ベノア フレッシュアイペディアより)

  • 中国茶

    中国茶から見た紅茶紅茶

    台湾独自のブランドである凍頂烏龍茶や、台湾特有の製法で作られる東方美人など台湾で作られる茶を中国大陸の茶と区別し台湾茶の呼称を用いる場合もあるが、この項目では中国および台湾で製造され、かつ好まれて飲まれるものを「中国茶」として記述する。現在、中国茶として飲まれるものを詳細に分類すると数千種にも及ぶとされるが、製法によって大きく6種類(青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶)に分けられる。これらを六大茶類と呼ぶ。中国や台湾はいうに及ばず、世界各地にその愛好者を持っている。中国茶 フレッシュアイペディアより)

  • トリニティ・ブラッド

    トリニティ・ブラッドから見た紅茶紅茶

    財布の中には大抵は4ディナールほどしか入っていないので「おお。神よ、なにゆえいつも4ディナール〜!」などとイシュトヴァーンの曇り空に叫んだりしている。ドジでのほほんとした性格のためしばしば「ダメ神父」と呼ばれることがある。紅茶が好物で、よく砂糖を13杯入れて飢えをしのいでいる。RAM編及びアニメの第1話でも飛行旅客船にて砂糖13杯(作中でラッキーナンバーと語っていたので、それに由来すると思われる)のミルクティーをお願いして、客室乗務員ジェシカを唖然とさせる。トリニティ・ブラッド フレッシュアイペディアより)

  • 香港式ミルクティー

    香港式ミルクティーから見た紅茶紅茶

    香港式ミルクティー(広東語: 港式奶茶 ゴンセッ・ナーイチャー、大牌档奶茶 ダーイパーイドン・ナーイチャー)は、濃い目に淹れた紅茶にエバミルクを加えて風味をつけた飲み物。香港式ミルクティー フレッシュアイペディアより)

  • 山形みらい

    山形みらいから見た紅茶紅茶

    趣味は旅行・ドライブ・高速道路のサービスエリア・パーキングエリア巡り・紅茶・テディベア収集・可愛いお洋服ロリータ・ファッションを着ること。山形みらい フレッシュアイペディアより)

  • 午後の紅茶

    午後の紅茶から見た紅茶紅茶

    午後の紅茶(ごごのこうちゃ)は、キリンビバレッジが1986年から販売している紅茶飲料。午後ティーの愛称で親しまれている。午後の紅茶 フレッシュアイペディアより)

  • 正山小種

    正山小種から見た紅茶紅茶

    正山小種(ラプサン・スーチョン)、烟茶(エンチャ、smoked tea)は、紅茶の一種である。正山小種 フレッシュアイペディアより)

  • 烏龍茶

    烏龍茶から見た紅茶紅茶

    烏龍茶(ウーロンちゃ)は、中国茶のうち青茶(せいちゃ、あおちゃ)と分類され、茶葉を発酵途中で加熱して発酵を止め、半発酵させた茶である。中国語でいう「青」は「黒っぽい藍色」を指す。青茶に対して、緑茶は茶葉を摘んだ直後に加熱するため発酵の過程がなく、紅茶は完全に発酵させたものを乾燥させたものである。一説によれば烏龍茶という名前は中国広東省で製茶されたお茶の形状や色が烏のように黒く、龍のように曲がりくねっているため名付けられたという烏龍茶 フレッシュアイペディアより)

  • 名曲喫茶

    名曲喫茶から見た紅茶紅茶

    名曲喫茶(めいきょくきっさ)とは、普通の喫茶店、カフェとは異なりコーヒーや紅茶をはじめとする飲み物を供するだけではなくクラシック音楽を音響装置によってお客に聴かせる場所である。しかし、イージーリスニング的にクラシック音楽を喫茶店で流していればそれが名曲喫茶になるのか? と言われると難しいところがあるが、この喫茶店は自分が流して欲しいクラシック音楽の曲目、及び演奏者のリクエストに応じてくれる特色がある。また、店によっては生演奏をするところもある。これに近いものに、ジャズ喫茶、歌声喫茶等がある。名曲喫茶 フレッシュアイペディアより)

  • ハロッズ

    ハロッズから見た紅茶紅茶

    1834年、紅茶に特別な興味を示したハロッドは、ロンドンのイースト・エンド、ステップニーのケーブル・ストリート4で食品雑貨の小売店を立ち上げた。これが今日まで続くハロッズの原点である。1849年、不衛生なインナーシティを回避して、2年後の開催が予定されたロンドン万国博覧会で見込まれる需要を狙い、ハイド・パークの近くで、今日まで続く店舗の所在地であるブロンプトン地区の小さな店を買い取って、営業を開始した。初めは2人のアシスタントと1人のメッセンジャーボーイを雇って始まったハロッズだったが、後に経営が息子のチャールズ・ディグビー・ハロッドに引き継がれ、医薬品、香水、筆記具、青果の販売を取り扱うようになり、ますます繁盛した。その後、隣接する建物を取得し、拡大を続けたハロッズは1880年には従業員数が100人に達した。ハロッズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
419件中 1 - 10件表示

「紅茶」のニューストピックワード