419件中 21 - 30件表示
  • 急須

    急須から見た紅茶紅茶

    また紅茶を飲む西欧、ことにイギリスでも17世紀頃から使われた。各喫茶文化圏で独自の発達も見られ、それぞれ補助的な道具が付随することもある。たとえば日本では玉露などの発達により「湯冷まし」を併用することも多い。また紅茶ではミルクと砂糖を加える関係から、クリーマー、シュガーボウル(蓋がある場合はシュガーボックス)が備えられ、ティーポットと合わせ、これら3点セットを「ティーサーヴィス」と呼ぶ。急須 フレッシュアイペディアより)

  • 朝食

    朝食から見た紅茶紅茶

    ベーコン、卵料理(通常は目玉焼き)を基本とし、英国風ソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、 ブラック・プディング(豚の血で作った黒ソーセージ)、ベイクド・ビーンズ(豆の煮物)などにバターやジャムを塗ったトーストや揚げパンとミルクを添えた紅茶を添える。イギリス人はこのボリュームのあるFull English Breakfast を週末の朝などに食べている。通常は簡素なシリアルやトーストなどで済ませる者が多い。イギリス国内ではイングランド以外でも同様の朝食をとる食習慣があるが、スコットランドではこのような朝食を「スコティッシュ・ブレックファスト」と呼ぶ。朝食 フレッシュアイペディアより)

  • 清涼飲料水

    清涼飲料水から見た紅茶紅茶

    カップに注がれたコーヒー、紅茶、茶、ココア清涼飲料水 フレッシュアイペディアより)

  • 茶

    から見た紅茶紅茶

    茶は、加工の方法(発酵のさせ方)により、様々な種類があり、世界的に知られているのは、酸化発酵を行わせた紅茶と行わせない緑茶である。茶葉に含まれる酵素が、茶葉の中のカテキン(ポリフェノールの一種)など300種類以上の成分と反応するにつれ、テアフラビンなどが生成する。これらの成分によって茶の味や香りが左右される。酸化発酵が進むにつれ、クロロフィル(葉緑素)も酸化するため、色は緑から暗色に変化していく。 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア料理

    インドネシア料理から見たアイスティー紅茶

    インドネシア料理は右手でスプーン、左手でフォークを持って食べる。本格的な中華料理店ではご飯は茶碗で出す事もある。おかずは大皿に盛って、テーブルか床のマットの上に置き、各自好きなものを自分の皿に取って食べる。お皿とスープの椀は食卓から持ち上げない事が良いマナーである。「シラカンマカン」(Silakan makan)と言う挨拶は、宴会の時ホストがゲストに「どうぞ食べてください」という意味で使う言葉である。食前や食事中にアイスティー、炭酸飲料、ジュースなどの甘い飲み物を取る人が多い。インドネシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス東インド会社

    イギリス東インド会社から見た紅茶紅茶

    イギリスはオランダとの抗争に敗れたため、香辛料という当時のヨーロッパで最も珍重されていた商品を失うこととなった。さらに、インドではイギリスで生産される毛織物製品に対しての関心を示さなかったことから、銀をイギリス国内から持ち出さざるをえなかった。また、インドで産出される綿織物を購入するために、バンダレ・アッバースの存在は必要不可欠であった。イランには砂糖、胡椒、香辛料を輸出し、その代金で金、銀、銅といった金属を手に入れることができた。イギリスは香辛料に変わり、藍や硝石、紅茶、綿織物製品をヨーロッパに輸出した。金額では1670年には、36万ポンドだったのが、1740年には、200万ポンドに到達していた。加えて、ヨーロッパにおけるインド製品の需要によって、当時のインド商人や手織り業者に多くの富がもたらされることとなった。イギリス東インド会社 フレッシュアイペディアより)

  • スコーン

    スコーンから見た紅茶紅茶

    イギリス風のお茶には、スコーンは欠かせないものである。イギリスではジャムやクロテッドクリームを添えたスコーンを食べながら紅茶を飲む習慣をクリームティーと呼ぶ。一方北米では、朝食やおやつに食べることが多く、スコーン自体がイギリスのものに比べて甘いので、何もつけずに食べるのが普通である。スコーン フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤園

    伊藤園から見た紅茶紅茶

    8月 - 「TEAS' TEA」を当社の紅茶ブランドに衣替え。伊藤園 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤルアルバート

    ロイヤルアルバートから見た紅茶紅茶

    「オールド・カントリー・ローズ」において用いられる「モントローズシェイプ」は、紅茶を最もおいしく飲むための究極のシェイプといわれており、上半分が横に向かって広がっている。これは紅茶はコーヒーと違い、できあがり時の温度が非常に熱いことから、紅茶の表面積部分を稼ぎ、速く冷まして飲むためである。また、モントローズの下半分はウエストから丸くふくらんでおり、この部分の対流で紅茶の温度とうまみを保てるようになっている。高台(スカート)は、ついている物が正式なタイプ、ついていない物が略されたカジュアルなタイプと評されるが、機能的意味もあり、モントローズのように高台がついていると、ソーサーから直接熱が奪われにくくなり、これも非常に重要な役割を担っている。ロイヤルアルバート フレッシュアイペディアより)

  • 江西料理

    江西料理から見た紅茶紅茶

    江西省には「磁都」と称される磁器の名産地景徳鎮市があり、食器も地元のものにこだわることが多い。景徳鎮市は浮紅茶という紅茶の産地でもある。江西料理 フレッシュアイペディアより)

419件中 21 - 30件表示

「紅茶」のニューストピックワード