419件中 11 - 20件表示
  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見た紅茶紅茶

    食事パターンもイスラームの影響が強い。朝食はクラーア(Quraac)と呼ばれ、パンと紅茶の組み合わせが多く、朝の礼拝時刻を知らせるアザーンの前に採ることが多い。さまざまな穀物で作った粥も朝食に好まれる。昼食はカド(Qado)と呼ばれ、一日のうちで主要な食事であることが多い。昼食には米料理が多く、イタリアから伝わったパスタが食べられることも多い。ソマリ族は夕食を午後9時以降に食べることが多く、量は少ない。ラマダーン(日中の断食)月には季節によって午後11時頃となることもある。ラマダーン時の夜食をソマリアではアフール(afur)と呼ぶ(一般のイスラーム圏ではイフタールと呼ぶことが多い)。食事は女性が作ることが多い。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ダージリン・ヒマラヤ鉄道

    ダージリン・ヒマラヤ鉄道から見た紅茶紅茶

    ダージリン・ヒマラヤ鉄道(-てつどう・Darjeeling Himalayan Railway, ??????????-?????? ?????)とは、インドの東北部に位置し紅茶で有名なダージリン地方を走る鉄道である。登山鉄道として知られる(最高点は標高 2143 m)。ダージリン・ヒマラヤ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマーの茶

    ミャンマーの茶から見た紅茶紅茶

    これらミャンマー独特の茶の他に、植民地時代に広まった紅茶や、中国と同様の釜炒り茶も飲まれている。紅茶についてはブラックティーに砂糖をたっぷり加えるスタイルが主流である。ミャンマーの茶 フレッシュアイペディアより)

  • フォートナム&メイソン

    フォートナム&メイソンから見た紅茶紅茶

    食品雑貨店として創業したフォートナムズは高品質の食品を供することでヴィクトリア時代を通して急速に評判を高めた。総合百貨店にまで発展した今日においても、外国の食材や特産品から"基本的な"食品までの様々な食料品を中心とした品揃えに重点を置いている。また、紅茶の販売でも有名である。フォートナム&メイソン フレッシュアイペディアより)

  • ピール (食材)

    ピール (食材)から見た紅茶紅茶

    また、フレーバードティーとして紅茶の茶葉に用いられ、代表的なものにレモンピールを用いたTWININGS社のレディグレイがある。ピール (食材) フレッシュアイペディアより)

  • ウイグル料理

    ウイグル料理から見た紅茶紅茶

    ウイグル人の喫食は、一度にまとまった量を食べる「食事」のタマク (tamaq、?????) と、紅茶を中心にナンや果物、ナッツなどを軽く食べる「喫茶」のチャイ (chay、???) に大別される。主食は小麦と米で、トウモロコシなども補助的に食べる。肉類は羊肉が主に食され、牛肉や鶏肉もよく用いられる。地方によっては鹿肉や鳩などの野鳥も食用にされる。野菜も豊富に用いる。 トマト、ニンジン、タマネギ、大根、ナスなどがよく使われる。香辛料としては、トウガラシ、クミンが多用され、ショウガ、花椒、フェンネル、カルダモンなども用いる。同じテュルク系民族であるトルコのトルコ料理と比べると、味付けや調理法で類似点もあるが、トルコ料理のように魚介類をも多用することはなく、トルコよりも限られた種類の野菜や果物を工夫して用いるなどの違いもある。ウイグル料理 フレッシュアイペディアより)

  • ユニリーバ・ジャパン

    ユニリーバ・ジャパンから見た紅茶紅茶

    花王、ライオン、P&G、資生堂などが主な競合メーカーで、髪や肌の手入れなどの身繕いに関する商品、台所用クレンザー等の住居用洗剤、更に食品市場には紅茶商品を展開している。特に身繕い関する商品で高いマーケットシェアを持っており、とりわけ「Lux(ラックス)」、「Dove(ダヴ)」「mod's hair(モッズ・ヘア)」などのブランドを持つシャンプー部門ではを誇っている。2006年には各社がヘアケア事業の強化に乗り出し競争激化と報道されたが、ヘアケアでのした。また、住居用洗剤の「ジフ」「ドメスト(Domestos)」ものブランドである。さらに、2007年には男性用の香水「AXE(アックス)」の販売を開始した。紅茶「Lipton(リプトン)」も販売している。ユニリーバ・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • スリランカの鉄道

    スリランカの鉄道から見た紅茶紅茶

    インドやセイロンを植民地にしていたイギリス(大英帝国)が、1858年に島内におけるコーヒー・紅茶などの農産物輸送を目的に敷設を開始したのが創始である。スリランカの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • コーヒーの歴史

    コーヒーの歴史から見た紅茶紅茶

    オスマン帝国では19世紀に安価なインド産の茶が持ち込まれた結果、社交の場の主要な飲料の座を紅茶に譲るが、一般にトルココーヒーと呼ばれるその飲用法は家庭や喫茶店で広く行われつづけている。トルコにおけるコーヒー飲用の風習はオスマン帝国の支配下にあったバルカン半島に16世紀中には広まった。このため現在でもギリシャなどでコーヒーの伝統的飲用法はトルコと同じである。コーヒーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ダージリン・ティー

    ダージリン・ティーから見た紅茶紅茶

    ダージリン・ティー (Darjeeling tea) は、インド北東部西ベンガル州北部のダージリン地方で生産される紅茶の総称である。時に「紅茶のシャンパン」とも呼ばれ、セイロンのウバ、中国のキーマンと並び世界の三大紅茶と称される。ダージリン・ティー フレッシュアイペディアより)

419件中 11 - 20件表示

「紅茶」のニューストピックワード