548件中 91 - 100件表示
  • メインライン (スリランカ)

    メインライン (スリランカ)から見た紅茶紅茶

    メインラインは1864年にコロンボからアンベプッサ間 (54km) が最初に路線を建設されたことから始まる。同年12月27日にその区間における線路が敷かれるようになった。その翌年の1865年10月2日に旅客における運輸手段として走らせるようになった。元々は内陸部からコロンボへ主に紅茶やコーヒーなどの農産物を輸出するための運輸手段として敷設させていた。メインライン (スリランカ) フレッシュアイペディアより)

  • ティフィン

    ティフィンから見た紅茶紅茶

    ティフィン(Tiffin)とは、ドイツのミュンヘンのアントン・ライメーシュミット社が製造している、紅茶のリキュール(ティー・リキュール)の銘柄の1つである。ティフィン・ティー・リキュール(Tiffin Tea Liqueur)とも呼ばれるが、本稿では、以降、ティフィンとだけ表記する。液色は赤褐色、アルコール度数は24度、エキス分は22%。ティフィン フレッシュアイペディアより)

  • 高沢奈苗

    高沢奈苗から見た紅茶紅茶

    紅茶コーディネーター高沢奈苗 フレッシュアイペディアより)

  • シミット

    シミットから見た紅茶紅茶

    シミットは普通そのまま食べられたり、朝食に紅茶やジャム、チーズもしくはアイランなどと共に供される。伝統的に紅茶がシミットと共に飲まれる。シミット フレッシュアイペディアより)

  • タゾ

    タゾから見た紅茶紅茶

    タゾ・ティー・カンパニー(英語:Tazo tea company)は、アメリカ合衆国に本社を置く紅茶とハーブティーの製造及び卸売業者。現在はスターバックスの子会社である。タゾ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・ネレ工場

    ファン・ネレ工場から見た紅茶紅茶

    ファン・ネレ工場 () はオランダ・ロッテルダムの、1995年まで操業されていたたばこ、コーヒー、紅茶の製造工場である。1925年から1931年に建設された初期の工場施設群は「オランダ機能主義建築の最高傑作」、「オランダ近代建築史上ひいては近代建築史上を飾る代表作のひとつ」、「20世紀前半における近代主義・機能主義の象徴」などと評されており、2014年の第38回世界遺産委員会でUNESCOの世界遺産リストに加えられた。熱帯地方から調達された原料を加工するヨーロッパ市場向けの嗜好品工場であったことから、オランダの商業発展の例証という点でも意義を持つ。ファン・ネレ工場 フレッシュアイペディアより)

  • ディズニー・アニマル・キングダム・ロッジ

    ディズニー・アニマル・キングダム・ロッジから見た紅茶紅茶

    ラウンジ。昼はコーヒー・紅茶、夜はカクテルが楽しめる。ディズニー・アニマル・キングダム・ロッジ フレッシュアイペディアより)

  • クリームティー

    クリームティーから見た紅茶紅茶

    クリーム・ティー(Cream Tea)は、英国等の喫茶習慣、アフタヌーン・ティーの一種。基本は紅茶とスコーンのセットで、クロテッドクリームとジャムが添えられる。クリームティー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ペニンシュラ・バンコク

    ザ・ペニンシュラ・バンコクから見た紅茶紅茶

    ザ・ペニンシュラ ブティック(The Peninsula Boutique) チョコレートや紅茶などのペニンシュラホテル関連の商品の販売 アイスクリームバー併設ザ・ペニンシュラ・バンコク フレッシュアイペディアより)

  • ラトゥナプラ

    ラトゥナプラから見た紅茶紅茶

    ラトゥナプラとはシンハラ語で「宝石の都市」の意味で、その名の通りこの地では古代からルビー、サファイアといった宝石の採掘が行われてきた。宝石の採掘以外では、ラトゥナプラは米と果物の生産で知られている。また都市の周囲には茶とゴムのプランテーションが広がっており、この地域で栽培される紅茶はロー・グロウン・ティーと呼ばれている。観光産業も盛んであり、周囲にはシンハラジャ森林保護区、、、それにアダムスピークといった有名な観光名所が存在している。ラトゥナプラ フレッシュアイペディアより)

548件中 91 - 100件表示

「紅茶」のニューストピックワード