548件中 131 - 140件表示
  • ウバ州

    ウバ州から見た紅茶紅茶

    ウバ州(、、) は、スリランカのセイロン中央山脈東側に位置する州。シンハラ語の発音にあわせ、ウーワと表記することもある。標高1200m以上の地域は、高地高級茶であるウバ紅茶の産地として知られる。州都はバドゥッラ。ウバ州 フレッシュアイペディアより)

  • バドゥッラ県

    バドゥッラ県から見た紅茶紅茶

    バドゥッラ県の農産業としては、紅茶と野菜、それに米の栽培が盛んである。県内は気候と地形から高地と低地の2つの領域に分けられる。このうち高地では紅茶のプランテーション並びに野菜の栽培が主で、低地では米作が主である。バドゥッラ県 フレッシュアイペディアより)

  • サヴァラン

    サヴァランから見た紅茶紅茶

    ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒やキルシュをかけて生クリームや果物で飾りつけたもの、またはブリオッシュ生地を直径18 - 23センチメートルのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたものである。サヴァラン フレッシュアイペディアより)

  • 桐生大学短期大学部

    桐生大学短期大学部から見た紅茶紅茶

    文化系:茶道・イラスト・ボランティア・軽音楽・紅茶同好会ほか桐生大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 黒茶

    黒茶から見た紅茶紅茶

    一般に茶(中国茶)は製法の違いにより青茶・緑茶・白茶・黄茶・黒茶・紅茶の6種類に分類される。この内、黒茶と紅茶が発酵茶であるが、紅茶とは発酵方法が異なる。黒茶 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金糖

    黄金糖から見た紅茶紅茶

    地元の関西では、味覚糖から同じく長年にわたって発売されている「純露」と並ぶ知名度を誇り、近鉄線などには時計の横に「レジャーのお供に」という一文を添えられた広告も多く見かけられる。なお一部のサイトでは、紅茶味の「黄金糖」が発売されていたという記述をよく見かけるが、正しくは味覚糖が発売している「純露」に、紅茶味のものが3分の1の割合で入っており、紅茶味の「黄金糖」は一切製造されていない。関東では、「純露」の方が有名だが、地元関西では「黄金糖」が主流で、どちらの飴も高温で溶かした砂糖と水飴を型に流し込む為、独特な形状の飴に仕上がる。その型を製造している業者が、味覚糖に持ち込んだため、後発で「純露」が製造されたものである。黄金糖 フレッシュアイペディアより)

  • 英徳市

    英徳市から見た紅茶紅茶

    米、サトウキビ、タケノコなどの農業が盛ん。茶の生産も多く、「英徳紅茶(英紅)」は中国五大紅茶の一つとして、イギリス女王の来客用として供されたことがある。また、レイシの香りを付けた茘枝紅茶も作られている。英徳市 フレッシュアイペディアより)

  • すくらんぶる-b

    すくらんぶる-bから見た紅茶紅茶

    母親がフランス人でハーフ。女の子には優しい。12月25日生まれ、O型。おいしい紅茶を入れるのが得意。すくらんぶる-b フレッシュアイペディアより)

  • プラムケーキ

    プラムケーキから見た紅茶紅茶

    哲学者のトーマス・カーライルは時々小さめのプラムケーキを紅茶に浸して食べていたという。彼は「木の実(スグリ属)が散りばめられたパン」と説明している。プラムケーキ フレッシュアイペディアより)

  • グラニュー糖

    グラニュー糖から見た紅茶紅茶

    グラニュー糖は最高純度の糖液からつくられる無色結晶状の砂糖で、蔗糖純度が高く、転化糖をほとんど含まない ため上白糖よりサラサラしている。また非常に溶けやすく、味にクセがないため、コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多い。このグラニュー糖に空気を含ませ顆粒状にすると、フロストシュガーになる。フロストシュガーはグラニュー糖より溶けやすいため、ヨーグルトのような半固体状の食品の甘味付けや、製菓材料に使用される。グラニュー糖 フレッシュアイペディアより)

548件中 131 - 140件表示

「紅茶」のニューストピックワード